メチオニンの基本情報

名称 メチオニン
略号 Met
化学構造 メチオニン:イオウを含んだ疎水性のアミノ酸。※疎水性(そすいせい:水に馴染みにくい性質)
生理作用 ・遺伝子のスイッチをオン・オフにするメチル供与体のSAMe(サミー)を合成する
・アレルギーの原因となるヒスタミンの血中濃度を低下させる
・うつ病などの精神病を改善させる
・肝機能を高める
・育毛を促進する
・血液中のコレステロール値を下げ、活性酸素を取り除く
多く含まれる食品 牛肉、鶏肉、マグロ、カツオ、インゲンマメ、豆腐、ほうれん草、ニンニク、カシューナッツ
欠乏症状 メチレーション異常、動脈硬化、抜け毛、むくみ、感染症、結石、アトピー性皮膚炎など

メチオニンに関するポイント

メチオニンは肝臓の代謝を向上させて、脂質を分解しやすい体を作ってくれます。しかし、お酒を多く飲む人は、メチオニンを大量に消費します。その結果、脂質が溜まり、肝脂肪になりやすくなります。

メチオニンを過剰に摂取すると、吐き気、むかつき、めまい、興奮が生じたり、動脈硬化のリスクが高くなったりします。

統合失調症患者の人がメチオニン不足になると、人によって混乱、せん妄(意識障害、頭が混乱した状態)が生じる場合があります。

肝臓の機能に問題がある人がメチオニンを過剰に摂取すると、さらに肝臓の状態が悪化することがあります。

また、メチオニンを大量に摂取すると、体からカルシウムが排出されてしまいます。骨粗しょう症や高齢者など、骨に問題がある方は、メチオニンを摂取する際には注意が必要です。

また、妊娠している女性や授乳中の女性がメチオニンのサプリメントや薬を摂取することは、安全性が確証されていないため、摂取は避ける必要があります。妊娠中や授乳中の女性でメチオニンサプリを検討している方は、必ず主治医に相談しましょう。

また、「メチオニンPET検査」は、妊娠中・授乳中の女性が受けるのは望ましくないとされています。

メチオニンのサプリメント(参考)