第9期 分子栄養学実践講座が始まります。

分子栄養学実践講座とは、

  • サプリメントの効かない原因を知りたい
  • 栄養状態の自己管理ができるようになりたい
  • 血液や毛髪、腸内環境検査が読めるようになりたい
  • 検査やサプリメント代金を少しでも節約したい
  • 具体的なサプリメントの処方量、優先順位を知りたい

という方のための、栄養療法に必要な全ての知識を網羅した総合栄養療法講座です。

根本原因を探し出す方法を身に着ける事で、「栄養療法を始めたが、効果の手ごたえを感じられない」医師、歯科医師、治療家の皆様でも、「効かないサプリを効かせる方法」を習得できます。

 

実践講座では何をやっているの?

分子栄養学実践講座では、その日のテーマに応じて、講義やセミナーが開催されます。

主に、午前中は医師や認定カウンセラーによる講義が開催されます。

お昼休みには、昼食時にサプリメント会社や検査会社によるランチョンセミナー(商品やサービスの紹介など)が開催されます。

午後からは、各自が持ち寄った検査結果(血液、尿、便、アレルギー、コルチゾールなど)をグループごとに解析する症例検討会を実施します。

血液検査をはじめ、各種検査の読み方(IgG、重金属、尿、便、コルチゾール、有機酸)、栄養素の代謝、高濃度ビタミンC点滴、安全なアマルガム除去、腸内環境、キレーション療法などの学術的な内容に加え、臨床データをを用いた症例発表などが行われます。

また、最先端の栄養療法の治療アプローチとして「遺伝子検査」や「メチレーション検査」などにも力を入れ、患者に対する多角的な治療法を取り入れています。

実践講座に参加することで、臨床の場で即座に役立つ検査結果の読み方やサプリ情報が得られます。同時に、ドクターや患者の垣根を超えて様々な人が集うコミュニティーならではの人材・情報交流が可能となります。

サプリメントありきにならない、根本的な原因を探る治療手段を提唱しているところが画期的です。「医科歯科連携」の強化も図り、幅広い視点から実践レベルでの栄養療法を習得することができます。

分子栄養学実践講座は「参加版」「WEB版+認定試験」「WEB版」の何れかで申し込み可能です。

講座名 実践講座 WEB版 WEB版+試験資格有
テキスト配信
映像配信
サプリメントリスト
コミュニティ参加
LIVE受講+症例検討会 × ×
個別メール質問 × ×
試験資格 ×

講座内容と受講の流れ

分子栄養学実践講座では、テキスト(eBOOK)、ビデオ配信、ライブ受講(会場でのセミナー)の3つの手段で勉強することがでっきます。

お申し込み
申し込み完了後に、受講者専用ウェブサイトのチケットが発行されます。
専用ウェブサイトからは、基本テキストとビデオを視聴することができます。

臨床検査について
症例の疾患の根本原因を探るためには、適切な問診と臨床検査が必要です。
症例検討会は、10月から各会場にて行います。
症例提示ご希望の方は、それまでに問診および臨床検査を終わらせてください。

会員ページからは、専用の問診表がダウンロードできます。
検討会で奨励する検査は、以下の通りです。
検査内容は、テキスト、ビデオ内で詳しく説明しています。

・基本血液検査(できれば必須)
・毛髪ミネラル検査(できれば必須)
・食物アレルギー検査(任意)
・総合便検査(任意)
・有機酸検査(任意)
・オリゴスキャン(任意)
・遺伝子検査、メチレーション検査(任意)

ライブ受講、検討会、認定試験

ライブ受講は、10~1月の4ヶ月にわたり、月1回東京で行います。
東京会場でのライブ受講はすべて録画し、ビデオ配信します。
月に1回京都・福岡にて、補習のための症例検討会を行います。

認定試験は東京・京都・福岡のいずれかの会場で受験可能です。

 

配信内容

○テキスト 基本編(全177ページ)
栄養と細胞の性質を知る

・基本の考え方・細胞単位で体を考える方法論
・血液検査の読み方・足りない栄養を読み取る方法
・ミトコンドリア編・エネルギー不足の原因
・細胞膜編・・・細胞膜の働きが細胞を左右する
・食事編・・・・自分にあった食事の見つけ方

 

○テキスト 応用編 (全138ページ)
サプリメントの効果を邪魔する要因と対処法

・隠れた感染症編
・甲状腺機能編
・副腎疲労編
・腸内環境改善編
・重金属の蓄積編

 

