アトピー性皮膚炎が発症する原因には様々なものがあります。ストレスやほこり、汗、花粉、衣類の刺激、大気汚染物質、タンパク質が多すぎる食事などが関係しているといわれます。しかし、要因がいくつにも及ぶため、原因を特定するのは難しいことが多いようです。

アトピー性皮膚炎になると、皮膚が乾燥してかゆみが増し、肌の表面からジクジクした浸出液(しんしゅつえき)が出てきます。浸出液は、炎症などによって細胞や組織が傷ついたときに、傷を治すために必要な栄養素や水分が血管の外に漏れ出てきたものです。

アトピー性皮膚炎を治すには、一般的にかゆみをおさえる塗り薬を使います。しかし、塗り薬だけでは症状が治らない場合、ストレスを減らしたり、生活環境を変えたりするなど、根本に立ち戻った対処が効果を発揮する場合があります。

根本治療のひとつに「腸内環境の改善」があります。腸の状態と皮膚の病気には関連性がないように思えますが、腸内環境が悪いとアトピー性皮膚炎になりやすいことが分かっています。

ここでは、規則正しい食事やストレスの解消、健康的な腸内環境を維持することが、アトピー性皮膚炎の改善にどう役立つのかを見ていくことにします。

アトピー性皮膚炎は過剰な免疫反応によって起きる

私たちの体には、病原菌やウイルスなどがやってきたときに、外敵を感知して侵入を防いだり、攻撃したりする仕組みが備わっています。これを免疫反応(めんえきはんのう)といいます。

免疫反応によって「私たちを構成している細胞」と「外からやってくる異物」を区別し、異物のみを排除することができます。免疫反応のおかげで、感染や病気を防ぐことが可能になり、体の健康を維持することができます。

しかし、この免疫反応が過剰に働いてしまうと、本来は異物ではないものに対しても攻撃してしまいます。その結果、私たちの体にとって害のない食べ物や花粉、微生物まで異物だと認識してしまい、自分の細胞を傷つけてしまいます。

私たちの体を守るはずの免疫反応が過剰になったことで生じるのが、アトピー性皮膚炎です。

アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患のひとつ

私たちの免疫反応が必要以上に働いてしまう状態をアレルギー反応といいます。アレルギー反応は、体を守る免疫システムが必要以上に働いてしまうことで、様々な不調をきたします。

アレルギー反応によって生じる病気をアレルギー疾患(しっかん)といいます。卵や牛乳、ハウスダスト、ダニ、花粉などアレルギーの原因となるものをアレルゲン(抗原:こうげん)といいます。

アレルギーによって引き起こされる疾患として、アレルギー性鼻炎(花粉症)、気管支喘息(きかんしぜんそく)、アトピー性皮膚炎などがあります。つまり、アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患のひとつなのです。

アトピー性皮膚炎の人の中には、気管支ぜんそくを併発している人が多いといわれています。

食物アレルギーやペットアレルギー、金属アレルギーなどは、症状を引き起こすアレルゲンを検査で特定するのは比較的簡単です。しかし、アトピー性皮膚炎の場合は、もともとアレルギーを起こしやすい体質だったり、アレルゲンの他にも寝不足やストレスなど他の要因が影響している場合があったりします。

また、ピティロスポルムというカビにアレルギー反応を示し、アトピー性皮膚炎を生じる人が増えていると指摘する専門家がいます。ピティロスポルムというカビは人の皮膚に存在するカビで、皮膚から脂を大量に分泌させ、ゆみやフケを発生します。

このように、アトピー性皮膚炎は、様々な要因が重なり合って発症するため原因が判明しにくい病気です。

アトピー性皮膚炎の症状

アトピー性皮膚炎の主な症状はかゆみです。乾燥肌や敏感肌の人の中には、季節の変わり目や体調の変化によってかゆみを感じる人が多いため、「乾燥によるかゆみ」だけでアトピー性皮膚炎と判断することはできません。

