通勤途中や大事な会議の最中に突然お腹が痛くなって、便意をもようしてしまう病気があります。こうした病気を過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)といいます。過敏性腸症候群はストレスや環境の変化といった、外部からの刺激に過敏になり腸にさまざまな問題があらわれる病気です。

過敏性腸症候群は、20歳から40歳の人に発症することが多いとされています。主に学校や職場でのストレスが原因で腸の機能が低下し、下痢や便秘などのお腹のトラブルが発生してしまいます。

過敏性腸症候群はいつお腹の調子が悪くなるのか分からないため、仕事や勉強に集中できなくなってしまいます。常にトイレの近くにないと不安になってしまうため、旅行やドライブ、映画鑑賞といったレジャーも楽しむことができなくなります。長い間トイレから離れている状況が心配で耐えられないのです。

ここでは過敏性腸症候群が起きてしまう原因を見ていくとともに、過敏性腸症候群の症状が軽くなるような食事法や生活習慣を考えていくことにしましょう。

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは腸内を検査しても異常が見つからないのに、腸での正常な消化活動や排便ができない病気のことをいいます。

過敏性腸症候群になると下痢や便秘のほかに、お腹の張り、腹痛、おならが溜まる、お腹がゴロゴロ鳴る、胃のもたれ、吐き気、食欲低下、ゲップなどが生じます。

人によっては、いつもお腹の具合が悪くてトイレの場所を気にしなくてはいけないために、そのことが精神的な負担になって自宅に引きこもるようになり、社交的でなくなってしまうことがあります。

過敏性腸症候群の原因はまだはっきりとは分かっていないものの、ストレスや食事、生活習慣がこの病気を引き起こしている可能性が高いと考えられています。

ストレスがあると腸に深刻な影響が及ぶ

過敏性腸症候群になる原因のひとつがストレスだといわれています。大事な会議の最中にトイレに行きたくなったり、試験のときにお腹が痛くなったり、出張で環境が変わると便秘になったりしたことはないでしょうか。こうした症状はストレスによって神経が高ぶり、腸の機能が低下したために起こります。

腸は脳とは自律神経(じりつしんけい)を通じて繋がっています。自律神経とは体温の維持や血液の循環、栄養の消化、呼吸を調整している神経ネットワークです。

自律神経のうち昼間活動的なときに活性化し、体を興奮状態にさせる神経を交感神経(こうかんしんけい)といいます。その反対に、体がリラックスし休んでいるときに活性化するのが副交感神経(ふくこうかんしんけい)です。

脳でストレスを感じると、交感神経が優位になります。交感神経は腸が収縮するのを低下させるため、腸での消化や吸収、排せつ能力が落ちてしまいます。こうした脳と腸の密接な相互関係を脳腸相関(のうちょうそうかん)といいます。

このように、仕事や学校の勉強が大変だったり、人間関係の悩みを抱えている期間が長くなったりすると、ストレスが溜まり過敏性腸症候群になる可能性が高くなります。

また、過敏性腸症候群は、完璧主義で几帳面な性格の人がなりやすいといわれています。こうした人はいつも強い責任感を抱き、ちょっとしたことにも神経質になっていることが多いからです。こうした心理的負担が蓄積するために交感神経が優位になり、過敏性腸症候群を発症してしまうのです。

腸の働きが低下すると下痢や便秘になる

上記で述べたように、脳で受けたストレスは自律神経を通じて腸の機能に悪影響を及ぼします。すると、腸のぜんどう運動が不調をきたすようになります。ぜんどう運動とは、腸の管が伸びたり縮んだりすることで、消化・吸収した食べ物の残りカスや老廃物、細胞の死がいを肛門まで運ぶ働きのことです。

ぜんどう運動が不足すると腸内の食べカスや老廃物が長い間溜められます。そのため、腸の食べカスに含まれる水分が必要以上に吸収されるため、うんちが固くなったり便秘になりやすくなったりします。その反対にぜんどう運動が過剰になると、腸内に残っている食べカスから水分が吸収されないまま運ばれるので、水っぽいうんちがでたり下痢になったりします。

過敏性腸症候群の患者では、下痢と便秘を交互に繰り返す人もいます。また、何週間も下痢が続いたあと、いったん症状が治まったのに再び下痢になってしまう場合もあります。

緊張するとお腹がなって、おならを我慢できなくなる

過敏性腸症候群の人では便秘や下痢以外に、おならをがまんすることができないという悩みを抱えている人もいます。緊張するとお腹がゴロゴロと鳴って、ガスが出てしまう症状になるのです。

会社の商談中や学校の授業中など、静かな空間や他の人の前で発表しなくてはいけない状況で、ガス(おなら)が止められなくなってしまう人がいます。あるいは、おならを我慢できたとしても、ずっと我慢し続けているとお腹に痛みを感じるようになります。

