赤坂ファミリークリニック

東京都港区赤坂二丁目15-15 赤坂プラザビル3階
www.afc.tokyo
専門疾患:小児科、内科、リハビリテーション科、障害のある小児、健康な小児・成人の栄養相談、発達障害全般、予防医学の視点での家族全体のトータルケア
診療料金:保険診療/自由診療(自費)
予約可否:完全予約制 一枠:30分
無料相談:-

院長 伊藤明子(みつこ)

公衆衛生専門医
東京大学医学部附属病院 小児科 医師、MPH(公衆衛生専門職)
東京大学大学院医学系研究科 公衆衛生学 健康医療政策 客員研究員
有限会社アクエリアス 代表取締役社長 会議通訳者

幼少期を海外で過ごした経験を活かし、東京外国語大学を経て、通訳者として活躍。

医学や生命科学、健康産業などに関連する通訳の仕事を通じて、自らが臨床活動に関わる必要性を認識し、子育て・通訳業をこなしながら医学部に入学し、医師となった。

現在は、小児科医として診察に従事する傍ら、東大大学院にて「公衆衛生学・健康医療政策」の研究に従事。食事や栄養、水、空気、公害、社会保障システムなど、多角的な観点から健康増進と病気予防の理想的な姿を研究している。

また、通訳会社の代表として、医師向けの学会セミナーを中心に、同時・逐次通訳を行うと共に、天皇陛下、首相、大統領クラスの要人を相手に、国際的な重要会議の通訳も努めている。

2017年には、赤坂ファミリークリニックを開業。
学術的なエビデンスに基づく食事療法を中核に据えた「トータルヘルスプロモーション」を提案している。

医師が講師を務めるキッチンワークショップなど、これまでに無い試みにチャレンジし、参加者に「学術的な根拠に沿ったヘルシーな食材・ 調理法」を伝える。

自閉症や発達障害の子供たちを対象とした音楽療法や療育プログラムも取り入れるなど、「誰もが気軽に、安心して相談できる医療機関」を目指している。

小児科医、研究者、通訳者としての華々しいキャリアを積むに留まらず、二児の母親として「子供を育てる保護者に正しい情報を伝えていく」ことを使命とし、食と栄養、運動、ストレス管理、生活習慣などについて「分子レベルのミクロの観点」と「疫学的マクロの観点」の両面からの研究・臨床活動を推進している。

対応検査

  • 血液検査全般
  • 尿検査
  • 糖化検査(AGE)
  • ミネラル重金属検査
  • アレルギー検査

6月11日(日)内覧会のご案内

6月11日(日)10時から16時まで内覧会を開催します。
千代田線 「赤坂駅」 2 番出口から徒歩1分
銀座線・都営南北線 「溜池山王駅」 11 番出口から徒歩 4 分

詳細は下記パンフレットをご覧下さい。

内覧会のご案内をダウンロードする