森 由美

薬剤師
TokyoDDクリニック 食事指導カウンセラー
NPO法人薬害研究センタースタッフ
IFRリフレクソロジスト
ホリスティックハーバルプラクティショナー(JAMHA)
食と健康の学問所 tantan.toオーナー

自らの大病をきっかけに、西洋医学だけに頼ることに疑問を持ち、サプリメント、東洋医学、メディカルハーブ、アロマテラピー、リフレクソロジーなどの代替療法を学び始める。

分子整合栄養医学に出会ったことをきっかけに、これまで抱いていた医学に対する考えや向き合い方が大きく変化。

内海聡医師が院長を務めるTokyo DD Clinicに在籍し、がんをはじめとした生活習慣病やアレルギーなどの、様々な疾患に対する栄養指導と勉強会の講師を務める。なるべく薬を用いずに、食事療法や各種の統合医療を用いて患者の病気を改善するための研鑽を積んできた。

昨今では、子供を育てる母親向けの勉強会を主催するなど、活動の場をますます広げている。

2017年には、食と健康の学問所「tantan.to」をオープン。食べることの本質を見直すきっかけとなる場所、未来を生きる子どもたちと家族が元気になる場所、人と人がつながる場所を提供したいとの想いを具現化した。

「tantan.to」の由来は、100歳まで生きた祖母にちなんだもの。内陸である京都は、元来海の産物は少ないため、地産地消、採れるもの、手に入りやすいものを食べ、「日々淡々と」食や生活に向き合っていたことから名付けた。

生き物にとって肉体と心は統合されたもの。エネルギーを与えてくれるものに意識を向け、生命の仕組みを考え直し、「生きること」や「食べること」を自分で判断できるようになることの大切さを患者らに伝えている。

家族の健康を守り子どもを育てる女性として、将来を生きる子ども達に栄養素の大切さ伝えていくことをモットーに日々邁進している

森由美カウンセラーによる情報発信

食と健康の学問所【tantan.to】