馬篭 純子

分子栄養学認定カウンセラー

20代で経験した過食症や機能性低血糖症による摂取障害、アトピー性皮膚炎を経て、体質改善のためにマクロビオティック、ベジタリアン、ナチュラルハイジーン、ローフードなどありとあらゆる食事療法を試した経験を持つ。

こうした食事療法を実践しても治療の結果が芳しくなかったことを受け、2012年より分子整合栄養医学をスタート。

食事の改善やサプリメントの摂取、生活スタイルの見直しなどにより、アトピー性皮膚炎や花粉症、機能性低血糖症、貧血、疲労感を完治させることができた。

自身が勉強してきた分子整合栄養医学の知識やスキルを更に高めるべく、分子栄養学実践講座に参加。

分子栄養学認定カウンセラーの資格を取得後は、自身の知識や体験に基づいた情報発信を行い、ひとりでも多くの患者にとって有益となる活動を推進している。

「身体の栄養状態は、健康状態と精神状態の両方に大きく影響する」という考えのもと、栄養療法を治療の選択肢のひとつとして提案。

「身体と精神」の不調を改善することを目的に、アンチエイジング、体質改善、料理教室などのイベントを主催している。

馬篭 純子カウンセラーによる情報発信