分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学では、がんの標準治療に付け加える補助的療法(ほじょてきりょうほう)として、高濃度ビタミンC点滴がなされる場合があります。

がん治療に応用される高濃度ビタミンC点滴は、血中のビタミンCの濃度を一気に高めることで、がん細胞を殺傷する効果を狙うものです。

高濃度ビタミンC点滴は、「ビタミンC 静脈点滴」という意味の「Intravenous VitaminC」と表記されます。クリニックによっては、英語を略してIVCと表記したり、読んだりすることがあります。

高濃度ビタミンC点滴はアメリカでは、既に1万人を超える医師が、がんに対して導入しているとされています。国内で分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学を実践するドクターは、ヒュー・リオルダンが設立したリオルダンクリニックのプロトコルに従って高濃度ビタミンC点滴を行うことが多いようです。

リオルダンクリニックから公表されている高濃度ビタミンC点滴のプロトコル(英文)。

ここでは、がんの治療として行われる高濃度ビタミンC点滴について見ていくことにします。

がん治療に応用される高濃度ビタミンC点滴

ビタミンC(アスコルビン酸)には、体内で発生した活性酸素(かっせいさんそ)の増加を抑えることで、細胞の機能が低下してしまうのを防ぐ作用があります。活性酸素は、私たちの体内に侵入した病原菌やウイルスを退治してくれる大切な役割を担っています。

しかし、活性酸素が必要以上に発生すると、有害菌だけではなく、私たちの健康な細胞も攻撃してしまいます。活性酸素が過剰になると、病気のリスクが高まったり、老化現象が進んだりしてしまいます。

そのため、ビタミンCを食事やサプリメントから摂取したり、点滴によって直接体内に取り込んだりすることで、増えすぎた活性酸素を除去し、老化や加齢を食い止めます。

また、ビタミンCは、がん細胞を攻撃するリンパ球(免疫細胞)を活性化させます。高濃度ビタミンC点滴を実施することで、リンパ球を増やすことが期待できます。

さて、冒頭で「ビタミンCには抗酸化作用がある」と述べました。しかし、血中のビタミンCが高濃度になると、血液中の鉄分とビタミンCが「フェントン反応」を起こして過酸化水素(かさんかすいそ)という強力な酸化物質を作り出します。

過酸化水素は「がん細胞のみを選択的に殺し、正常細胞には影響を与えない」とされています。正常な細胞にはカタラーゼという酵素が存在するため、過酸化水素を中和して毒性をなくすことがでるからです。

その一方で、がん細胞はカタラーゼを持たないため、過酸化水素によって殺傷されます。

ビタミンCのこうした作用に着目して、分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学では、高濃度ビタミンC点滴をがん治療に対する代替療法のひとつとして取り入れることがあります。

ビタミンCは「水溶性のビタミン」であるため、点滴で体内投与して過剰になった分はすぐに体の外に排出されてしまいます。よって、高濃度ビタミンC点滴によるがん殺傷能力は、限られた時間のみしか効果を発揮しないケースが多いとされています。

そのため、がんの人に高濃度ビタミンC点滴を用いる場合は、高濃度(50g~)を週に2,3回以上実施する場合があります。
※高濃度ビタミンC点滴の濃度や回数は、患者の希望に応じて実施されます。

高濃度ビタミンC点滴はどんな種類のがんに効くのか

脳腫瘍、肺がん、胃がん、大腸がん、すい臓がん、肝臓がん、乳がん、卵巣がん、 子宮がん、膀胱がん、腎臓がん、前立腺がん、白血病、悪性リンパ腫など

がん治療に対する高濃度ビタミンC点滴で期待できること

  • がん細胞だけを選んで殺傷する
  • がんの標準治療(外科手術、放射線治療、薬物療法(抗がん剤治療))による副作用を軽減する
  • ミトコンドリアの機能を正常化する(エネルギー生産の促進)
  • 免疫機能の強化(インターフェロンの産生、マクロファージの亢進)
  • QOLを向上させつつ、寛解期を持続させる

ビタミンCががん細胞を殺すメカニズム

ビタミンCががん細胞を「選択的に殺傷する」という根拠は、どのような論拠の上に成り立っているのでしょうか?

