ビタミンB2の基本情報

名称 ビタミンB2
化学名 リボフラビン
化学構造 ヘテロ環状イソアロキサジン環に糖アルコールのリビトールが結合している
活性型 フラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)、フラビンモノヌクレオチド (FMN)
生理作用 ・皮膚や髪、爪、粘膜など、細胞の成長や再生を促進する
・糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変える際に、補酵素(ほこうそ)として働く
・過酸化物質(かさんかししつ)という有害物質の分解に関わる(過酸化脂質は動脈硬化などの血行障害を起こす)
・赤血球の形成や抗体(こうたい)の生産、甲状腺を活性する
多く含まれる食品 レバー、納豆、卵、乳製品(プロセスチーズ)、魚(ししゃも・丸干しいわし・うなぎ)、特に魚の皮に多い
欠乏症状  口唇炎(こうしんえん)、口角炎(こうかくえん)、舌炎(ぜつえん)、脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

ビタミンB2に関するポイント

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の正常な健康を保つ働きがあります。また、肌荒れや髪のトラブルの改善、口の中の炎症の予防にも効果的です。反対に、欠乏した場合には、皮膚や粘膜に炎症がおこる可能性が高くなります。

ビタミンB2は、脂質をエネルギーに変える働きがあるので、ダイエットに効果的です。また、目の充血や疲れ目の改善も期待できる栄養素です。生活習慣の予防にも欠かせない栄養素です。

加えて、成長ホルモンの合成に関わるため、成長期の子供には特に大切な栄養です。ビタミンB2を十分に摂取をしていないと、成長が停滞することがあるので気を付けなければなりません。

推奨摂取量は、成人男性で1.4~1.8ミリグラム、成人女性で1.0~1.4ミリグラムとされています。

ビタミンB2は熱に弱いので、過熱せずとも食べられる食品は「過熱せずに摂取する」ことが効率よく摂取できるポイントです。また、ビタミンB2は光に弱いので、光を遮る容器で保存することが大切です。

ビタミンB2は水溶性のため、体内で余分になったときは、尿を通じて体外に排せつされます。そのため、過剰摂取による体への影響は少ないと考えられています。しかし、これはビタミンB2が体内に溜めておけないことを意味します。そのため、毎日摂取する必要があります。

ビタミンB2の歴史

成長促進因子(growth factor)として知られており、かつてはビタミンGと呼ばれていました。

ビタミンB2のサプリメント(参考)