分子整合栄養医学、栄養療法、オーソモレキュラー精神医学を学ぶ

ホーム > 栄養療法の治療アプローチ > カンジダ除去(治療)

カンジダ除去(治療)

カンジダ菌が増えてしまう様々な要因

日常生活を送る上でカンジダ菌が増えてしまう原因には様々なものがあります。自分では気を付けているつもりでも、ストレスが蓄積したり、糖質が多い食生活を送っていたりすると、カンジダ菌が過剰に増えてしまうことがあります。 抗生剤 …

カンジダの基礎知識

カンジダとは カンジダとは正式名称をカンジダ・アルビカンスと呼ぶ真菌の一種で、どんなヒトの身体にも存在するカビの仲間です。真菌とは、簡単に言えばカビのことです。 カンジダは口腔内から消化管、性器、肛門に存在しますが、大部 …

カンジダ感染を調べる検査や治療法

sdf カンジダが異常増殖しているかを調べる検査 有機酸検査以外に、カンジダの異常増殖を検査する方法はいくつかあります。便検査や遅延型食物レルギー検査などでもカンジダの項目があるので、検査結果を頼りにしてみるのもいいでし …

カンジダ除去

カンジダアルビカンスの基礎知識 カンジダの基礎知識 カンジダ菌が増えてしまう様々な要因 カンジダ感染を調べる検査や治療法 カンジダ感染に関する動画 分子整合栄養医学 15. カンジダについて 遅延型フードアレルギー検査と …

自宅でできる簡易テスト

カンジダを検査する血液検査や便検査、アレルギー、有機酸などの検査は非常に有用ですが、高額であり、通常の病院では行っていないことも多い カンジダ感染しているかどうかを調べるのに、 自宅で簡単に出来る方法があるので、ご興味の …

町の病院では診てくれない?

カンジダとはヘルペスのように、 性交渉が原因で感染する性病のように見なされているが決してそうではない カンジダが増える原因は山ほどあり、生活習慣や食生活、薬剤の必要など、どれもが身近で起こることばかりだ 症状も口や性器の …

生体システムへの影響3

カンジダ代謝副産物のアラビノースも難治性の疾患を抱える患者では高い値で出ることが確認されている 健康なヒトでは殆ど検出されないアラビノースだが、 カンジダ膣炎や統合失調症の患者、自閉症児から多く検出されることが判っており …

生体システムへの影響2

カンジダと低血糖症との関連性も認識されている カンジダは甲状腺に影響を及ぼすため、組織内呼吸や正常な代謝能力が低下してしまう また、プロゲステロンやエストロゲンなどのホルモン代謝を直接阻害するので、血糖調節をかき乱され、 …

生体システムへの影響

カンジダ感染によって、目には見えない形で健康被害が出ることもる カンジダの代謝副産物である酒石酸がTCA回路の酵素反応を阻害するため、 正常なエネルギー合成が妨げられてしまう 慢性的に続く疲労感やだるさ、力が出ない、やる …

目に見える症状

カンジダの異常により、明らかな異変が見られることもある こんな症状が出ると、要は全身がカビだかけ…ということになる

様々な症状

カンジダ感染によって引き起こされる症状をまとめてみた カンジダ膣炎を始めとして、性器や肛門の痒み、消化器系、呼吸器系に出現する場合や、皮膚や爪、口腔内に症状が広がることもある 他にも、カンジダは正常な代謝活動を邪魔するた …

異常な増殖の原因

腸内フローラが変質し、カンジダが異常に増殖してしまう原因には様々なことが考えられる 感染、炎症などによる免疫力の低下 抗生剤を用いた治療 避妊薬・ピルの使用 薬剤の服用 生活習慣・食生活の乱れ ストレスや加齢・老化 歯科 …

無料メルマガご案内

実践医療機関ご案内

薬剤師、管理栄養士、カウンセラー等のご紹介

初心者向け分子栄養学セミナーご案内

分子生物学者 福岡伸一 ドクターのための特別アカデミー

会員専用サイト

カテゴリー

最新のブログ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 栄養療法 All Rights Reserved.