○テキスト 実践編
各疾患群には共通のアプローチがある

・疲労系疾患はミトコンドリア修復
・免疫系疾患は免疫正常化
・精神系疾患は脳神経伝達物質バランス
具体的な症例の解説も行っています。

 

○ビデオ配信内容
50種類もの細かいカリキュラムをご用意しています

・腸内環境を読み取る具体的な方法
・医学的に推奨されるサプリメントと入手法
・血液、唾液、尿検査から足りないサプリメントを読み取る方法
・腸内環境を読み取る具体的な方法
・実際の症例を元にした総合練習講座
・重金属の蓄積を読み取る具体的な方法
・具体的な改善事例の紹介、もしくは改善に至らなかった場合の予想される原因

第9期分子栄養学実践講座の日程

東京 

会場:東京八重洲ホール 東京駅 八重洲口徒歩3分 http://yaesuhall.co.jp/accessmap/

日時 10:00~12:00 13:00~15:00 15:00~17:00
9月10日(日) プレ講義「栄養療法を効かせるコツ」青木峰可・馬篭純子 臨床栄養医学研究会総会 総会
10月8日(日) 「栄養素基礎講座(ビタミン・ミネラル)」宮澤賢史 「尿中アミノ酸検査について」宮澤賢史 症例検討会
11月12日(日) 「慢性疲労に対するアプローチ」宮澤賢史 「アトピー・自閉症に対するアプローチ」宮澤賢史 症例検討会
12月10日(日) 「ミネラルアンバランスと精神疾患の漢方によるアプローチ」小池雅美先生 「LIVE!!症例解析」小池雅美先生 症例検討会
1月21日(日) 「ファスティングの理論と実際」山岡玲子先生 「総括」宮澤賢史 認定試験

 

京都

会場:鈴木形成外科・CHOICE 京阪電車三条駅9番出口 徒歩1分 http://choice-hs.net/

日時 10:00~12:00 13:00~15:00 15:00~17:00
9月24日(日) プレ講義「栄養療法の基本的な考え方」宮澤賢史(福岡より中継) 症例検討会 症例検討会
10月22日(日) 「検査の読み方」橋本伊有子先生 症例検討会 症例検討会
11月26日(日) 「遺伝子について」宮澤賢史 「メチレーションについて」宮澤賢史 症例検討会
12月24日(日) 「栄養素別基礎講座(アミノ酸)」宮澤賢史 「サプリメントのエビデンス解説」宮澤賢史 症例検討会
1月28日(日) 「質疑応答」宮澤賢史(福岡より中継) 「総括」宮澤賢史(福岡より中継) 認定試験

 

福岡

会場:リファレンスはかた近代ビル会議室 JR博多駅 筑紫口徒歩3分 http://www.re-rental.com/kindai/access/

日時 10:00~12:00 13:00~15:00 15:00~17:00
9月24日(日) プレ講義「栄養療法の基本的な考え方」宮澤賢史 症例検討会 症例検討会
10月22日(日) 「検査の読み方」宮澤賢史 症例検討会 症例検討会
11月26日(日) 「遺伝子について」宮澤賢史(京都より中継) 「メチレーションについて」宮澤賢史(京都より中継) 症例検討会
12月24日(日) 「栄養素別基礎講座(アミノ酸)」宮澤賢史(京都より中継) 「サプリメントのエビデンス解説」宮澤賢史(京都より中継) 症例検討会
1月28日(日) 「質疑応答」宮澤賢史 「総括」宮澤賢史 認定試験

認定試験について

修了認定試験に合格された方には認定修了証が発行されます。

実践講座を修了する事は分子栄養学のエキスパートを意味します。
認定医、認定カウンセラーの取得も可能です。

試験に合格された方には、講座終了後、臨床分子栄養医学研究会に入会される事で認定医、認定カウンセラーになることも可能です。

※認定試験に関しては、実践講座事務局(冨田)までお問い合わせ下さい。
Tel:070-5360-0869  Mail:info@orthomolecularmedicine.net

講師の紹介

宮澤 賢史
分子栄養学実践講座 主宰
医師 医学博士
臨床分子栄養医学研究会 代表
医科歯科連携診療普及協会 会長

宮澤医院にて問診事項と多くの血液、尿、唾液検査などにより疾患の原因を追究し、その原因に対する根本治療を行っている。
2001年から栄養療法を開始 ライナスポーリング博士の提唱する分子整合栄養医学を医療に取り入れた観点からの医療を展開。2012年9月より 分子栄養学講座主催(現在までに累計36回終了、のべ参加人数は750人以上)