しかし、アトピー性皮膚炎は、「肌の乾燥」から始まることが多いようです。お風呂上りに肌が突っ張る感じがする場合や、保湿をしていても肌荒れや乾燥が気になる場合は、アトピー性皮膚炎の可能性があるかもしれません。

アトピー性皮膚炎の特徴的な症状として、我慢できないほどの強いかゆみ、湿疹(しっしん)、皮膚の乾燥、皮膚から水分や油分が失われてカサカサした状態になる、首の周囲の赤み・黒ずみ、皮膚が厚くなる、浸出液が出てジュクジュクする、といったものがあります。

アトピー性皮膚炎で生じるかゆみは、全身がかゆくて夜に熟睡することができず、寝不足になるほどひどくなる場合があります。「皮膚がかゆいけれど、かくと痛い。それでもかかずにいられない。」という悪循環におちいってしまうのがアトピー性皮膚炎です。

また、アトピー性皮膚炎は、かゆみや湿疹がよくなったり悪くなったりを繰り返します。さらに、アトピー性皮膚炎が原因で、まゆ毛の外側が薄くなったり、しこりのあるイボ状の痒疹(ようしん)がぽつぽつとできたりすることがあります。

アトピー性皮膚炎になると日常生活で問題が生じる

アトピー性皮膚炎が全身に及ぶほど症状が重症化すると、皮膚をかきむしって肌がボロボロになってしまうことがあります。こうした状況では、誰もが肌を隠したいと思うようになります。

オシャレを楽しみたい年頃でも、オシャレな服を着るよりも、肌を隠せる服を選んでしまいがちです。顔の症状を隠すために髪を伸ばして顔を覆ったり、マスクをつけたりしてなるべく顔を見られないようにしている人もいます。

自分の顔や腕、足を見られることに苦痛を感じ、「恥ずかしい」という思いから、家から出ることができなくなってしまう場合もあります。

アトピー性皮膚炎によって皮膚がただれてしまったために、性格や言動が変わることすらあります。以前は、明るくて社交的な性格だったのに、アトピー性皮膚炎の症状が重度になるにつれて他人に見られることに抵抗を感じ、人との関わりを避けるようになって、性格が暗く後ろ向きになってしまうことがあります。

このように、アトピー性皮膚炎による症状がひどくなると、個人の人生にも大きな影響を与えてしまう場合があります。

アトピー性皮膚炎の治療

アトピー性皮膚炎の治療は「かゆみを抑える」ことから始めます。アトピー性皮膚炎の治療薬には、症状や病気の進み具合に応じて使用できるよう、様々な種類があります。また、肌の水分を保つための保湿剤(ほしつざい)や漢方を用いる場合があります。

アトピー性皮膚炎の原因となっている、ストレスが増えすぎないように生活のバランスを整えることも、この病気を改善するのに役立ちます。

アトピー性皮膚炎に用いられる一般的な薬

「アトピー性皮膚炎は完治させることが難しい病気」といわれていますが、人によっては、ワセリンやヘパリン、尿素製剤(にょうそせいざい)、亜鉛華軟膏(あえんかなんこう)など、皮膚の水分を保ち、炎症を抑える塗り薬を使うだけで、アトピー性皮膚炎の症状がよくなることがあります。

しかし、アトピー性皮膚炎の症状がひどい場合には、より作用の強い塗り薬を組み合わせて使ったり、飲み薬を同時に使ったりすることがあります。

アトピー性皮膚炎に用いられる薬として、塗り薬(外用薬)、飲み薬(内服薬)、点滴療法があります。

塗り薬には、主にステロイド外用薬と免疫抑制外用薬があり、両方とも過剰な免疫反応を抑える働きがあります。

飲み薬には、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬があります。これは、皮膚のかゆみが消えない患者に対して処方されます。抗ヒスタミン薬はかゆみを起こす「ヒスタミン」という物質の働きを抑える薬です。抗アレルギー薬はかゆみや湿疹などを引き起こす、体内の過剰なアレルギー反応を抑える薬です。

