分子整合栄養医学は私たちの身体を構成する60兆個の細胞に着目して治療を行います。

身体を構成する細胞の個々の働きを強化することで病気を未然に防ぎ、健康を維持し、症状を改善へと導きます。
そのために細胞にとって必要な栄養素を十分に摂取して適切な濃度に保つための手段が取られます。

具体的には日頃の食事から十分な栄養素を取ったり、サプリメントで補ったり、点滴をすることで直接身体に高濃度の栄養を入れたりする方法があります。

分子整合栄養医学の名称

日本国内では一般的に下記の名称で呼ばれることが多いです。
各クリニックや指導者によって名称は若干異なります。しかし、本質的な事は同じです。

  • 分子整合栄養医学
  • オーソモレキュラー医学
  • 分子矯正医学
  • 分子栄養学
  • 栄養療法

オーソとはギリシャ語で「正しい・適切」、モレキュラーは「分子」を指します。
つまり、 「分子を適切に保つ」 という意味です。

栄養療法の基本的スタンス

栄養素を充填させる事で人間本来が持つ自然治癒力を高め、生体恒常性(ホメオスタシス)を保つ事に主眼をおいています。基本的にはなるべく薬に頼らない治療方針を掲げている所が多いです。