こうしたお腹の音やおならの問題も、脳で感じたストレスや緊張が神経を通じて腸に伝わった結果として引き起されます。

おならは下痢や便秘のように、自分ではコントロールすることはできません。お腹にガスが溜まっても、音や臭いが気になるためにますます我慢しなくてはいけない状況になります。

過敏性腸症候群でおならを我慢しなくてはいけない苦痛から、大勢の人が集まる場所に出かけたり、人前で話すのを避けるようになったりしてしまう人もいます。

過敏性腸症候群は精神症状を引き起こす

過敏性腸症候群でおなかの調子が悪くなると、うつ病やパニック障害などの精神症状が出てくることが知られています。

先ほど述べたように、脳と腸は神経で繋がっているため、脳でのストレスは自律神経のバランスを乱し、腸に大きな影響を与えます。それと同時に、腸からのシグナルが脳にも影響を与えます。

例えば、腸が病原菌に感染したり、十分な消化活動が行えないと脳の認知機能が落ちたり、感情が不安定になったりすることが知られています。

そのため、お腹の調子が悪いと情緒不安定になります。すると、心がいつも緊張状態になり、イライラしたり、不安になったり、集中力が低下したり、眠れないといった症状がでます。人によっては、外出するのに電車に乗るとパニックを起こすケースもあります。

外出するのが怖くなる広場恐怖症

過敏性腸症候群になると、いつトイレに行きたくなるか予測がつきません。そのため、「外出したときに突然トイレに行きたくなったらどうしよう」とビクビクするようになります。

コンビニや駅前など必ずトイレのある場所を確認するのが当たり前になり、乗る電車を各駅電車にしていつでも降りられるようにしています。下痢をしそうになったのに周りにトイレが見つからないという緊急事態に備え、「携帯用のトイレ」を持ち歩いている人もいます。

このように、過敏性腸症候群の人はいつも自分の体調やトイレの場所を気にしてばかりいます。しかしこのような状況では、趣味やスポーツなど本当にやりたいことを我慢することになり、行動する範囲を制限されてしまいます。そのため、活動的な人生を送ることができずにますますストレスは増大していきます。

要は、自分が落ち着ける場所が自宅しかなくなってしまうのです。

こうした状況になると外出するのが嫌になってしまい、公共交通機関に乗ったり、知らない土地や閉ざされた空間で過ごしたりすることに恐怖を感じるようになります。このような病気を、広場恐怖症(ひろばきょうふしょう)といいます。過敏性腸症候群の患者の中には広場恐怖症を同時に発病する場合があります。

セロトニン不足でうつや引きこもりになる

さらに、過敏性腸症候群の患者の約20%がうつ病を発症しているとの報告が、ある研究からなされています。

また、過敏性腸症候群の患者は、腸内環境が悪化していることが指摘されています。このような患者の腸内には腸に良い働きをする善玉菌(ぜんだまきん)が少なく、腸に悪さを働く悪玉菌(あくだまきん)が多く住んでいることが分かっています。

腸内に住む善玉菌が少ないと、腸の中で作られるセロトニンの量が減ります。セロトニンは脳の神経の間を行き来する物質で、私たちの心に幸福感や安心感をもたらしてくれる物質です。

そのため、過敏性腸症候群で腸内環境が悪化して腸内で十分なセロトニンが作られなくなると、幸せな気分やリラックスした感情が薄れて、不満や不安、悲しみの感情が強くなってしまいます。その結果、うつ病を発症して自宅に引きこもるようになってしまうのです。

過敏性腸症候群を改善する方法

過敏性腸症候群は消化器系の問題以外に、うつ病やパニック、広場恐怖症、対人恐怖症など心の病気を引き起こしてしまう複雑な病気です。

過敏性腸症候群が重症化して日常生活に支障をきたすようになった場合には、消化器内科や便秘外来などの専門病院にいって治療をすることが必要です。

過敏性腸症候群では、症状に応じてさまざまな薬が処方されます。腸の機能を整える薬や自律神経のバランスを改善する薬のほかに、抗うつ薬や抗不安薬が出される場合があります。医師に自分の症状をきちんと伝えた上で、適した薬を貰うようにしましょう。

ただ、過敏性腸症候群は病院で治療をするだけでなく、自分自身で取り組める改善方法を実施しましょう。普段の生活や食生活を見直して、自分なりの対処法を見つけると、この病気に対する不安感も軽減されます。過敏性腸症候群の症状が少しでも和らぐよう、負担の少ないものから取り入れてみて下さい。

ストレスの原因を特定して周囲からの理解を得る

過敏性腸症候群はストレスに過敏に反応してしまうことで、腸の機能が低下して下痢や便秘などのお腹の不調が出る病気です。そのため、過敏性腸症候群を治すにはその原因となるストレスを減らすことが最も大事です。