また、飲み薬には、ステロイド剤や免疫抑制の飲み薬もあります。こちらは、塗り薬を使ってもかゆみやジュクジュクした浸出液が出続ける場合に、一定期間のみ使われることがあります。

さらに、注射や点滴、吸入薬によって直接、体の中にステロイド剤を入れる場合もあります。

しかし、ステロイド剤や免疫抑制剤は、作用が強く副作用が生じる場合があるため、医師の指示をしっかり守って使う必要があります。ステロイド剤の副作用は次章で説明します。

アトピー性皮膚炎とステロイド剤

アトピー性皮膚炎でステロイド剤を用いる場合は、どういう副作用が生じる可能性があるのかを理解しておく必要があります。

ステロイド剤による副作用として、皮膚が薄くなったり、血管が拡張(細い血管が浮き出る)したり、ステロイドの塗り薬を使った部分の免疫が落ちてしまうことがあります。

他には、顔が丸くなる(ムーンフェイス)、骨がもろくなる、ニキビができる、糖尿病になりやすくなる、免疫力が低下して感染症にかかりやすくなるといったものが報告されています。

しかし、ステロイド剤は、正しく使えばアトピー性皮膚炎に対して高い効果を発揮します。

患者の症状によっては、ステロイド剤は短期間のみ集中して用いて一気に炎症を抑え、炎症が治まったら使用する量や回数を徐々に減らしていく方法をとることがあります。こうすることで、ステロイド剤に依存してしまうことを防ぎます。

ステロイド剤の使用に関しては、副作用を恐れるあまり、患者が自分の勝手な判断で使用を中断してしまうことがあります。しかし、ステロイド剤の使用をやめてしまうと、今まで薬によって抑えられていた症状が再発することがあります。

すると、治療をする前の状態よりも、さらに症状が悪化してしまいます。これを、「ステロイド剤によるリバウンド」といいます。

ステロイド剤を使用する場合は、自己の判断で突然使用を中止せず、必ず主治医の指示に従うようにしましょう。

アトピー性皮膚炎に使用する保湿剤

保湿剤は、肌の水分を保つために使用されます。アトピー性皮膚炎の人は、肌が極度に乾燥しているため、肌を外敵から保護する「スキンバリア」が弱くなっています。

スキンバリアは肌の一番外側にある角質(かくしつ)という組織が、外部からの刺激や異物から私たちが病気にならないように守ってくれる仕組みです。しかし、角質の水分量が減って乾燥が進むと、スキンバリアの機能が低下し、外部からの刺激や異物が侵入しやすい状態になってしまいます。

アトピー性皮膚炎の治療に漢方を用いる場合がある

漢方薬もアトピー性皮膚炎に効果があると言われています。

温清飲(ウンセイイン)には、アトピー性皮膚炎のかゆみや乾燥、湿疹、皮膚炎を抑える働きがあります。

当帰飲子(とうきいんし)もアトピー性皮膚炎に有効だとされています。皮膚のかさつきを改善し、かゆみを抑えるのに有効です。

漢方薬は自然の草や木などの生薬(しょうやく)から作られているため、薬に比べれば副作用は少ないです。しかし、独特の苦みがあるため、人によっては服用が大変かもしれません。また、妊娠中の人や胃腸が弱い人などは、漢方を摂取しても問題がないか事前に確認する必要があります。

漢方は自分の体質や病気の症状によって、使われる種類や量が異なります。漢方に詳しい医師や専門家によるアドバイスを受けてから使うのが望ましいです。

自律神経を整えることでアトピー性皮膚炎を治す

薬に頼るだけでなく、自律神経(じりつしんけい)のバランスを整えることもアトピー治療に役立ちます。できるだけリラックスできる時間を作り、ストレスを溜めないような生活を送るようにしましょう。自律神経のバランスの乱れによる影響は、過剰な免疫反応として現れるからです。

自律神経の主な働きは、体の調子を整えて安定した状態を維持することです。自律神経は、私たちの意思に関係なく働く神経で、血圧や体温・脈拍の調節、消化・吸収などを行います。

