ビタミンB12の基本情報

名称 ビタミンB12
化学名 コバラミン
化学構造 ビタミンB12(シアノコバラミン)
活性型 メチルコバラミン、アデノシルコバラミン(メチルB12)
生理作用 ・葉酸と協力し合って赤血球中のヘモグロビン生成に働く
・神経細胞内の核やタンパク質の合成、修復を行う
・メチオニン回路のホモシステイン濃度を下げる
・葉酸回路の酵素反応で補酵素(ほこうそ)として働く
多く含まれる食品 レバー、あさり、かき、のり
欠乏症状 巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)

ビタミンB12に関するポイント

ビタミンB12の1日あたり目標摂取量は、成人で男女共に2.4µgです。

ビタミンB12は、胃の粘膜から分泌される内因子(ないいんし)と結合し、小腸で吸収されます。

摂取する際のポイントは、葉酸(ビタミン9)やビタミン6といったビタミンB群と一緒に摂取することです。こうしたビタミンB群は互いにに協力して働くため、1種類だけではなく数種類を同時に摂取するのが望ましいです。

また、ビタミンB12は水に溶けやすいので、加熱調理で栄養分が失われないように注意が必要です。

ビタミンB12は通常の食事をしていれば不足する可能性は低いです。しかし、胃や腸の手術などによって胃腸の消化・吸収能力が低下している人や動物性食品を好まない人、菜食主義(ベジタリアン、ビーガン)の人では、ビタミンB12が不足することがあります。

特に、胃の全摘手術を行ったあとは、「ビタミンB12と鉄の欠乏が同時に起こる」ことが多いとされています。

分子整合栄養医学やオーソモレキュラーを実践する医師の中には、ビタミンB12のサプリメントを摂取する場合、患者の症状や体質に応じて異なるタイプのビタミンB12サプリを使い分けることがあります。

アデノシルコバラミンやシアノコバラミン、メチルコバラミンなどの種類があります。どのビタミンB12を使えばいいのかは、主治医に相談しましょう。

ビタミンB12の歴史

ビタミンB12はビタミンB群のひとつですが、名称にある「12」という数字は発見された順番を表しているわけではありません。発見された当時、続々と他のビタミンB群の成分が明らかになったため、余裕をもって大きめの数字をつけたといわれています。

ビタミンB12のサプリメント(参考)