三番町ごきげんクリニック

東京都千代田区三番町8-1-1001
http://www.kenko.org/index.html
専門疾患:一般内科、動脈硬化、がん、アンチエイジングなど
診療料金:自由診療(自費)のみ
予約可否:完全予約制
無料相談:

院長 澤登 雅一

 

 

 

 

 

 

 

 

心身ともに健康な状態を維持しながら、いつ、どんな時でも幸福な日々を送り、“ごきげんでいれば125歳まで元気に生きられる”という理念のもとに医院を開設。

アンチエイジングの概念を単なる「美容」の範疇に留めず、「病気を予防するための予防医学」から更に発展させた、「より良い人生を送るためのポジティブな医療」と位置づけた治療を行っている。

病気にならない身体を作り、自分の健康は自分で守る意識をもつことの重要性を強く訴えるなど、患者のコンディションを整えるための予防医学的ニーズにも答えるべく様々な取り組みや活動を推進。

血液検査に基づく栄養バランスの解析やドクターズ・サプリメントの処方、遅発型フードアレルギー検査、腸内フローラ検査、キレーション治療、ホルモン分析、グルタチオン点滴など、分子整合栄養医学には欠かせない治療にも幅広く対応している。
また、血液内科医として、白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの血液悪性腫瘍(血液のがん)の臨床に従事してきた経験を活かし、標準治療以外のがん治療や新しい治療の臨床導入にも積極的に取り組んでいる

「あきらめないがん治療」として高濃度ビタミンC点滴やエピジェネティクス療法(フェニル酪酸療法)、免疫療法、5種複合免疫療法、新樹状細胞獲得免疫ワクチン療法、アンチネオプラストン療法などをいち早く導入し、広範囲に及ぶがん治療の選択肢を提示。

新聞、雑誌やテレビなど各種メディアでの積極的な情報提供も行っており、遅延型フードアレルギーや機能性食品(レスベラトロールなど)、アンチエイジング、デトックスなどに関する書籍の出版実績も多数。

多忙を極める中でも「病気そのものではなく人を診る」医療を実現すべく邁進し、個々の患者に向き合った丁寧且つ十分な時間をかけたサービスを提供している中核的医療機関となっている。

小松 工芽

消化器専門医としてがんや消化器系疾患を患う患者たちとに向き合う中で、全身を総合的に診る治療法の重要性を認識。根本的な原因を追究した、自然でなるべく薬に頼らない治療法を提案している。

秋田県内の総合病院の副院長(消化器科)を勤め上げた経歴を持ち、日本消化器病学会専門医・支部評議員や日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・支部評議員などをはじめ多数の学会の専門医等の資格を有し,日夜研鑽を積んでいる。

専門英文雑誌のeditorial board member(編集委員)としても活躍し、幅広いキャリアを積みながら患者にとって最良となる医療サービスの提供に邁進。

豊富な標準治療の知識と経験を背景に統合医療と癒合した新しい医療の確立を目指している。

対応検査

  • 血液検査(栄養状態)
  • 重金属検査(毛髪)
  • 重金属検査(尿)
  • 血液検査(副腎機能)
  • 唾液検査(副腎機能)
  • 食物アレルギー検査、
  • 総合便検査(CSA)
  • キレーション治療
  • 遺伝子検査
  • エピジェネティクスに基づく治療
  • 栄養療法外来(サプリメント処方)
  • 高濃度ビタミンC点滴治療(IVC)

澤登 雅一医師による情報発信

FaceBook:三番町ごきげんクリニック
メールマガジン:ごきげん125 News

澤登 雅一医師が執筆した書籍

その「不調」あなたの好きな食べ物が原因だった? 遅発型フードアレルギー
細胞から「毒」が逃げ出す生き方──キレーション身体革命
ビタミンCはガンに効く ビタミンC大量点滴療法のすべて
人より20歳若く見えて、20年長く生きる!