ジャック チャレム

Jack Challem
パーソナル栄養コーチ
ニュートリションレポーター発行人
American Society for Nutrition 会員

学生時代にオーソモレキュラー精神医学と出会ったことをきっかけに、栄養素が身体に及ぼす影響について研究を重ね、パーソナル栄養コーチや医療ライターとして活躍した。

ライナス・ポーリング、ヒュー・リオルダン、エマニュエル・チュラスキンら、分子整合栄養医学の黎明期に活躍した偉人たちとの交流を深め、米国やカナダにおけるオーソモレキュラー精神医学における調査活動や情報発信を行ってきた。

特に、カナダ人精神医学医であったアブラハム・ホッファーからは強い影響を受け、オーソモレキュラー精神医学に関する直接の指導を受けるなど「師匠と弟子」とも言える深い信頼関係を構築。

ホッファーが主催するセミナーにゲストスピーカーとして登壇し、国際オーソモレキュラー学会が発行する機関誌に寄稿するなど、際立った実績と存在感を残した。

生前は、会員プライベート栄養カウンセリングを行う傍らで、1,000本以上の冊子の記事、20冊以上の医療・栄養に関する書物を出版すると共に、一般向けのセミナーや、医師・業界団体向けのスピーチも多数開催。

大の親日家でもあった彼は、5回以上来日しており、「食べ物が心に与える影響」や「慢性炎症を抑える食事」に焦点を当てたセミナーを行った。

穏やかで柔らかいトーンの講義は初心者でも分かりやすく、料理の方法や最新のサプリメント情報など実践的な方法論を踏まえた内容は、日本人の聴取からも好評を博す。

また、栄養素に関する科学的エビデンスを示した「ニュートリションレポーター」の発行を通じた、「科学的文献に基づいた栄養素の効果」の研究をライクワークとした。

2017年4月に天寿をまっとうするまで、オーソモレキュラー精神医学における立役者として精力的に活動を推進し、この業界に大きな貢献を果たした。

ジャック・チャレムの代表書籍

The Inflammation Syndrome:インフラメーション・シンドローム
The Food-Mood Solution 食べ物と気分
No More Fatigue:ノーモアファティーグ

ジャック・チャレムのセミナー(日本語 逐次通訳)

サプリと食事で炎症を抑え、病気を癒す方法
ノーモア・ファティーグ
ニュートリション・レポーター(日本語版)