多価不飽脂肪酸の基本情報

名称 多価不飽脂肪酸
化学構造 分子の炭素鎖に二重結合が2つ以上あるものが多価不飽和脂肪酸
生理作用 ・多価不飽脂肪酸には、n-3系列(オメガ3)とn-6系列(オメガ6)があるn-3系列(オメガ3)は、細胞膜・生理活性物質で、身体の仕組みにとって大切な物質
・コレステロールを増やし、血栓を防ぐ作用があるので、動脈硬化を予防する効果があるn-6系列(オメガ6)は、コレステロール値を下げる働きがある
・他にも、血小板の凝集を抑え子宮を収縮して月経や出産に関わりがある
多く含まれる食品 n-3(オメガ3)系 えごま油、あまに油、青魚など
n-6(オメガ6)系 紅花油、ひまわり油、コーン油、大豆油、ごま油、肉、菓子、加工食品など
欠乏症状 皮膚炎、発育不良、特に脳との関わりは深く、集中力、学習力、記憶力が低下する可能性が高まる

多価不飽和脂肪酸に関するポイント

多価不飽和脂肪酸(たかふほうわしぼうさん)は、脂肪酸の1つで脂肪酸とは一般的には、脂質や油などのことをいいます。

脂肪酸には、飽脂肪酸と不飽脂肪酸があり、不飽脂肪酸も又、多価不飽脂肪酸と一価不飽和脂肪酸(いっかふほうわしぼうさん)に分かれます。多価不飽脂肪酸には、n-3(オメガ3)とn-6(オメガ6)があります。

一価不飽和脂肪酸は体内で合成することができます。しかし、多価不飽和脂肪酸は体内で合成できず、もしくは、合成ができたとしても量が非常に少ないため「必須脂肪酸(ひっすしぼうさん)」とも呼ばれています。多価不飽和脂肪酸を補給するには、食物やサプリメントなどから得る必要があります。

多価不飽脂肪酸は、体内で固まりにくく血液中の中性脂肪やコレステロールを調整を助ける作用があるため、「中性脂肪やコレステロールを減らす」、「血圧を下げる」などの予防効果が期待できます。

その反面過剰に摂取すると肥満に繋がりやすくなり、他にも「善玉コレステロール」まで減らしてしまうため、アレルギー症状が悪化したり、乳がんや心筋梗塞などの病気を引き起こす可能性が高くなります。

脂肪酸は「不飽和脂肪酸」「一価不飽和脂肪酸」「多価不飽和脂肪酸」に分かれていますが、それぞれに重要な役割があるのでバランスよく摂ることが大切です。一日に最適な摂取量は「不飽和脂肪酸:3 一価不飽和脂肪酸:4 多価不飽和脂肪酸:3」の割合で摂取することが望ましいとされています。

多価不飽和脂肪酸の歴史

脂肪酸の研究は1800年代から行われていました。1813年~1823年にかけてミシェル・ユージン・シュヴルールによって脂肪は「脂肪酸とグリセリン」のエステル様結合物であることが発見されました。

20世紀に入ると、多価不飽和脂肪酸は「コレステロールを低下させる」ことが認められ、医療分野に役立てられるようになりました。

多価不飽和脂肪酸のサプリメント(参考)