分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学を実践する医師が、がん治療の一環として高濃度ビタミンC点滴を用いる際、効果の裏付けとしているのが、ビタミンC研究の先駆者達による仮説です。

ビタミンCの抗がん作用に関する研究を行っていたアメリカのユアン・キャメロンや日本の森重福美・村田晃らは、ビタミンCのがん殺傷の機序について、下記のような仮説を立てました。

悪性腫瘍(あくせいしゅよう:ガン細胞)は、ヒアルロニダーゼという酵素を生成する。

この酵素が細胞と細胞を結びつけるセメント質(コラーゲン・ヒアルロン酸)を攻撃し、粘性(ねんせい)の物質を分解して組織を脆弱化(ぜいじゃくか)させ、新生物(しんせいぶつ)の侵入を許してしまう。

このことが、増殖するガン細胞の浸潤(しんじゅん)を助長することになる。

ビタミンCは、ヒアルロニダーゼ抑制物質を増やすことで、セメント様物質の崩壊を防ぐと同時に、細胞間質(さいぼうかんしつ)とコラーゲン線維の形成を盛んにして、ガン細胞を被包化(ひほうか)する

新生物:腫瘍や異常な細胞組織のかたまりのこと。必要以上に細胞分裂を行ったり、本来なら寿命を迎えて死滅すべき細胞が、死滅せずに生き続けたりするものをいう。

被包:体外から病原菌やウィルスが侵入したり、体内に腫瘍や死亡した組織が生じたりした場合、白血球の食作用や酵素作用による融解によって処理する仕組みをいう。

ユアン・キャメロンらの仮説を要約すると、こうなります。

ビタミンCによってヒアルロニダーゼ抑制物質を増やし、細胞の健康を維持するコラーゲンを強固にすることで、がん細胞からの攻撃に対抗する能力を高める。

グルコースとアスコルビン酸の類似構造

がん細胞はグルコース(ブドウ糖)を栄養源として増殖することが知られています。がん細胞は、正常な細胞に比べて活発であるため、正常な細胞の3~8倍のグルコースを取り込むという特徴があります。

その原理を応用したのが、PET検査(陽電子放射断層撮影)です。PET検査では、大量のブドウ糖を取り込んでいる細胞を探し出し、がんを発見します。

グルコース(ブドウ糖)とアスコルビン酸(ビタミンC)は化学構造が似ています。そのため、体内のグルコースが不足している状態では、がん細胞はアスコルビン酸を取り込みます。

特に、グルコースと酸化型アスコルビン酸(デヒドロアスコルビン酸)は、非常に近しい化学構造をしていることがわかります。

ビタミンCによるがん細胞のアポトーシス(細胞死)への誘導

高濃度なビタミンC点滴によって静脈から大量のビタミンCが入り込みます。血管に入ったビタミンCはフェントン反応により、過酸化水素(H2O2)を発生します。

フェントン反応とは、二価の鉄と過酸化水素からヒドロキシルラジカル(・OH)が発生する化学反応のことです。

体内の代謝反応で酸化されたアスコルビン酸は、デヒドロアスコルビン酸となり、腎臓から排せつされますこのとき、ビタミンCは、三価の鉄を二価の鉄に還元します。

Fe3+ → Fe2+
アスコルビン酸(ビタミンC) → デヒドロアスコルビン酸(酸化型ビタミンC)

還元された二価の鉄が酸素と反応して酸化し、この酸化過程で過酸化水素が発生します。このときに生じた過酸化水素ががん細胞を殺すように働くと考えられています。

通常、健康な細胞で生じた過酸化水素は、カタラーゼやグルタチオンペルオキシダーゼなどの抗酸化酵素によって無害な形へと分解されます。

しかし、ガン細胞はカタラーゼなどが欠乏していることが多いため、過酸化水素を中和し、無毒化することができません。その結果、がん細胞はダメージを受け、がん細胞のDNAや解糖系(かいとうけい)は破壊され、死に至るとされています。

