こんにちは。奥田です。

先週から告知していましたが「超簡単ウェブサイト構築ガイドブック」は今日の18時に一斉配信します。

当初は「栄養療法.jp経由で実践講座に申し込みしてくれた方」への9つ目の特典にする予定でしたが、読者の方から是非読みたいというリクエストを頂戴したので「全員に無料公開」することにしました。

しかし、これでは「栄養療法.jp経由で実践講座に申し込みしてくれた方」にとって不公平なので、後で追加の無料プレゼントをお渡しします。

第8期と第9期の「栄養療法.jp経由で実践講座に申し込みしてくれた方」は、暫くお待ちください。

ガイドブックの構成と注意事項

「超簡単ウェブサイト構築ガイドブック」を配布する前に、テキストの構成についてお話しておきたいと思います。

◆超簡単ウェブサイト構築ガイドブックの構成
①理論編
②自分のコアを作る編
③実践編
④Q&A
⑤ブログやウェブで情報発信する時のコツ(音声5本:8月以降配信)

  1. 自分の軸(コア)や世界観を確立する方法
  2. 読者に役立つ「価値ある情報」とは
  3. 自分の「ターゲット読者」が分からない時に頼れる人物とは
  4. 顔出し・本名出ししないでアクセス数をアップさせる方法
  5. 人は何に対して「対価」を払うのか
    ※音声配信のテーマは変更の可能性あり

【注意】

  • ④は7月24日までに個別に質問を寄せて下さった方のみに無料で配布します。(配布は8月以降)
  • ④と⑤は栄養療法.jp経由で第8期・第9期分子栄養学実践講座に申し込み頂いた方に無料で差し上げます。
  • 上記のいずれにも該当しない場合、④と⑤は有料で購入可能です。

メインは自分のコアを作ること

ガイドブックは上記の5つで構成されていますが、最も大切なテキストは「②自分のコアを作る編」です。

極論を言えば「②自分のコアを作る編」にだけ真剣に取り組んで貰えれば、後はサラッと読み流すだけで十分です。

先日の岡崎さんとの対談でも触れましたが、自分のブログやウェブサイトで情報発信する上では、自分が発信する情報のコンセプトやテーマが明確に決まっていなければなりません。

明確なコンセプトやテーマがないままに、箱だけ用意しても薄っぺらい中身の情報になってしまいますし、自分の意識の方向づけができなくなります。

 

このとき、ブログのコンセプトやテーマを支える「大きな柱」として存在するのが「軸(コア)」です。

「軸(コア)」とは、行ってみれば「自分がどういうフィルターを通じて世界を見ているか」ということです。

 

自分のコアが不在のまま情報発信に着手してしまうと、一体自分は何のためにブログをやっているのかが分からなくなり、自分の立ち位置が定められず、読者に伝えたいメッセージも曖昧でぼんやりしたものになってしまいます。

栄養療法に関して、他人が言っていることをそのまま引用するだけになってしまったり、狭い範囲でしか物事を語れなくなってしまいます。

すると、他人の意見なのか自分の意見なのか段々混乱してきます。

偏った視点からの情報になりやすくなるため、自分が書いた記事に「発展性」を感じられなくなってしまいます。

こういう状況になると、ブログを書いている方も読んでいる方も飽きてきてしまい、「役立つ情報を発信して、多くの人から共感を得る」という目的が果たせなくなってしまいます。

その結果、自分のモチベーションも下がってきてしまうので、徐々に記事を更新する気力も失ってしまいます。

 

こうした事態になるのを避けるために不可欠なのが「自分の軸(コア)」なのです。

コアさえあれば、いつでも自分の「原点」に立ち戻ることができるようになります。

栄養療法を独自のフィルターを通じて見るとどうなるか

自分の軸(コア)を作るという意味において、「独自のフィルターを通じて世界を見ることが大切」と言いましたが、読者の中にはピンと来ない人がいるかもしれません。

「独自のフィルターを通じて世界を見る」というのは、端的に言えば「自分だけのオリジナルのストーリーや世界観を読者に伝えるということ」です。

詳しくはガイドブックを読んで頂きたいですが、その前に少しだけここでフライング公開したいと思います!

 

たとえば、普段わたしたちが実践している栄養療法について、「体の仕組みや構造」を「人間社会」に置き換えて説明することができます。

体は様々な器官で成り立っていて、それぞれが自分の持ち場で、役割分担を行っています。

そして各組織(臓器)によって、必要とする栄養素も大きく異なります。

その時々で、活躍している組織もいれば、ゆっくり休んでいる組織もあります。

 

これは「人間社会」と全く同じです。

 

多種多様な人たちが、自分に課せられたタスクを遂行することで、会社という組織の運営が回ります。

また、会社従業員が使う情報や資材があるように、細胞にも必要な情報や栄養素が存在します。

 

こういうフィルターに気づくことができれば、「体の細胞と会社員は一緒だ」と見立てることができ、独自のフィルターを通した栄養療法の物語を紡ぎ出すことができます。

 

「体の仕組みや構造」を「人間社会」に置き換えると、どういうストーリーができあがるか、実際に書いてみましょう。

 

どうも、こんにちは~。
僕の名前は赤血球です。

僕は「人間ボディ株式会社」という会社で働いていて、各部署に必要な栄養分を運んでいます。

1ヶ月くらい前にこの会社に入社しました。
まだ新入りです。

うちの会社は、タンパク質と呼ばれる「社長」が組織全体を牛耳っています。

一応、人間ボディ株式会社は、60兆個の細胞株主で成り立ってるんですが、議決権の5割以上をタンパク質の社長が持ってるんです。

僕自身も自社株持ってますが、微々たるものです…( ノД`)

 

うちの社長のタンパク質なんですが、とにかく目立つし、発言力があるんですよ。

いわゆる「体育会系」ってやつで、イケイケどんどん・根性論系なんです。

いつもアドレナリン出まくり~!みたいなタイプで、僕はちょっと苦手です…

 

この前なんか、もっとタンパク量を増やしたいからって、「プロテイン」の追加融資を受けるように社長命令が来たんですよ~。

 

そしたら、大腸の部長が激怒しちゃってー。

「腸内改革を先に進めて不要な悪玉菌をリストラすることが先決なのに、追加で融資を受けるなんて。
今の現場のオペレーションじゃあ、業務が回らないから追加融資は時期をずらしてくれって、以前から忠告してたのに!

