私たちの腸には食べ物を消化・吸収し、残りカスを体から排せつする働きのほかに、外からやって来る異物が体内に入り込まないようにする仕組みがあります。つまり、腸ではウィルスや病原菌、消化しきれていないタンパク質などの物体が、体内に入り込まないようにブロックしています。

しかし、ストレスや化学物質、抗生物質などの様々な要因によって、腸での「異物を取り除くフィルター」が壊れてしまいます。すると、腸のフィルターをすり抜けた異物は血液に乗って全身を巡ります。

その結果、異物が入り込んで体中に毒素がまき散らされるため、体の細胞が機能しなくなり、体を敵から守るための働き(免疫)が過剰になってしまいます。

このような状態になると、心と体の両方に深刻な症状が出てしまいます。人によっては、重い病気になってしまったり、うつ病やパニック障害などの精神に影響が及んだりする場合があります。ここでは、こうした腸の機能低下によって引き起こされる病気とその原因について見ていくことにしましょう。

腸粘膜の細胞が壊れるリーキーガット症候群

「リーキーガット症候群」とは、腸粘膜を構成する細胞に穴が開き、体にとって有害な物質が入り込むために様々な症状が起こる病気です。

リーキーガット症候群は英語でLeaky Gut Syndromeと表記され、文字通り、漏れやすい(Leaky)腸(Gut)の状態を指します。したがって、リーキーガット症候群は、英語名を略したLGSや腸管壁浸漏症候群(ちょうかんへきしんろうしょうこうぐん)、腸漏れと呼ばれることがあります。

健康な腸では食べ物や空気に交じった病原菌など、体にとって害のあるものを体内に入れないよう腸の粘膜細胞が排除しています。しかし、リーキーガット症候群では、腸の粘膜が壊れて穴だらけになっているため、体にとって有害な物質が体内に侵入してしまいます。

本来であれば排除されるはずの異物が体内に侵入すると、その異物に全身が反応して、重い病気や精神に関わる症状が出始めます。

腸のバリアが異物を排除するしくみ

リーキーガット症候群を引き起こす原因は多種多様なものがあります、それを説明する前に、まずは腸内の粘膜細胞がどのように異物を取り除いているかを見ていきましょう。

私たちの腸管は内側に向かって粘膜がヒダ状に生えており、粘膜の細胞同士は隙間なく並んでいます。細胞同士が密接に配列されているため、小さな物質まで分解・消化された栄養素だけが腸から体内(血液中)へと通過することができます。

そのため、腸の細胞が正常であれば病原菌やウィルスや消化されていないタンパク質などが、腸から体内へと入り込むことはありません。

しかし、日常生活の中で病原菌やウィルス、抗生物質、ストレス、毒素に接触すると、腸を守っている粘膜細胞は傷つけられていまいます。すると、腸の粘膜細胞が壊れたり、細胞同士を結び付けていた結合部分が外れたりしてしまいます。その結果、下記の図で示すように、外部から有害物質が簡単に入り込んでしまいます。

リーキーガット症候群によって腸の粘膜細胞が壊れ、異物が体内に入り込むイメージ図

紫の物質は病原菌や化学物質の毒素、未消化のタンパク質のかたまりを表します。茶色の物質は本来吸収されるべき栄養素を表します。

リーキーガット症候群が起こる原因

リーキーガット症候群を引き起こしてしまう原因には様々なものがあります。

例えば、PCB(ポリ塩化ビフェニル)や農薬、水銀といった化学物質は、腸の粘膜細胞や「細胞同士が密着した結合(=タイトジャンクション)」を破壊することが知られています。同様に、病気の治療で使われる抗生物質や胃酸の分泌を抑える薬を使用した場合でも、リーキーガット症候群が生じます。

また、小麦粉に含まれるグルテンと呼ばれるタンパク質が腸の粘膜を覆う腸管上皮細胞(ちょうかんじょうひさいぼう)を破壊し、腸漏れを加速させることが文献から示されています。

さらに、腸内細菌であるカンジダ菌が増えすぎることでも、リーキーガット症候群を発症してしまいます。

カンジダ菌は腸内細菌の一種で、どんな人の腸内にも存在している常在菌(じょうざいきん)です。しかし、カンジダは増えすぎると「酵母(こうぼ)」の形状から「菌糸(きんし)」の形状へと姿を変え、危険性の高い細菌に変化します。

糸状に変化したカンジダ菌はいくつもの層を形成して腸の細胞に張り付いたり、細胞に貫通したりして体の機能を低下させます。その結果、腸の粘膜細胞が破壊されて、リーキーガット症候群が引き起こされます。

