宮澤医院

東京都葛飾区堀切2-13-9
http://rootcause.jp/index.php?aisatsu
宮澤賢史 栄養外来担当
専門疾患:副腎疲労、関節リウマチ、うつ・パニック症状
治療費  :自由診療(自費)のみ
予約可否:完全予約制
無料相談:有り(メールのみ)

栄養外来 宮澤賢史

 

 

 

 

 

 

 

 
高濃度ビタミンC点滴療法学会 理事長
医科歯科連携診療普及協会 理事長
臨床分子栄養医学研究会 理事長
IAOMT 口腔内治療と毒性物質を研究する国際アカデミー 日本支部 代表

2004年から分子整合栄養医学を取り入れた治療法を導入している。

癌、糖尿病、リウマチ、精神疾患、副腎疲労症候群など治療内容は多岐に渡る。
栄養療法の観点から治療を施した患者数は優に5,000人を超える日本屈指の超ベテラン医師。

ビタミンC静脈注射治療における臨床研究も積極的に行い、
医科・歯科双方への養成講座、及び、導入コンサルテーションを展開している。

対応検査

  • 血液検査(栄養状態)
  • 重金属検査(毛髪)
  • 重金属検査(尿)
  • 血液検査(副腎機能)
  • 唾液検査(副腎機能)
  • 食物アレルギー検査
  • 総合便検査(CSA)
  • キレーション治療
  • メチレーション検査
  • 遺伝子検査
  • エピジェネティクスに基づく治療
  • 栄養療法外来(サプリメント処方)
  • 高濃度ビタミンC点滴治療(ICV)

宮澤賢史医師による情報発信

ブログ: http://ameblo.jp/ivcworkshop/
Twitter: https://twitter.com/kenshi73
臨床分子栄養医学研究会 学習教材

Miyazawa Clinic

Kenshi Miyzawa
2-13-9, Horikiri, Katsushika, Tokyo
Director, Nutrition Outpatient, Miyazawa Clinic
Chief Director, The Japanese Workshop of Intravenous Vitamin C Therapy

Dr. Miyazawa has been advocating a treatment approach incorporating orthomolecular medicine since 2004.

He sees patients with a diverse spectrum of conditions such as cancer, diabetes, rheumatism, psychiatric disorders, adrenal fatigue syndrome, and many others.

One of Japan’s most prominent physicians, with many years of experience, Dr. Miyazaki has provided care from the standpoint of nutritional therapy to over 5,000 patients to date.

He is proactively involved in clinical research relating to intravenous vitamin C therapy, and also conducts training courses for both medical and dental practitioners, as well as introductory consultations.

Dr. Miyazawa’s approach is to provide curative treatment of diseases from an all-encompassing approach, rather than relying solely on supplements.

Tests and consultations provided:

  • Heavy metal analysis (hair)
  • Heavy metal analysis (Urine)
  • Blood analysis (Nutritional state)
  • Blood analysis (Adrenal function)
  • IgG food allergy analysis
  • Complete stool analysis (CSA)
  • Nutrition therapy outpatient (Supplement prescription)
  • Intravenous administration of high-concentration vitamin C (IVC)
  • Chelation therapy
  • DNA test
  • Methylation analysis

宫泽医院

宫泽贤史
东京都葛视区崛切2-13-9
宫泽医院 营养外来担当
高浓度维他命C点滴疗法学会 理事长

自2004年开始提议采用加入分子整合营养医学治疗法
用于治疗癌、糖尿病、类风湿关节炎、精神疾患、副肾疲劳综合症等多方面医学领域
从营养治疗法的观点到实际实施治疗的患者多达超过5000人在日本屈指为首的资深医生

同时积极推行维他命C静脉注射治疗的临床研究
并开展医学、牙科双方的培训课程,并导入实际会诊

目标是不仅仅依靠摄取营养补充剂的综合治疗法来根治去除患者的根本疾患

検査内容

  • 重金属检查(毛发)
  • 重金属检查(尿)
  • 血液检查(营养状态)
  • 血液检查(副肾机能)
  • 食物过敏IgG检查,综合便检查(CSA)