100歳まで長生きできるコレステロール革命
大櫛 陽一

 

 

 

 

 

 

 

 

100歳まで長生きできるコレステロール革命コレステロールに関する従来の間違った常識をことごとく覆す本です。「コレステロール=悪」は大間違いだったと主張し、現在設定されているコレステロールの基準値にも疑問を投げかけている一冊です。

最新研究で明らかになったコレステロールや中性脂肪の真実、健診結果の正しい見方を解説し、糖質制限などの健康維持のための食事や運動のポイントをアドバイスしています。

コレステロールは、ビタミンDの合成や細胞膜、胆汁酸、ステロイドホルモン、性ホルモン、脳や神経細胞といった生体機能にとって重要な原料となります。

コレステロールの脂質(油)は、そのままでは血液と馴染みにくいため、水にも脂質にもなじむ、アポタンパクと呼ばれるものに包まれた状態で運ばれます。アポタンパクと脂質が結びついたものをリポタンパクと呼びます。

とかく悪者にされがちなLDLコレステロールですが、必要なコレステロールを全身に運び届ける重要な機能を持っています。

動脈硬化を生じた血管にLDLコレステロールが発見された事から、LDLは世間から「悪玉」扱いされてしまうようになったのですが、動脈硬化を引き起こしていた真の原因は血管炎症であり、LDLコレステロールはその炎症を修復する目的で細胞膜の材料をせっせと運んでいただけだと説いています。

家族性高脂血症などの一部の例外を除き、薬などで無理にコレステロールを下げると生体にとって必要な栄養が十分に行き渡らず
免疫機能を低下させるとも指摘しています。

本書では、コレステロールが高い方が、日本人は長生きしやすい事を証明したデータやグラフも掲載。年齢を重ねると共にコレステロール値が上昇するのも自然なこととしています。

コレステロールは細胞膜の材料にもなるので、細胞の新陳代謝が衰えるに従い、老化を補う為にコレステロール値が高くなるのは必要な変化という訳です。

こうした裏付けデータが存在するにも関わらず、未だにLDLコレステロール悪説が一般論として語られる背景には、製薬メーカーによる利益偏重や学会や医師に対する見返り(多額の寄付)が存在するとの事。

LDLコレステロールの基準値は米国に比較して20mg/dlも低い数値に設定されているため、多くの人が病人(高脂血症)に仕立て上げられているという現状にも触れています。

筆者は不必要なコレステロール低下治療における薬剤の副作用に関しても警告を鳴らしています。

1. 横紋筋融解
2. ミオパシー (筋肉痛、筋肉圧痛)
3. 肝機能障害、黄疸
4. 血小板減少

この他にも、うつや睡眠障害、記憶障害、発がん、多発性神経炎などを引き起こす副作用も明らかになっているそうです。

コレステロール及び中性脂肪と様々な間違いを踏まえた上で、肥満や糖尿病などの生活習慣病の原因は「炭水化物(糖質)」にあると唱え糖質制限も推奨しています。

巻末には、大櫛医師らが考える健康診断の新しい基準値が付録されており、脂質や血糖、肝機能の数値などは非常に参考になります。

コレステロールは高い方が良いのか、低い方が良いのかについては、各学会により意見が二極化しています。

コレステロールという切り口から論旨が展開されていますが、栄養療法や糖質制限の観点からも大変参考になる書籍としてお勧めします。