この他にも、リーキーガット症候群を招く原因として、ストレスや加工食品に含まれる添加物、寄生虫、 鎮痛剤、アルコール、カフェインなどがあります。

リーキーガット症候群の身体的症状

リーキーガット症候群になると腸の粘膜が破壊されてしまうために、腸では正常な消化・吸収活動ができなくなります。その結果、十分な栄養素を取り込むことができず、細胞の機能が低下して、全身の健康に害を及ぼすようになります。

加えて、体内に悪さを働く物質が入り込んで来るために、体はその物質に対抗して体外に排除しようとし始めます。

そのため、外敵と闘う「免疫システム」が休みなく働くため、炎症が続いたり、毒素を弱める肝臓に負担がかかったり、交感神経が優位になって興奮状態が続いたりします。その結果、全身に様々な症状で出るようになります。

リーキーガット症候群によって引き起こされる身体的症状を下記にまとめました。

・食物アレルギー
・アトピー
・花粉症
・リウマチ
・消化不良
・膨満感
・下痢・便秘
・炎症性腸疾患
・肥満
・関節炎
・肝機能障害
・高コレステロール血症
・セリアック病
・糖尿病
・多発性硬化症
・慢性疲労症候群など

腸のバリア機能が壊れると心の不調が生じる

リーキーガット症候群になると、体内に侵入してきた異物に対処するためのホルモンが多量に作られるようになります。また、それに伴って神経が興奮するため、それを脳が察知して心の状態が不安定になることがあります。その結果、うつやパニック、不安障害など、脳と心の不調に関わる病気になることがあります。

また、実際にうつ病と診断された人の中には、リーキーガット症候群を同時に発症している人が存在しています。そのため、リーキーガット症候群がうつ病やパニック障害といった精神病を引き起こす原因だと主張する研究者が登場し、関連性を裏付ける研究成果が発表されています。

リーキーガット症候群が精神に及ぼす影響は広く、様々な角度からこの病気が招く精神障害とその治療法について研究が重ねられています。ここでは、リーキーガット症候群が心に及ぼす影響について見ていきます。

リーキーガット症候群では心のバランスを崩しやすい

リーキーガット症候群になると副腎(ふくじん)と呼ばれる臓器で、コルチゾールやアドレナリン(エピネフリン)、ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)などのホルモンが大量に作られます。こうしたホルモンは外部からのストレスに対抗したり、腸の粘膜が破壊されたことで生じた炎症を抑えたりする際に使われます。

このようなストレスホルモンの中で、特にコルチゾールが長期間にわたって作られると副腎に大きな負担がかかります。その結果、副腎が疲れ切ってその機能が低下し、コルチゾールを作ることができなくなってしまいます。

このような状態では、ストレスに対処するのが困難になってしまいます。すると、人によってはうつやパニック、恐怖、強い不安感など、メンタルに深刻な影響が出るようになります。

また、リーキーガット症候群でアドレナリンとノルアドレナリンが多量に分泌されると、自律神経(じりつしんけい)のひとつである交感神経(こうかんしんけい)が活性化されます。自律神経とは外部からの刺激や環境の変化に対して呼吸や心拍数、血圧を調節して、体を安定的な状態に保つ働きをする神経のことです。

自律神経には交感神経と副交感神経(ふくこうかんしんけい)があり、交感神経は昼間に体が活発になっているときに優位になる神経です。また、交感神経はストレスや困難な出来事が生じたときに「敵から闘うか・逃げるか」を瞬時に判断して、即座に体が動けるように準備させる神経です。

そのため、リーキーガット症候群でアドレナリンとノルアドレナリンが過剰に分泌されて、常に交感神経が優位になると、性格が攻撃的になったり、強い不安や恐怖を感じたり、暴力的になったり、イライラしたりするようになります。

その一方で、このアドレナリンとノルアドレナリンが休みなく作られると、ますます副腎は消耗し、最終的にこの2つのホルモンを作り出すことができなくなってしまう状況になります。

アドレナリンとノルアドレナリンが作られなくなって不足すると、気分が激しく落ち込んだり、喜びの感情がなくなったり、やる気が低下したりするなど、うつ病に似た精神症状が出ることがあります。

リーキーガット症候群の精神的症状

これまで説明したように、リーキーガット症候群では、肉体的な問題以外に、精神的に大きなダメージを引き起こします。リーキーガット症候群によって引き起こされる精神的症状を下記にまとめました。

・不眠
・イライラ、怒り
・うつ病
・自律神経失調症
・不安神経症
・統合失調症
・集中力低下
・喪失感
・自殺願望
・パニック障害
・アルツハイマー病
・パーキンソン病
・自閉症
・ADHDなど

