75gブドウ糖負荷試験  1. 反応性低血糖症

反応性低血糖症
反応性低血糖症

1時間後に血糖ピークを迎えた後を追って、インスリン分泌開始
3時間後には、血糖が一気に急降下
低値になった血糖を上げるべく、交感神経が作用し、再度急激な血糖上昇を示す
身体は興奮状態に置かれている

患者は他院にてうつ病、高血圧症の診断を受け、抗うつ剤と降圧剤を服用していた

75gブドウ糖負荷試験  2. 無反応性低血糖症

無反応性低血糖症
無反応性低血糖症

食事を摂取しても血糖上昇が見られないパターン
3時間以上に渡り、血糖が50を超える事はなく、インスリンも100以下をウロウロしている

安定した血糖上昇が欠落しており、身体にエネルギー供給する事ができない

無反応性低血糖症を呈する患者は、
重度の疲労感、怠さ、朝起床出来ない、学校・仕事へ行けない、活動する気力すら起こらない
といった症状を訴える事が多い

75gブドウ糖負荷試験  3. 乱高下型低血糖症

乱高下型低血糖症
乱高下型低血糖症

回転性めまいと吐き気、動悸が発作的に生じ、
耳鼻科にてメニエル秒と診断された70代女性

血糖のジェットコースターのような数値と
急激な感情の起伏(躁鬱状態)がものの見事に合致する事が多い

血糖の急速な低下に備え、交感神経が常に緊張状態にあるため
脳内における高アドレナリンが示めされる事がある

上記血糖値グラフは、
櫻本 薫 糖質革命
溝口 徹 「うつ」は食べ物が原因だった!
より抜粋、当サイトにて一部加工

5時間糖負荷検査