大宮レディスクリニック

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 ソニックシティビル14F
http://www.omiya-lc.com/index.html
専門疾患:不妊治療、高度生殖補助医療、婦人科系疾患など
診療料金:保険診療/自由診療(自費)
予約可否:インターネットによる予約可(初診の場合は電話必須)
無料相談:栄養相談と指導(15分以内)、初診説明会後の相談、体外受精説明会後の相談

理事長 出居 貞義

信州大学医学部卒業。自治医科大学産婦人科教室で不妊症を専攻。
「単一胚細胞の着床前診断」による論文で学位を取得。

加齢と活性酸素の関係に着目した研究を中心に、生殖細胞の本来が本来もっている妊孕性(にんようせい:妊娠のしやすさ)を回復させるための研究をライフワークとしている。

大宮レディスクリニックでは不妊治療に取り組むカップルに対し、最先端の高度生殖補助医療を提供すると共に、オーソモレキュラー医学による栄養面からの治療を提案。

高度生殖補助医療にばかり頼るのではなく、先ずは自分自身の体のコンディションについて目を向けることが大切と説く。

日頃の診察では、妊娠しにくい体質を改善して妊娠しやすい体づくりをするために、カップル双方に対して「分子整合栄養医学の考え方に即した栄養素の摂り方」について指導。

一般的な血液検査では見過ごされてしまう「栄養素の不足」や「代謝経路の不具合」に関しても、患者ひとりひとりに対して丁寧な説明と解析を行っている。

不足している栄養素を補いながら体に備わっている機能を取り戻し、卵子と精子のクオリティーを向上させることで多くの女性を妊娠へと導いてきた。
その評判と実績を聞きつけ、全国から多数の患者が出居医師の元を訪れている。

最近では栄養不足以外に、食物線維不足、甘いものや小麦製品・乳製品の多量摂取、抗生剤頻用による善玉菌の死滅等により「異常増殖した腸内カンジダ菌が不妊を引き起こす大きな原因の一つになっているのではないか」という仮説を提唱し、臨床上でのエビデンスを蓄積しながら、有機酸検査やカンジダ検査のデータ分析に着手している。

また、書籍や各種セミナーを通じて、健康的な体作りのために欠かせない「栄養素の働き」についても積極的に情報発信しており、病院を訪れたカップやその家族の人生がより楽しく、充実したものになるよう懸命に治療に取り組んでいる。

クリニックでは常勤の医師に加え、不妊症看護認定看護師や不妊カウンセラー、メンタルケア心理士、メディカルアシスタント、培養士、栄養療法カウンセラー、遺伝カウンセラーなど各種の分野に通じたプロフェッショナルが勤務。

患者に対する万全なサポート体制を整えている。

対応検査

  • 血液検査(栄養状態)
  • 25-OHビタミンD
  • 各種ホルモン検査(甲状腺ホルモン、男性・女性ホルモン)
  • 糖尿病検査(HbA1C,グリコアルブミン,1.5-AG)
  • 抗ミュラー管ホルモン(AMH)
  • ピロリー菌検査
  • PG1/2
  • 抗精子抗体
  • 習慣性流産検査
  • 尿中有機酸検査(OAT):腸内細菌叢、栄養不足・代謝の異常
  • 尿中アミノ酸検査:栄養不足、代謝の異常
  • 副腎機能検査(唾液、蓄尿)
  • 遅延型食物アレルギー検査(IgG型)
  • アレルギー検査(IgE型 花粉、ハウスダスト、動物、金属)
  • 毛髪ミネラル検査(有害金属)
  • 子宮卵管造影検査 (リピオドール、イソビスト、ExEm)
  • 精液検査 (SMAS, クルーガー分類による精子奇形率)
  • 子宮がん検査(頸部と体部の細胞診)
  • 子宮鏡検査(φ3.5mm電子スコープ、φ5.5mmファイバースコープ)
  • エンドトキシン検査(子宮内と腟内)
  • 感染症検査 (クラミジア、淋菌、梅毒、HBsAg、HCV、HIV)
  • 栄養療法外来(食事指導とサプリメント処方)
  • 運動療法(座ってできるピルビスワーク)

出居貞義医師による情報発信

ブログ:http://www.omiya-lc.com/blog.html

動画:
当院からお伝えしたいこと〜妊娠しやすい体質づくり〜
最新医療・健康情報番組 QOLtv
埼玉妊活セミナー2016 出居院長講演動画

出居貞義医師による出版書籍

医師たちが認めた 玄米のエビデンス
赤ちゃんがほしい人のための栄養レシピ-知っておきたい妊娠するための体づくり栄養素