イオウの基本情報

名称 硫黄(イオウ)
化学記号 S
化学構造 イオウを含むニンニクには、「アリイン」と呼ばれるスルホキシドという天然成分が含まれている。
生理作用 ・アミノ酸、ビタミン、ホルモンなどの化合物の構成元素
・野菜などの成分と結合して硫黄化合物となり人体に有益をもたらす
・ニキビの予防と改善に役立つ
・爪、軟骨などの組織をつくる
多く含まれる食品 ニンニク、にら、玉ねぎ、長ネギのネギ類、牛肉、羊肉、卵、大根など
欠乏症状 皮膚のしみ、しわ、抜け毛、枝毛、爪がもろくなる、関節の病気、ニキビ、水虫、肝疾患(かんしっかん)など

イオウに関するポイント

イオウはシスチン(アミノ酸)に含まれ、アミノ酸が結合したタンパク質の構成要素となります。

イオウは、カルシウム、リンに次いで人体に多く、約112g存在する重要なミネラルです。

イオウを含んだアミノ酸を、含硫アミノ酸(がんりゅうあみのさん)といいます。含硫アミノ酸には、メチオニン、システイン、ホモシステイン、タウリンなどがあります。

メチオニンは肝機能を高めます。また、血中のコレステロール調整、アレルギーの原因となるヒスタミンの血中濃度などを調節します。

システインは髪や爪を丈夫にします。メラニンの生成を抑え、シミを予防します。タウリンは肝機能を守ります。ホモシステインは、メチオニンを活性化するのに必要な必須アミノ酸ですが、過剰に摂ると動脈硬化(どうみゃくこうか)の原因になります。

イオウを含んだ化合物を、硫黄化合物(いおうかごうぶつ)や含硫化合物(がんりゅうかごうぶつ)と呼びます。主な種類には、アリシン、アリイン、アホエン、イソチオシアナート、アリルメチルトリスフィド、ジアリルスルフィドなどがあります。こうした成分は、上の表に記載した食品に多く含まれています。

イオウは、ビタミンBと1共に糖質や脂質をエネルギーに変える働きをします。また、イオウには解毒作用(げどくさよう)、殺菌・殺虫作用があるので、水虫などの皮膚の病気になったときに、軟膏(なんこう)や塗り薬に使用されます。

一般的な食事をしている限り、イオウが過剰になることはありません。しかし、サプリメントの大量摂取などでイオウが過剰になると、動脈硬化のリスクが高くなります。

イオウに注意が必要な人

分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学では、キレーション療法や有害重金属の解毒の際に、イオウを含んだ食品や薬剤を用いることがあります。イオウには、金属と結合して体の外へと排せつする働きがあります。

「安全なアマルガム除去」を行う前に、イオウを含んだサプリメントを摂取するのも、こうした理由からです。

ただし、イオウを含んだ食品や薬剤、サプリメントを摂取しても問題がないか、事前に確認しなくてはいけない人がいます。遺伝子に脆弱性があるために、イオウを体内で分解することができない体質の人がいます。

遅延型フードアレルギーでにんにくや玉ねぎなどの数値に高い反応を示した人は、イオウに耐性(たいせい)がない可能性があります。イオウを含んだ食品や薬剤に接触しても大丈夫か、主治医に確認しましょう。

また、エイミー・ヤスコやウィリアム・ショー、ベン・リンチらが提唱する「バイオロジカル(生化学的)療法」に即した自閉症・発達障害の治療を行っている場合、イオウを含む食品を食べると症状が悪化する人は、「イオウを含む食品を控えるよう」医師から指導されることがあります。

イオウを含む食品や薬剤を摂取するときには注意が必要な人がいますので、必ず主治医に相談して下さい。

イオウのサプリメント(参考)