小池 雅美
分子栄養学実践講座 特別認定指導医
医師 完全予約制・紹介制のこいけ診療所院長

顔貌、姿勢などから患者の栄養状態を言い当てる優れた洞察力で、多くの患者を改善に導く。
実践講座の症例検討会でもそのパフォーマンスはいかんなく発揮され、同席希望が殺到している。

日本東洋医学会専門医、日本医学放射線学会 放射線診断専門医、検診マンモグラフィ読影認定医師、高濃度ビタミンC点滴療法認定医

石川 佳和
分子栄養学実践講座 認定指導医
歯科医師 歯学博士
医療法人愛和会桜川歯科医院理事長
鶴見大学歯学部歯科補綴学講座助手
日本歯科用Nd-YAGレーザー学会理事

国内外の歯科専門雑誌、研究論文、学会発表多数 。研究業績は高く評価されている。
実践講座における血液検査の読み方など基礎のわかりやすい指導に定評がある。

青木 峰可
分子栄養学実践講座 特別認定指導カウンセラー
栄養療法カウンセラー
スクエナーセラピスト
ワイルドフラワーエッセンスセラピスト

子供の不調をきっかけに栄養療法に出会い、栄養療法カウンセラーとして活動を開始。
活動する中で、体の中からのアプローチだけでは満足できず、体の外からのアプローチとしてスクエナーを学ぶ。
また顕在意識へのアプローチとしてコミュニケーション心理学を。潜在意識へのアプローチとしてワイルドフラワーエッセンスを学び、ホリスティック(全人的)なコンサルティングを得意とする。

橋本 伊有子​
分子栄養学実践講座 認定カウンセラー
薬剤師、生薬・漢方認定薬剤師
京都糖尿病療養指導士
スポーツファーマシスト
抗加齢医学会認定指導士
情報推命学鑑定士
造顔・深層造体リンパセラピスト

薬では改善しない病気になった時分子栄養学と出会い、人は心と体の両方が整って元気なるという考えのもと、体と心両方からのアプローチで人生改善のカウンセリングを行っている。

栄養療法.jpからのお申し込みはこちら(新規申し込みのみ)

第9期分子栄養学実践講座(2017年9月開講)

参加版 受講価格 ¥150,000(税別)
申し込む


WEB版+試験 
受講価格 ¥100,000(税別)
申し込む


WEB版 
受講価格 ¥50,000(税別)
申し込む

 

特典だけ購入されたい方はこちらから

下記の特典セット:2万円(税別)

過去に実践講座に申し込みされた方で、特典を希望される方には、期間限定で有料で販売します。ご希望の方はこちらより申し込んで下さい。
申し込む

特典のご案内

栄養療法.jp経由で第9期分子栄養学実践にお申込み頂いた方には、下記の特典を無料で贈呈致します。

特典は「参加コース」と「WEBコース」のどちらに申し込みして頂いても付きます。
ただし、無料特典は「新規申し込み者」の方のみ対象です。

特典は申し込み後、1週間以内にお送りします。

特典紹介

今回は各自が掲げるゴールや目的に最短で到達できるよう、実際に勉強を始める際にお役に立つような学習教材や便利なツールを無料特典としてたくさんご用意しました。色々な種類の特典をご用意したので、どれか一つでも活用して頂けたら幸いです。

今回無料で差し上げる特典の中には、現在数万円で販売されているものも含まれます(泣)
栄養療法.jp経由でお申込み頂いた方のみ、下記の特典を無料で差し上げます。
他のページからお申し込みした方には特典は付きませんのでご注意下さい。

特典1. MTHFR メチレーション基礎講座 日本語版ビデオ(2時間)

YouTubeで公開されているベン・リンチ博士による基礎講座を日本語訳してナレーションを付けたものを無料公開します。2時間にわたる動画教材です。10,800円で販売中の教材です。
画像の説明

2014年に開催された「メチレーションセミナー」の際に、参加者のドクターは全員この動画を見て、予習した上で講義に臨みました。

長時間にわたり最初は理解するのに時間を要するかもしれませんが、このビデオを見れば、エピジェネティクスやメチレーションに関する初歩的な知識を得ることができます。

特典2. 宮澤賢史×ジャック・チャレム 共同執筆文献

ニュートリションレポーター2015号の会員のみ販売している短編論文。

国際オーソモレキュラー医学 定期刊行誌 2015年11月号 掲載
The Journal of Orthomolecular Medicine Number 2015

