分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学は、医師や歯科医師のみならず、様々な立場の方が学習・実践しています。

看護師や歯科衛生士、カウンセラーなど、直接的な医療行為を行うことができない人であっても、病院での仕事やセミナーなどで分子整合栄養医学の方法論を取り入れている人は大勢います。

こうした動きは、臨床心理士や管理栄養士、理学療法士、作業療法士、柔道整復師、保健師など、いわゆる「コメディカル」と呼ばれる人たちにも広がっています。

加えて、エステティシャンやセラピスト、コーチングの分野に応用する人も、徐々に増えてきているようです。

ここでは、医療従事者やヘルスケア、メンタルヘルスといった健康産業の仕事に携わる人たちが、どのようにして分子整合栄養医学と出会い、理論を習得し、実際の仕事に取り入れているかをご紹介します。

同じ職業に従事している人で、これから分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学を本格的に学びたいと考えている人は、是非参考にしてみて下さい。