リンの基本情報

名称 リン
化学記号 P
化学構造 細胞膜を構成するホスファチジルコリン。
生理作用 ・骨と歯を形成する
・細胞膜を形成する
・リン酸化合物として細胞内でエネルギーを合成したり、様々な化学反応を行う
・ビタミンB1やB2と結合し、酵素反応を活性化させる補酵素(ほこうそ)として糖質の代謝を促進する
多く含まれる食品 いわし丸干し、シシャモ、いくらなどの魚介類、奥田豆腐、きな粉、納豆などの大豆類、卵黄、豚レバー、ハム、脱脂粉乳、プロセスチーズなど
欠乏症状 溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)、疲労、心筋症、骨や歯の形成障害など

リンに関するポイント

体内において、リンはカルシウムの次に多いミネラルです。リンは、一人当たりの体重1%を占め、成人には最大850g含まれます。(85kgの人の1%=850g)

体内に存在するリンのうち、85%はカルシウムやマグネシウムと結合して歯や骨を作ります。残りの15%は、たんぱく質や脂質、糖質などと結合し、筋肉や脳、神経のあらゆる細胞に存在します。

リンは、エネルギーをつくるATP(アデノシン3リン酸)の構成成分でもあります。

リンは食品添加物や加工食品、スナック菓子などに多く含まれ、不足することよりも、摂りすぎに注意が必要なミネラルです。

カルシウムとリンのバランスは1:1~1:2です。リンが血液中に増えすぎると、バランスを保つために骨からカルシウムが血液中に放出され、骨がスカスカになるリスクが高まります。

カルシウムの摂取が少ないときはリンを大量に摂取するのは控えた方がいいでしょう。リンが多く含まれる加工食品などを多く摂ったときは、カルシュウムも多く摂るなどしてバランスを保つことが大切です。

リンの歴史

リンは原子番号15の元素で、1669年、ドイツの錬金術師 ヘニッヒ・ブラントが発見しました。ヘニッヒ・ブラントは金を生み出すのが目的で人間の尿を腐食させ、それを蒸発させていましたが、その過程で偶然リンを発見しました。

リンのサプリメント(参考)