こうしたメカニズムが、「ビタミンCは正常細胞に対して影響を及ぼさずに、がん細胞のみを過酸化水素によって損傷させる」ということを示す根拠になっているようです。

高濃度のアスコルビン酸から生成された過酸化水素が、がん細胞をアポトーシスへと誘導するしくみに関しては、高濃度ビタミンC点滴のページを参照して下さい。

フェントン反応での過酸化水素によりがん細胞をアポトーシスへと誘導するメカニズム

 

がん細胞の解糖系の代謝阻害

Ascorbate in pharmacologic concentrations selectively generates ascorbate radical and hydrogen peroxide in extracellular fluid in vivo. Proc Natl Acad Sci U S A. 2007 May 22;104(21):8749-54. Epub 2007 May 14.より引用・一部改編

高濃度ビタミンC点滴はがんの標準治療に取って代わるものではない

高濃度ビタミンC点滴療法は、がんの標準治療を否定するものではありません。あくまでも補助療法や代替医療の1つであり、患者自らの意思によって選択される治療法です。

標準治療と併用して取り入れるメリットは十分にあるものの、標準治療に優先して実施する治療法ではありません。がん治療に対する高濃度ビタミンCの効果に関しては、各種の研究結果からそれなりの有効性は示されているものの、確実な治療効果が認められるとした文献は少ないのが現状です。

高濃度ビタミンC点滴によるがん治療は、本場アメリカであっても研究段階にあるといえます。

日本国内において、高濃度ビタミンC点滴を用いることで「がんの症状が寛解した」というのは、個人クリニックの単位では症例があるようですが、治癒率や生存率が大きく改善された例など、大規模な調査に基づいた有意な統計データは発表されていません。

分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学を実践しているドクターの中には、がん患者に対して高濃度ビタミンC点滴による治療を積極的に行っている人たちがたくさんいます。がん治療に対する高濃度ビタミンC点滴は、がんの進行度(ステージ)や病巣の広がりによって効果の表れ方が違います。

がん患者の血中ビタミンC濃度は低い

血中のビタミンC濃度が低い人は、がんになりやすい傾向があることが文献から示唆されています。
Vitamin C deficiency in cancer patients.

また、がんの人は、健康な人と比べて体内のビタミンC濃が少ないとの報告があります。

そして、がんの人は、高濃度ビタミンC点滴後の血中濃度が、健康な人と比べて上昇しにくいともいわれています。がんの人は、継続的に高濃度ビタミンC点滴を続け、健康な人と同等のレベルにまで濃度を上げることで、日常生活の質(QOL)の向上や寛解を目指すことができるかもしれないとする研究が存在します。

がん治療で用いる場合のビタミンC点滴の濃度は?

分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学を実践する医師が、がんの人に対して高濃度ビタミンC点滴療法を行う場合、リオルダンクリニックで推奨されている高濃度ビタミンC点滴のプロトコルに従い、血中のビタミンC濃度を400mg/dlまで上げることを目標に点滴がなされることが多いです。

血中のビタミンC濃度を350~400mg/dlまで上昇させるには、一般的に50g以上の濃度の点滴を行う必要があります。そして、高濃度ビタミンC点滴は、点滴後1時間に血中の濃度がピークに達するといわれています。

ただし、点滴後の血中濃度の上がり方や点滴後の効果の表れ方には「個人差」があります。最初は低い濃度から点滴を始め、点滴後の血中濃度を測定しながら、各自のコンディションに見合った濃度や回数を見極めるのがよいです。

血中のビタミンC濃度が400mg/dlに達しなくとも、人によっては治療効果を発揮する場合があります。

高濃度ビタミンC点滴の実施については、主治医と相談をしながら、自分に合った濃度と回数で行っていきましょう。

標準治療との併用による副作用の軽減

高濃度ビタミンCは、がんの標準治療と併せて行う事で、がん治療の効果を高めることができる場合があります。また、標準治療に伴う副作用を軽減し、患者の生活品質(QOL)の向上を目指すことができます。

ビタミンCは静脈点滴や経口摂取(けいこうせっしゅ)のいずれの方法で投与しても、がんの標準治療と併用した場合に、直接的・間接的な相乗効果をもたらす場合があるとされています。

