脳からうつが消える低糖質レシピ
溝口 徹、大柳 珠美 (著)

 

 

 

 

 

 

 

 

脳から「うつ」が消える食事の実践版として出版されたレシピ集です。糖尿病予防からの観点ではなく、うつや不定愁訴を改善する目的から書かれた一冊です。

溝口徹先生は以前よりうつ症状は高糖質な食事によってもたらされると主張してきました。

本書では、栄養素(タンパク質)摂取を起点とした脳内神経伝達物質の合成過程を分かりやすく図式し、「脳の栄養不足」から心の病をタイプ別に解説しています。うつの原因となっている 脳の栄養不足 を会食するための低糖質・高タンパクな献立が満載です。

レシピ担当は、糖質制限・栄養療法を専門とした超売れっ子管理栄養士、大柳珠美さん。
患者の嗜好や食に対する価値観、現代の食文化を踏まえた上で、極端な我慢や忍耐力を強いない、実践可能な糖質制限を提案しています。

「抜く時は抜き、食べる時は食べる」という同氏の持論には共感が得られます。

今すぐに作れる手軽で実用的なメニューが沢山掲載されており、読者としては今すぐに試せる料理ばかりでうれしい限りです。

詳細は書店で実本をお手に取って頂きたいが、ここでは一部をご紹介します。

 

鶏ひき肉と野菜のミートローフ
画像の説明

高野豆腐のスナック
画像の説明

おからのガトーショコラ風
画像の説明

栄養療法の一環として糖質制限を実践する人にとって参考になる書籍です。