宮澤賢史 医学博士 宮澤医院
故ジャック・チャレム 米国栄養学会会員による共同執筆論文
「免疫グロブリンG(IgG)フードアレルギー:有用性に議論の余地なし」
英語原文と日本語翻訳版の2種類を無料で贈呈します。
画像の説明

特典3. 栄養素について書かれたサイトのまとめ一覧表 (全47項目を網羅)

タンパク質、アミノ酸、トリプトファン、リジン、トレオニン、バリン、ロイシン、炭水化物、脂質、多価不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸、水溶性ビタミン、葉酸、ビタミンB1~12、C、A、D、E、K、ミネラル、マグネシウム、ナトリウム、リン、硫黄、塩素、カリウム、亜鉛、モリブデン、ヨウ素などについて、詳細を記載しているウェブサイトを厳選して収録。

これを見れば、いちいちネットで検索する手間も省けます。
画像の説明

特典4. うんちポスター

病院トイレや待合室に掲示できる便利なA4サイズのうんちポスター
問診時や患者の腸内環境の把握にもご利用頂けます。
画像の説明

特典5. うんちと食事日記 2種類

毎日の食事内容とうんちのコンディションを記載する日記表
①間食ありバージョン
②間食なしバージョン

病院での食事指導や患者の腸内環境の把握にご利用下さい。
画像の説明画像の説明

特典6. 23andMe遺伝子検査 輸入代行

23andMe遺伝子検査 輸入代行の権利を贈呈(税込:43,200円)

現在、「医科歯科連携診療普及協会」及び「臨床分子栄養医学研究会」のみに提供しているサービスです。本来であれば、会員にならないと申し込むことができません。

今回「分子栄養学実践講座」をお申込みされた方は、上記の学会会員にならなくても、23andMe遺伝子検査 輸入代行にお申込みすることができるようにしました。
画像の説明
既に「臨床分子栄養医学研究会」の方は、ご連絡下さい。この遺伝子検査は検査結果が出るまでに1ヶ月以上かかります。早めにお申込みされるのをお勧め致します。

特典7. 英文メールでの質問代行 ひとり3回まで

10,800円で会員にのみ提供中のサービスです。海外でオーソモレキュラー医学・栄養療法を実践するドクターに対して英語で質問したい場合、ひとり3回までメール作成の代行を承ります。
画像の説明

一回の質問内容は、A4サイズ半分程度までとします。海外のドクターからの返答は、日本語に翻訳します。4回目以降にかかる費用は有料となります。継続してメールでのサポートをご希望の方は、指定の口座に事前に振り込んで下さい。
特定の病名診断の依頼や医師免許を必要とする医療行為に該当する内容は対象外とします。

メール質問例:

  • ウィリアム・ショーに有機酸検査の読み方について質問したい
  • ベン・リンチにメチレーションの代謝図に関して教えて欲しいことがある
  • ウィリアム・ウォルシュに生化学タイプの臨床データについて質問したい
    ..などのリクエストにお答えします。
    ※「実践講座」が終了する7月23日(日)まで受け付けます。

多くの人にとって有益となる情報だと判断された質問・回答に関しては、栄養療法.jpやブログ等でご紹介させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

特典8. 無料Skypeセッション

通常有料で提供しているSkypeセッション(30分:5,400円)を無料でご提供します。7月23日までの期間でご都合の良い日時をお知らせ下さい。

特典9. 新規オンデマンドのコンテンツ

上記の特典は、現在販売中の教材が多く含まれていますので、既に単品で購入された方もいると思います。既に持っている特典を重複して差し上げても申し訳ないですので、第9期から新規で申し込みされた方(+有料購入者)には、新しいコンテンツを追加したいと思います。

ただ、どういうコンテンツを提供するかは未定です。皆さんから寄せられた要望や疑問点、実践講座に参加している人の様子を見ながら、私がこういうのがあったら便利だろうなあと思うものを提案しようと思っています。

ですので、オンデマンドコンテンツとしてどういう特典がプレゼントされるか、楽しみに待っていて下さい。
実践講座が始まったら、みなさんにアンケートを取るかもしれないので、良かったら回答して下さいね。皆さんのニーズに応じたツールを作りたいと思っています。

特典だけ購入されたい方はこちらから

上記の特典セット:2万円(税抜)

申し込む

※栄養療法.jp経由での購入や特典に関して質問があればいつでもお問い合わせ下さい。

実践講座に関する問い合わせはこちら

実践講座の内容や認定資格に関する質問は事務局(冨田さん)までお願いします。

URL: http://www.bunshieiyou.com/
Tel:070-5360-0869
Mail:info@orthomolecularmedicine.net