まずは、自分にとって何が一番ストレスになっているのかを洗い出してみましょう。

仕事で働き過ぎていることがストレスであれば、上司や人事と相談をして、業務内容や勤務時間を柔軟にできないか相談してみて下さい。学生で学校生活や友人関係がストレスになっている場合は保護者や先生を交え、どうすれば負担なく学校生活を送ることができるかを話し合う場を設けます。

職場の同僚や友人、家族に対して、自分が体調不良になっている原因や過敏性腸症候群の症状について理解をしてもらうことは、治療を進める大きな助けになります。

腸にとって有益な栄養をしっかり摂る

過敏性腸症候群の患者は、腸内細菌のバランスが乱れていることが多いです。すると、腸内の善玉菌が減少して悪玉菌が増えているために、幸せや安らぎの感情をもたらすセロトニンが作られなくなります。セロトニンが減少すると、うつ病や不安障害、不眠症が引き起こされます。

また、腸内環境が悪いために腸の機能も低下し、下痢や便秘が頻繁に起こるようになります。

こうした問題を防ぐために、腸内の善玉菌を増やすような食事を心がけてみましょう。

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を含んだ食品を積極的に食べるようにすることで、腸内細菌バランスを整えられるようになります。ビフィズス菌や乳酸菌が含まれた食品として、味噌や漬物、醤油、キムチ、ヨーグルトがあります。

それに加えて、腸内細菌はビタミンB2、B6、B12、葉酸などのビタミン類を体内で作ってくれています。ビタミンは体が円滑に機能するのに欠かせない栄養素です。そのため、腸内環境が乱れてビタミンが作り出せなくなると、胃腸障害、下痢、口内炎など、さまざまな病気を引き起こします。

ビタミンB群は肉、魚、野菜、玄米などに含まれています。特に、うなぎやレバー、かつお、さんまなどの食品に豊富に含まれています。こうした食品を普段の食事に取り入れることで、腸に有用な栄養素を取ることができます。

ただし、過敏性腸症候群の患者では、こうした食品を取ることでかえって下痢や便秘、ガスの症状が悪化してしまうことがあります。そうしたリスクが心配な場合は、少量から食べ始めて腸に負担がかからないことを確認します。少量食べても大丈夫であれば、徐々に量を増やしていきます。

こうした食べ物を食べるとどうしても下痢や便秘になってしまうときは、ビフィズス菌や乳酸菌を含んだサプリメントやマルチビタミンのサプリメントなど、消化・吸収に負担のないサプリメントを少量ずつ試してみる方法があります。自分の体調の変化を見ながら、相性の良いサプリを上手に取り入れていきましょう。

お腹をいたわって過ごす

過敏性腸症候群ではちょっとした外部の刺激にも敏感になり、その影響がすぐにお腹の不調としてあらわれます。そのため、お腹が冷えたり、胃腸が受け付けないものを食べたりするとすぐに症状が出てしまいます。そうした状況を避けるために、普段からお腹を守る工夫をして過ごしましょう。

普段口にする飲み物は、腸を刺激するカフェインが含まれたコーヒーや緑茶の代わりに、ノンカフェインのハーブティーを飲むのが良いです。アルコールで症状が悪化する人もいるため、体質に合わない場合は控えるべきです。

また、過敏性腸症候群の人では、脂分の多い食事や辛いものを食べるとお腹を壊す人がいます。強い刺激がある食品はなるべく取らないようにすると、腹痛や便秘などの問題は少なくなります。

冷たい飲み物やアイスクリームなどを食べると下痢になるため、お腹を冷やす食品は避けた方が良いです。常にお腹が冷えて困っているという人は、お腹に「貼るカイロ」や「腹巻」を付けると腹部が温まり、ほっとした気分になれます。

自分なりのリフレッシュ方法を見つける

過敏性腸症候群の患者は、自覚がないうちにストレスが溜まっていて、ちょっとしたことが下痢や便秘の引き金になってしまいます。そこで、なるべくリラックスした生活を送るように心がけ、気分転換をするようにしましょう。

ストレスを日常から切り離してリフレッシュすることで、高ぶっている気持ちを穏やかにすることができます。

気分転換の手段として、アロマテラピーやゆったりとした音楽を聴く、読書をする、お笑い番組などを観て笑って過ごすという方法があります。

他にも、腸マッサージや深い深呼吸、ヨガ、瞑想(めいそう)をして「自分の心と体に耳を傾ける」ことも、体調不良の原因と向き合い、心身のバランスを整えるのに役立ちます。

急にトイレに行きたくなる症状が出なければ、外で軽い運動や散歩をしたり、ストレッチをしたりするのもお勧めです。運動をすると気分が軽くなって気分爽快になります。また、腸に適度な振動が加わり、正常なぜんどう運動がよみがえることで便通の改善効果が期待できます。

これまで見てきたように、過敏性腸症候群を治すには、腸の機能を回復させる栄養をたっぷり摂取して、リラックスした生活を送ることが重要です。休むときはしっかり休むように心がけ、心身に十分な休息と安らぎを与えることが過敏性腸症候群を治すカギになります。