分子整合栄養医学を学ぶためには、体を構成する微小器官(細胞や核、ミトコンドリア)の機能や栄養素の働き、栄養素が消化・吸収されてどのように体内で利用されているかといったことを理解する必要があります。

分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学では、「栄養素を用いることで細胞の働きを強化する」ことを提唱しています。したがって、この学問を学ぶ上で、私たち人間の細胞の働きを理解することはとても重要なことです。

細胞や核、ミトコンドリアなんて、中学校や高校で習って以来まったくやっていない…と心配する必要はありません。分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学を初めて学ぶ医師ですら、細胞やミトコンドリアについて勉強したことはすっかり忘れて入る人がほとんどです。

ここでは初めて分子整合栄養医学を学ぶ人でも分かるように、できるだけ簡単な言葉を用いて、分子細胞学や栄養学、生物学のことについて説明しています。昔に理科や生物の授業で習ったことを思い出すよいきっかけになりますので、復習として読んでみて下さい。

ウェブサイトのテキスト以外に、YouTubeでの動画解説やセミナーの動画があります。あなたが分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学を学習する際の参考にして下さい。

分子整合栄養医学を学ぶ

分子整合栄養医学について本格的に学ぶには、細胞の働きから勉強していきましょう。ここでは、分子整合栄養医学が治療のターゲットとする「細胞」に焦点を当てながら話を進めていきます。テキストや動画を見終わる頃には、五大栄養素であるタンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルが細胞の機能を維持するためにどのように働いているかについて理解することができるでしょう。

分子整合栄養医学の基礎

YouTubeで分子整合栄養医学を学ぶ