  • ビタミンCが抗がん剤など異物を解毒する際の肝臓酵素の活性を増やす
  • 放射線療法による皮膚傷害の軽減
  • 抗腫瘍効果を高める
    ビタミンCをビタミンB群やビタミンE、βカロチンなどの抗酸化剤と併用した場合、抗がん剤による副作用を低減させると共に、抗ガン剤の効果を増強する (多数論文が存在)
  • ステロイドの産生を促すことにより、抗炎症作用を示す血液中カルシウムレベルを下げ、骨へのカルシウムの吸収を促進する
  • ビタミンCがガンの痛みを取り除き、QOLを改善する
  • 倦怠感が軽減され、食欲も湧き、十分な睡眠が取れるようになり、風邪も引きにくくなり体力も付く
  • 栄養状態や全身状態の悪化を防ぎ、抗がん剤による治療計画と滞りなく進めることができる
    (全身状態の悪化による、治療スケジュールや抗がん剤の投与量を制限せざるを得ない状況を回避する)
  • ビタミンCによりヒアルロン酸やコラーゲンが合成され、細胞組織の連結が強固になる
  • インターフェロンを誘導することで生体の防御機構が高まった結果、がん細胞の増殖を抑制する

高濃度ビタミンC点滴を受けることができない人

下記に該当する人は高濃度ビタミンC点滴を受けることができません。詳しくは、各クリニックにお問い合わせ下さい。

  • ビタミンCや他の薬剤に対して過敏性がある
  • 心不全・腎不全を患っている
  • 高度浮腫、腹水、胸水を合併している
  • G6PD欠損症

ビタミンC点滴のメリット・デメリット

メリット デメリット
正常細胞には危害を与えることなくがん細胞のみを選択的に殺傷する 心不全や腎不全、G6PD欠損のある人は点滴をすることはできない
静脈点滴で効率的に血中のビタミンC濃度を上げることができる 自由診療の扱いとなるため費用が高額になる
がんの標準治療と比較して副作用は遥かに小さい(下痢や嘔吐、頭痛、倦怠感などを生じる場合はある) 科学的エビデンスや研究結果は発表されているものの、優位なデータではないとして医学の主流からは支持を得られていない
がんの標準治療と併用することで相乗効果を発揮したり、副作用を軽減したりすることができる すべてのタイプのがんに有効という訳ではなく、患者の体調や副作用の表れ方によっては点滴を断念せざるを得ないケースがある

高濃度ビタミンC点滴の副作用

高濃度ビタミンC点滴は、比較的副作用が少なく、体にとって負担がない治療法です。しかし、人によっては点滴による副作用が生じる場合があります。

点滴痛

静脈注射をした部位(腕など)に痛みが生じた場合、点滴を落とすスピードが速すぎる可能性があります。点滴中に痛みを感じた場合には、看護師に声をかけてスピードを落として貰うようにしましょう。また、点滴をしている部位を温湿布などで軽減することで、痛みを和らげることができます。

口渇

高濃度ビタミンCの点滴には、利尿作用があります。そのため、点滴中に激しく喉の渇きを覚える場合があります。クリニックによっては、高濃度ビタミンC点滴の料金にペットボトルの水が含まれている場合があります。もし、点滴の料金に「水のサービス」が含まれていない場合は、予め自分で水を用意しておくのが賢明です。

点滴の最中は片手しか使えないため、ペットボトルのキャップをあけるのは難しいです。点滴をする前にキャップをあけておき、ストローなどを挿しておくと点滴中にも飲むことができて便利です。

【注意】
点滴をしている時に、両手を使って無理やりペットボトルのキャップをあけようとすると、点滴をしている部位から針が外れたり、ずれてしまったりすることがあります。高濃度ビタミンCの針がずれて点滴が血管の外に漏れてしまうと、激痛が走ります。ペットボトルのキャップをあけたい場合は無理をせず、看護師を読んでキャップをあけてもらうようにしましょう。

低カルシウム血症

ビタミンCには、カルシウムを尿として排出する作用があります。そのため、高濃度ビタミンC点滴をしている最中に、まれに痙攣(けいれん)やしびれが生じることがあります。こうした場合は、カルシウム製剤を静脈注射することで症状を回復することができます。