自律神経には、体を活発に動かすときに働く交感神経(こうかんしんけい)と体と、心がゆったり落ちついているときに働く副交換神経(ふくこうかんしんけい)の2つがあります。正反対の動きをする2つの神経がバランスよく働くと体の調子は良くなりますが、バランスが乱れると体の調子は悪くなります。

常にイライラしている人やストレスを抱えて生活をしている人は、交換神経が過度に動いている状態になっています。交感神経が優位になると、食べ物を食べてもきちんと消化することができなくなったり、心拍数が増えてドキドキしたり、血圧が上がったり、便秘になったりします。

ストレスなどが原因でアトピー性皮膚炎が悪化している場合、交感神経が優位になっている傾向が高くなります。

自律神経が優位になることで免疫反応に関わる細胞の働きが活発化し、白血球(はっけっきゅう)の1種である顆粒球(かりゅうきゅう)が必要以上に血液の中に増えます。すると、不必要なアレルギー反応がおこり、私たち自身の細胞を壊す恐れが出ます。

一方で、副交感神経が優位になりすぎても問題です。交感神経よりも副交感神経の方が優位になると、白血球(はっけっきゅう)の1種であるリンパ球が必要以上に血液の中に増えます。その結果、不必要なアレルギー反応がおこり、ぜん息や花粉症、アトピー性皮膚炎を招くリスクが高まります。

このように、自律神経の片方だけが優位になると病気になってしまいます。過剰な免疫反応を起こさないためには、交感神経と副交感神経の2つの自律神経のバランスをとることが重要なのです。

自律神経のバランスを整えるためには、適度な運動や規則正しい生活、ストレスのない生活を心がけるようにしましょう。働き盛りの男性や忙しい主婦の方にはなかなか難しいかもしれませんが、自律神経を整えるための簡単な方法がいくつかあります。

ぬるめの温度のお風呂にゆっくり浸かったり、クラシックやJAZZなどのゆったりとした音楽をきいたりすると自律神経のバランスが整います。森林浴や公園を散歩したり、短時間でも趣味に没頭して気持ちを切り替えたり、ゆっくり食事をすることによっても自律神経のバランスを取り戻すことができます。

腸内環境を改善することでアトピー性皮膚炎が綺麗に治る

腸には多数の免疫細胞(めんえきさいぼう)が集まっています。

免疫細胞とは、免疫システムが出動する際に働く細胞の集団です。腸内環境が良好であれば、免疫システムが最適に機能することができます。しかし、自律神経のバランスが崩れ交換神経が優位の状態になってしまうと、免疫細胞を作る腸の働きも悪くなります。

アトピー性皮膚炎は体の免疫システムと大きな関りを持っていることは既に述べたとおりです。したがって、腸内環境を改善し、免疫細胞を正常に作り出すことがアトピーの改善に繋がります。

腸内を綺麗にするためには、普段摂取している食べ物に気を付ける必要があります。腸の機能を活性化させる食べ物を積極的に摂取することで、すこやかな腸を維持することができます。

ここでは、どんな食品が健康的な腸を保つのに有益かを見ていくことにします。

腸管には免疫細胞が集中している

私たち腸の中には、体全体の70%にも及ぶ免疫細胞が集まっていることが知られています。

この免疫細胞を活性化させているのが腸内細菌(ちょうないさいきん)です。腸内細菌は腸内に生息する微生物(びせいぶつ)のことです。腸内細菌の数は約1,000兆個ともいわれ、私たちの体が健康的であるかどうかを示すバロメーターにもなっています。

腸内環境が良好な場合は、腸内細菌のなかで善玉菌(ぜんだまきん)と呼ばれる菌が多く存在します。善玉菌には腸の機能を高め、免疫システムを適度なバランスに維持する働きがあります。

一方で、腸内環境が悪い場合は、悪玉菌(あくだまきん)と呼ばれる菌が増えます。悪玉菌は増えすぎることで体に好ましくない影響を及ぼします。悪玉菌は腸のバリア機能を弱め、外敵が体内に侵入しやすい状況を作り出します。