うつ病の人はリーキーガット症候群である可能性が高い

リーキーガット症候群になると、精神に様々な問題を生じることは先に述べたとおりです。そうした中、ある研究からリーキーガット症候群とうつ病に深い関係性があることが明らかになってきました。

うつ病の患者は体内で低レベルの炎症が長期間にわたって発生しており、炎症のレベルを表す「炎症マーカー」の数値が上昇していることが示されました。そして、その炎症をもたらす原因のひとつがリーキーガット症候群だとされています。

リーキーガット症候群の人は、腸の粘膜細胞が壊れています。すると、LPS(リポ多糖類)と呼ばれる物質が腸の粘膜から体内に入り込んでしまいます。このLPSこそが、体の中で炎症を引き起こす物質です。LPSは体内(血液中)に入り込むと炎症を生じさせ、これが引き金となってうつ病を引き起こすと考えられています。

この研究では、大うつ病(MDD)の患者では血液中のLPSに対する抗体が、健康な人よりも際立って高いことが分かりました。抗体とは「免疫グロブリン」というタンパク質で、体内に入ってきた異物と結合して毒性を抑えたり、対外に排除したりするように働く物質です。

LPSに対する抗体が多く作られているということは、血液中にLPSが多く存在していることを表します。

もしも現在、自分にうつ病のような症状が出ていて、同時に腸の機能低下や全身の問題を抱えている場合には、リーキーガット症候群になっていないか確認してみましょう。リーキーガット症候群が原因でうつ病の症状がみられる場合は、腸の機能を修復することで精神的症状を効率的に改善していくことが期待できます。

リーキーガット症候群を改善する方法

リーキーガット症候群を改善するには、この病気を発症させている原因と取り除くことが大切です。そのためには、なるべくストレスを減らすように心がけ、農薬や殺虫剤などの化学物質を使わない生活に切り替えます。

病気の治療のために抗生物質を使用している場合は薬の量を減らすか、抗生物質以外の薬に切り替えられないか、医師に相談した上で対処法を決めましょう。

また、普段からコンビニやスーパーで加工食品や出来合いのお弁当を買う機会が多い人は、そうした食品に含まれている添加物が、体に悪い影響を与えている可能性があります。着色料や保存料などが含まれた食品は、控えるようにしましょう。

リーキーガット症候群を根本的に治療するためには、上記に示した方法以外に、「何を食べるか」と「何を食べないか」を考えることが、治療を進める上で重要になります。

腸の機能を低下させる食べ物を避け、傷ついてしまった腸の粘膜細胞を修復する栄養素を摂ることで、リーキーガット症候群の治療を効果的に進めることができるようになります。

グルテンとカゼインを避ける

小麦粉に含まれるグルテンは、腸の細胞を傷つけます。また、グルテンは腸内細菌に住むカンジダが増える原因にもなります。カンジダが増えると、腸の粘膜細胞が破壊されてしまいます。

そこで、リーキーガット症候群の人ではグルテンを含んだパスタやパン、菓子、調味料などをなるべく控えるようにしましょう。

また、グルテンの他に、牛乳やヨーグルト、チーズに含まれるカゼインというタンパク質が炎症を引き起こして、腸の細胞を壊すことが知られています。つまり、カゼインもリーキーガット症候群の原因になります。

乳製品を食べたときに下痢や便秘をするだけではなく、気分にも悪影響が出ていると感じる場合には、リーキーガット症候群の可能性を疑ってみてください。そして、乳製品をカットすることでリーキーガット症候群による不調が軽減されるか確認してみましょう。

乳製品を食事から除去することで気分や体調が改善された場合には、引き続き乳製品を取らないことが望ましいです。

炎症を抑える栄養素を摂る

リーキーガット症候群の人では、体内で炎症が起きています。そのため、炎症をしずめる栄養素を摂取することで、リーキーガット症候群が軽減されます。

炎症を抑える栄養素の代表選手がオメガ3系脂肪酸です。オメガ3系の脂肪酸は、不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)の1種で、常温で固まらずに液体になっている性質があります。

オメガ3系脂肪酸には、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)があります。EPAとDHAは腸の炎症を抑えるほかに、傷ついた腸粘膜を修復する働きがあります。EPAとDHAはイワシやサンマ、ブリなどの青魚をはじめ、マグロやウナギに豊富に含まれています。

また、オメガ3系はグリーンナッツオイル、アマニ油、えごま油の「植物油」にも多く含まれています。こうしたオメガ3系の良質なオイルは、一般的なスーパーでも手に入れることができます。

