分子整合栄養医学、栄養療法、オーソモレキュラー精神医学を学ぶ

ホーム > 未分類

未分類

栄養カウンセラーを目指す

分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学のカウンセラーとして、活躍したいと考えている人は年々増えているようです。 一口に「カウンセラー」といっても、カウンセラーとしての働き方には何通りものパターンがあります。また、あなた …

水銀蓄積を起因とする疾患例

水銀蓄積を起因とする疾患例 ◇慢性疾患 アトピー、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、腎障害、肝障害、リウマチ(関節炎)、多発性硬化症(MS)、うつ病、貧血、副腎疲労、低血糖症、糖尿病、高脂血症・肥満、パーキンソン病 …

有害重金属の代表格-水銀

有害重金属の代表格であるのが水銀が 自然界に存在する水銀 自然界に存在する水銀は、岩石や土壌に含まれ 火山の噴火や地殻変動による大気中への排出を経て、 雨となって河川や海水、地表に降り注ぐ 辰砂(しんしゃ)と呼ばれる鉱石 …

有害重金属検査の意義

免疫疾患や神経障害など、患者の主訴の原因特定に、 これら重金属の影響を考慮する事の重要性を強く認識するドクターは少なくない 単純に血液検査から栄養素の過不足を導いて、 食事指導やサプリ処方をするだけでは根源的な完治に至ら …

糖尿病とデヒドロアスコルビン酸

還元剤として機能するビタミンCは、 他の物質に電子を与える事で、自らは化型ビタミンCに変化する 酸化したビタミンC は、デヒドロアスコルビン酸(DHA)と呼ばれ、 無害な物質となって排泄されたり、 グルコース輸送を介して …

酸化の原因・活性酸素

活性酸素とは (ROS: Reactive Oxygen Species) 活性酸素とは、反応性に富む酸素の総称を指す 酸素に基づく代謝機構を備えた好気性生物にとって、 文字通り酸素は必要不可欠な物であり、酸素欠乏に陥る …

ライナス・ポーリング

ビタミンC点滴は栄養素・生化学研究の第一人者であるライナス・ライナスポーリングによって提唱された治療法である事は、創始者でも触れた通り 量子力学や化学、分子生物学、免疫学など多岐に及んだ 天才型であった彼は、分子や結晶構 …

機能性低血糖症の診断・治療

低血糖症の専門講座 第6期 分子栄養学実践講座には ゲスト講師として新宿溝口クリニックの溝口医師が招かれ 『血糖調節のトラブルと自律神経失調』の講義を実施した。 長年、低血糖症(耐糖能異常)の患者を治療してきた臨床データ …

低血糖症 関連書籍

低血糖症と精神疾患治療の手引 マリアクリニック 柏崎 良子 低血糖症の発生機序、神経伝達物質の働き、生体内の代謝経路、 症例などを分かりやすく、網羅的に記した書籍 低血糖症に関する包括的な理解を導き出せる、医療関係者にも …

機能性低血糖症パターン

75gブドウ糖負荷試験  1. 反応性低血糖症 反応性低血糖症 1時間後に血糖ピークを迎えた後を追って、インスリン分泌開始 3時間後には、血糖が一気に急降下 低値になった血糖を上げるべく、交感神経が作用し、再度急激な血糖 …

重金属、必須ミネラル

水銀や鉛、カドミニウム、アルミニウムなどの有害重金属が体内に蓄積されているかと同時に、それらを体外に出す「排泄能力」を見る検査 有害重金属の体内蓄積でも触れた通り、現代人は農薬やワクチン、塗料、歯科修復物などから重金属中 …

動画で学ぶ栄養療法

分子整合栄養医学の基礎 初心者でも理解できる最新の分子整合栄養医学セミナー ミトコンドリア内で生産されるエネルギー ヒトの細胞膜のはたらき I. 分子整合栄養医学の基礎知識 1/3 I. 分子整合栄養医学の基礎知識 2/ …

ミトコンドリアの働き

ミトコンドリアは、タンパク質、脂質、炭水化物を消化・吸収した後にエネルギーを生産する場所だ ミトコンドリアでエネルギー生産する際には、ビタミン群や鉄などのミネラル、コエンザイムQ10などの酵素を必要とする タンパク質、脂 …

細胞膜の働き

■細胞膜の働き 細胞膜は脂質という油の成分でできているため、私たちの細胞は柔軟性・流動性に富んだ性質を持っている 細胞膜は脂質、タンパク質、コレステロール、糖から成り、特に膜の大部分を占める脂質はリン脂質から成っている …

核の働き

■核の働き 細胞の中心にあるのが核だ 核の中にはDNAがあり、両親から子供へと引き継がれる遺伝情報が書き込まれている DNAは細胞分裂のたびに複製される また、DNAはmRNAによる転写を経て、更にtRNAとリボソームと …

分子整合栄養医学の基礎知識

栄養療法は、身体にとって必要な栄養素を指摘量摂取することで細胞の働きを最大限に引き上げたり、生体機能を高めたり、免疫機能を強化すること説明した 栄養素を沢山摂取して健康な体をつくるというの漠然とイメージできるが、 具体的 …

対応疾患

疾患名 サプリ 予防・治療法 副腎疲労症候群 ビタミンC、グルタチオン、マグネシウム、副腎抽出物(エキス) こちら パーキンソン病 アスタキサンチン こちら がん ビタミンA・ビタミンE、イソフラボン、ビタミンC、βグル …

無料メルマガご案内

実践医療機関ご案内

薬剤師、管理栄養士、カウンセラー等のご紹介

初心者向け分子栄養学セミナーご案内

分子生物学者 福岡伸一 ドクターのための特別アカデミー

会員専用サイト

カテゴリー

最新のブログ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 栄養療法 All Rights Reserved.