免疫細胞の殆どが腸内に存在していることから、免疫反応が適切に働くためには、腸内細菌の善玉菌を増やすことが不可欠になります。腸を健全にし、免疫システムのバランスを整えることで、アトピーの症状もよくなることが期待できます。

腸では異物が入り込まないようにブロックしている

私たちの腸では、免疫細胞を活性化する以外に、健康を維持するための重要な働きを行っています。

それは、腸管の内側にある壁で、異物や病原菌が体内に入り込むのを防ぐことです。私たちが普段口にしている食べ物に交じって、目には見えない細菌やウイルスが入り込んできまします。そうした有害な物質を排除しているのが、腸管の粘膜です。

腸の中に善玉菌がたくさん存在すると、腸が異物を取り除く「バリア機能」が高まり、有害な菌が入り込まないようにするための攻撃や排除が円滑に行われます。体内に外敵が侵入したときに作動する免疫反応は、まさにこの状態のことです。

しかし、悪玉菌が多いと、腸の壁や粘膜が傷ついて穴や損傷ができやすくなります。悪玉菌によって生産された毒性物質や活性酸素によって、腸の粘膜がダメージを受けてしまうからです。すると、腸のバリア機能が低下した状態になり、腸で異物を除去する力が弱まります。この状態をリーガット症候群といいます。

リーキガット症候群になると、有害な菌や消化されていない食べ物が腸内に次々に入り込んで、様々な病気を誘発してしまいます。例えば、便秘や下痢になったり、消化不良を起こしたりするようになります。

また、口臭や体臭がきつくなったり、ニキビや吹き出物が出やすくなったり、シミやシワが増えることにも繋がったりします。人によっては、アトピー性皮膚炎の症状が悪化する可能性があります。

このように、腸の中に悪玉菌が増えるということは有害菌が入りやすい環境を作ってしまうことに加え、あらゆる不調が目に見える形で起こるようになります。そこで、善玉菌を増やして腸内環境を改善することで、アトピー性皮膚炎の症状を解決していくことが求められます。

腸内環境を改善する食事の摂り方

アトピー性皮膚炎の人では、普段から有機米や有機玄米、有機野菜などを摂取するように心がけ、温度や湿度に注意し、ホコリや刺激物になるべく接触しないように気を付けていることが多いと思います。

そうした方法に加え、腸内環境を健全に保つための食事を意識して摂るようにしましょう。腸内環境が良好になると自律神経が整えられ、異常になった免疫システムのバランスが適切な状態に戻ります。

腸内環境を綺麗にするためには、善玉菌を増やす食品を摂るようにします。

ビフィズス菌や乳酸菌は、腸内の善玉菌を増やす代表的な食べ物です。また、食物繊維やオリゴ糖などは、善玉菌のエサとなるため、こうした食品も意識して摂りたい食品です。

善玉菌を増やす効率的な食べ方は、善玉菌を含む発酵食品と食物繊維、オリゴ糖をうまく組み合わせることです。

具体的な組み合わせの例は、「キムチと切干大根」、「きのこ類と味噌」、「バナナと豆乳ヨーグルト」などです。

他にも海藻やこんにゃく、野菜、果物、納豆やぬか漬け、チーズ、ヨーグルトなどを、まんべんなく組み合わせて食べることもお勧めです。特に、腸にとって良い食べ物は、食物繊維が豊富なバナナやリンゴ、ゴボウ、さつまいも、ひよこ豆です。

ヨーグルトをより効果的に食べるには、そのままのヨーグルトを食べるよりも、ヨーグルトに市販のオリゴ糖や食物繊維の多い果物を入れることです。

時間がなくて外食が続いたり、自炊するのが面倒だったりする場合には、善玉菌を含んだサプリメントを取り入れるのもひとつの方法です。

善玉菌を増やす食事を心がけ、腸内にある免疫細胞が適度なレベルに落ち着けば、過剰なアレルギー反応が穏やかになることが期待できます。腸の状態を改善し、アレルギー体質を改善することは、アトピー性皮膚炎を綺麗に治すための近道になります。