ただし、オメガ3系の油は酸化しやすい特徴があり、加熱すると効果が減ってしまいます。そこで、オメガ3系の油を使う際には、ドレッシングとしてサラダにかけたり、米粉で作ったパンに塗ったり、野菜ジュースに混ぜて食べたりするのがお勧めです。

グルタミンを積極的に補給する

リーキーガット症候群の治療に役立つ栄養素としてグルタミンがあります。グルタミンとはアミノ酸のひとつです。グルタミンは小腸の栄養源になったり、腸が活発に働くようにサポートしたりします。また、筋肉の強化や疲労の回復を促すほかに、免疫細胞を増やすことで免疫力を高める役割を果たしています。

リーキーガット症候群の人では、腸の細胞が壊れて大きなダメージを受けているため、グルタミンを積極的に摂取することで腸の回復を早めることができます。

また、グルタミンはストレスやハードな運動、風邪によって大量に消費されてしまうことが知られています。グルタミンが不足すると免疫力が損なわれるリスクがあります。そのため、グルタミンが不足しないように、日常的にグルタミンを補給することが大切です。

グルタミンは大豆、海藻類、肉、魚、卵、アーモンド、トマトなどの食品に多く含まれています。しかし、グルタミンは熱を加えると性質が変化してしまうため、魚は刺身で食べ、海藻やトマトなどは野菜サラダとして食べるのが良いとされています。

しかし、こうした食品を食べるときに、ドレッシングに「お酢」が使用されていると、お酢の酸性成分によってグルタミンが変性してしまい、グルタミンの栄養素が減少してしまいます。そこで、塩やしょう油に付けて食べるように工夫しましょう。

大豆、海藻類、肉、などの食品は加熱して食べる場合が多いので、生の状態で食べることが難しいです。そうした中でも「しらす干し」や「きな粉」はあまり火を使わずにグルタミンを手軽に摂取することができます。

また、上記の食品を摂取する以外に、グルタミンのサプリメントを直接摂取することで、効率的にグルタミンを補給することが可能です。

善玉菌を増やす食品群を摂る

腸内には100兆個から1,000兆個の腸内細菌が住んでいると考えられています。こうした腸内細菌で善玉菌(ぜんだまきん)、悪玉菌(あくだまきん)、日和見菌(ひよりみきん)が適切なバランスで存在していると、健康な体を築くことができます。

善玉菌とは体にとって良い働きをする菌です。悪玉菌は、腸内に住んでいる割合が少ないとおとなしいですが、増えすぎると体にとって悪い働きをする菌です。日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の数が多い方に味方する菌です。悪玉菌が多いと、日和見菌は悪玉菌になびいて様々な悪さをはじめます。

リーキーガット症候群の人は、腸粘膜の細胞が壊れているために善玉菌が腸内に定着しておらず、数が少なくなっていることが考えられます。そこで、善玉菌を増やすような食品を摂るように心がけましょう。

善玉菌を増やす食品には、納豆、ぬか漬け、味噌などがあります。こうした食品には、善玉菌の1種ある乳酸菌(にゅうさんきん)やビフィズス菌が豊富に含まれています。

一般的にヨーグルトやチーズ、キムチなどにも乳酸菌やビフィズス菌が含まれ、善玉菌を増やす食品として馴染みがあります。

しかし、リーキーガット症候群の原因であるカンジダのもとになったり、カゼインが含まれていたりします。こうした食品を摂取をする際には、食べたあとに具合が悪くならないか様子をみるようにして下さい。

人によっては、冷たい牛乳を飲むと下痢や吐き気が出たとしても、チーズやヨーグルトなどの発酵されている乳製品であれば影響がでない場合があります。キムチや漬物なども製造方法や種類によって、体に影響が出る場合があれば、出ない場合もあるようです。

個人の体質によって症状が出たり、出なかったりするので、こうした食品を少しずつ食べてみて自分の体調がどう変化するのかを知っておくようにしましょう。自分と相性の悪い食べ物を事前に知っておけば、そうした食品を避けることができるため、自分自分の健康管理が楽になります。

このほかに、善玉菌のエサとなる食物繊維を摂るのも有益です。大豆やアーモンド、おから、あずき、グリンピースなどに、食物繊維が豊富に含まれています。

リーキーガット症候群を改善するには、こうした食品を食べた後に自分の体調や便の状態を観察し、どんな食品が自分の腸内環境を回復するのに役立つのか慎重に判断して下さい。

この病気を治療するには、食事が治療の成果を左右します。壊れてしまった腸の粘膜細胞をできるだけ早く修復できるよう、自分の体質に合った食事のパターンを見つけていって下さい。