フェニルアラニンの基本情報

名称 フェニルアラニン
略号 Phe
化学構造 フェニルアラニン:側鎖にベンジル基を持つ
生理作用 ・フェニルアラニンは、体内でいくつかの化学反応を経て、ドパミンやノルエピネフリン(ノルアドレナリン)、エピネフリン(アドレナリン)へと代謝される。・上記の神経伝達物質(しんけいでんたつぶっしつ)は、精神状態を興奮させて、血圧を高くし、記憶力・集中力を高める。また、ストレスに対抗するホルモンとしても機能する。
・特に、ノルエピネフリンとエピネフリンは「攻撃ホルモン」と呼ばれ、外部からのストレスや敵と戦う。
多く含まれる食品 牛乳、卵、肉、アーモンド、大豆、ごま、ピーナッツ、そば
欠乏症状 無気力、疲労感、記憶力低下、うつ病など

フェニルアラニン関するポイント

フェニルアラニンには、天然に存在するL-フェニルアラニンと合成でできたDL-フェニルアラニンがあります。一般的にフェニルアラニンと表記される場合、「天然に存在するL-フェニルアラニン」のことを指します。

フェニルアラニンは、「アルコール禁断症状」の改善に使用されることがあります。

また、メンタルに対して効果があり、病院に行くまでもないが気分が落ち込むなどは、毎日の食事から積極的にフェニルアラニンを摂るようにすると、気分が比較的落ち着く場合があるとされています。

DL-フェニルアラニンは、鎮痛剤(ちんつうざい)として使用されます。脳内では痛みを軽減する、「エンドルフィン」という物質が分泌されていますが、体内の酵素により破壊され、分泌されても長く作用することができません。その酵素の働きをDL-フェニルアラニンは阻止して、痛みを軽減するエンドルフィンの作用を持続させます。

慢性的な痛み(むち打ち、慢性関節炎、慢性腰痛など)などに、フェニルアラニンは効果を発揮します。ただし、即効性はないため、ある程度の時間を要します。

抗うつ薬などを服用している場合、抗うつ薬に既にフェニルアラニンの成分が入っている場合があります。抗うつ薬とサプリメントで二重にフェニルアラニンを摂取すると、過剰となる危険性があります。抗うつ薬を服用している人で、フェニルアラニンのサプリメントを摂取する場合は、必ず主治医に相談しましょう。

また、妊娠中の女性が、フェニルアラニンを摂取する場合も、注意が必要です。毎日の食物からフェニルアラニンを摂ることは問題ありませんが、サプリメントなどで過剰摂取すると、胎児に生じる先天性欠損症(脳障害など)のリスクが高くなると指摘する声があります。

また、母乳での保育中におけるフェニルアラニンのサプリメント使用は、十分な安全が確認されていなません。

さらに、フェニルケトン尿症の人は、フェニルアラニンを摂取することで、症状が悪化します。例として、血圧を上げる可能性があります。

ダイエット食品や清涼飲料水、ガム、キャンディなどに使用されている人工甘味料の「アスパルテーム」の摂取にも気をつけるべきです。

アスパルテームは、フェニルアラニンやアスパラギン酸を原料にして作られています。そのため、妊娠中の女性やフェニルケトン尿症の人は、この人工甘味料(アスパルテーム-Lフェニルアラニン化合物)を摂取すべきではないとして、注意喚起がなされています。

フェニルアラニンのサプリメント(参考)