低血糖

高濃度ビタミンC点滴をすると、低血糖になることがあります。低血糖状態になると、めまいや冷汗、疲労感などが生じます。

ビタミンC(アスコルビン酸)はブドウ糖(グルコース)と化学構成がとても良く似ています。そのため、体はビタミンCが入ってきたときに「ブドウ糖を摂取した」と勘違いし、血糖を下げるインスリンを分泌します。その結果、人によって低血糖になることがあります。

高濃度ビタミンC点滴によって低血糖状態になるのが心配な場合は、点滴前に食事を済ませるなどの工夫で対応することができます。

また、糖尿病の人で、自分でインスリン投与を行っている場合は注意が必要です。高濃度ビタミンC点滴をした際に、ビタミンCによって「見かけ上の血糖値」が高く検出されることがあります。そのとき、高く出た数値を信じてインスリンを注射してしまうと、血糖状態に陥ってしまうことがあります。

糖尿病の人で高濃度ビタミンC点滴を受ける場合には、予め主治医と相談をし、インスリンを投与する場合は医師の管理・指導の元で行うようにして下さい。

吐き気

高濃度ビタミンC点滴の最中に、吐き気やムカムカとした胸焼け症状が出ることがあります。こうした副作用が出た場合は、点滴のスピードを落としたり、小まめな水分補給を行うことで、副作用を軽減することができます。

ビタミンC点滴が難しい場合は経口摂取を行う

高濃度ビタミンC点滴は、自由診療の扱いになるため、がん保険は適用されないことがほとんどです。

がん治療として高濃度ビタミンC点滴を行う場合、点滴の回数は最低でも週に2回、50g以上を投与する医療機関が多く、患者にとって経済的負担が大きくなることは明らかです。

また、経済的な事情以外にも、高濃度ビタミンC点滴の実施が難しいケースがあるかもしれません。患者が長時間に及ぶ点滴に耐えられない状態であったり、自宅の近くに高濃度ビタミンC点滴を実施している医療機関が存在しなかったりするようなケースです。

体内のビタミンC濃度を高める場合、高濃度ビタミンC点滴によって効率的に血中のビタミンC濃度を上げることに越したことはありません。しかし、経済的負担、時間的制約、生活環境を鑑みて点滴を実施することが困難な場合は、ビタミンCのサプリメントを経口摂取(口から飲む)するという方法があります。

ビタミンCを継続的に経口摂取する事で、抗がん作用を認めることを示唆した論文が存在します。

カナダの精神科であったエイブラハム・ホッファーは、末期がん患者に対して平均12gのビタミンCや他のミネラル類を3回に分けて摂取させました。その結果、ビタミンCを摂取した人では、高濃度ビタミンC点滴を実施せずとも、寿命が格段に延びていることが明らかになりました。

末期がん患者におけるビタミンC経口投与の効果

ビタミンC摂取群は点滴を実施せず、1日平均12gのビタミンCと他のビタミンやミネラルを3回に分けて摂取
A. Hoffer with L. Pauling, Healing Cancer (2004) より引用・一部改編

分子整合栄養医学の治療として行われる高濃度ビタミンC点滴

分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学を実践する医師の中には、高濃度ビタミンC点滴を様々な治療に応用している人がいます。点滴療法としての高濃度ビタミンC点滴については、下記の記事をご覧下さい。

ビタミンCの体内での消化・吸収経路や抗酸化メカニズム、糖尿病とデヒドロアスコルビン酸、高濃度ビタミンC点滴のマニュアル、高濃度ビタミンC点滴に関する書籍についてご紹介しています。

・栄養療法の治療アプローチ:高濃度ビタミンC点滴

ライナス・ポーリングとビタミンC

高濃度ビタミンC点滴を提唱した人物であるライナス・ポーリングとビタミンCに関して記載しています。詳細は下記の記事をご覧下さい。

ライナス・ポーリングとビタミンC

美容とビタミンC

美容や美肌、アンチエイジングなどを目的としたビタミンC療法に関して記載しています。詳細は下記の記事をご覧下さい。

美容とビタミンC

監修:田中クリニック 田中 善