今の大腸の状態で組織にプロテインなんか入れたって、業務を細分化できる部隊がいないんだから、無駄な利息が増えるだけだ! 不良在庫が増えて、循環が停滞してしまう!

一体何を考えてるんだ、うちのタンパク社長は(怒)」

 

僕たち赤血球は下っ端なので黙って見てるしかなかったんですが、大腸部長はかなりご立腹な様子でした。

近くにいる「盲腸の事務員さん」が、大腸部長をなだめすかすのに苦労してたみたいですよ。

やれやれ…(-_-;)

 

ところが、大腸部の怒りを聞きつけた「肝臓の生産部門」「腎臓の産廃部門」の責任者がこれに便乗しましてね。

「いや~、うちの部門も設備がだいぶ老朽化してるから、「プロテイン」じゃなくて、「ビタミンB群とミネラル」を回してくれ!」って騒ぎ始めたんですよ。

肝臓部と腎臓部の言い分によれば、「人間ボディ株式会社」の全体最適化を考えると、今は「プロテイン」じゃなくて、「ビタミンB群とミネラル」の方が先決だって言うんです。

60兆個いる細胞株主にも納得して貰えるはずだから「ビタミンB群とミネラル」でいいだろうって…

 

至極まっとうな意見に聞こえますが、大腸と肝臓と腎臓は結託してますからね~。
どうぜきっと、裏で「根回し」してたんでしょう。

自分たちにとって都合の良い栄養分を、今期の予算に組み入れたかったんだと思いますよ。

 

でも、彼らの目論見は外れちゃったんだなあ~。

 

後日、経営戦略部のDNAからお達しがありましてね。全員呼び出しですよ。

 

「3か年計画の目標として既にタンパク量の増加を見込んでコーポレート資料を作っている。プロテインの追加融資の事業計画書も提出したから、今さら撤回できない。」って。

 

大腸と肝臓、腎臓の部長らは、みんなその場で厳重注意を受けたらしいですよ。

大腸部長は、ただでさえストレスでまいってたのに、さらに機能が低下しそうな勢いです。

 

まあでも、DNAには誰にも逆らえないですからね。うちの会社の司令塔ですからね~。

何たって、タンパク合成量をコントロールしてるのは、DNA部隊ですからね。

DNAには誰も口出しできやしません。

会社組織のヒエラルキーってやつですよ。

僕も組織のトップに上り詰めてみたいけど、しょせん僕ら赤血球は、こき使われて終わりなんだ…(愚痴)

 

 

ああそういえば、この間、脳の神経細胞から「セロトニン増加」の要請があったらしいです。

あそこの部署は構造が複雑で、何やってる部署か業務内容をイマイチ理解できてないんですけど、タンパク社長も神経細胞には逆らえないから、トリプトファンからセロトニンへの代謝を増加させるよう工場をフル稼働させたんですよ。

 

うちの会社の本当の支配者は、実は脳なんじゃないかって、もっぱらの噂です…

 

どうでしょうか?

かなりふざけた栄養療法のブログではありますが、印象には残るはずです。

栄養療法の仕組みを「擬人化」して伝えた人など、今までいませんでしたから。

 

業界初の試みです!

誰かこれでブログ始めて下さい(笑)

 

こういう切り口で栄養療法を解説してる人っていないから、読者にもすぐに覚えて貰えますね。

 

一見関係無さそうに見える「栄養素」と「人間社会」を融合させることで、ふたつの分野に多くの共通点があることが知れますし、結果的に、栄養療法のことを深く理解する事ができるようになります。

 

読者に対して「楽しく、分かりやすく栄養療法を勉強して貰う」という機能も提供することができるようになります。

 

これを実現させるための方法が、「独自のフィルターを通じて世界を見る」ということなんですね。

独自の視点を加えると、無味乾燥な「体のしくみ」や「栄養素のはたらき」も、オリジナルのストーリーとして語ることができます。

だから、自分のブログに独自性を持たせ、他のブログとの差別化を図るために「独自のフィルター」を持つことは必須不可欠です。

ガイドブックでは「独自のフィルター」を作る方法を解説しています

今回、全員に無料配布する「超簡単ウェブサイト構築ガイドブック」では「自分の軸(コア)」を確立して、オリジナルの世界観を伝えるための思考法と実践法についても詳しく解説しています。

自分のブログを他の人と一味も二味も違うものに変えるために、様々な工夫を凝らすことができます。

このとき、取り扱うトピックが「栄養療法」である必要はありません。

音声対談で登場してくれた岡崎さんのように、自分が得意とするテーマという大きな枠組みの中で、栄養療法をひとつのネタとして掲げても構いません。

ガイドブックは今日の18時に公開します

というわけで、「超簡単ウェブサイト構築ガイドブック」は本日の18時に一斉公開します。

欲しい方は、是非ダウンロードして下さい。

Q&Aと音声も欲しいという人は、有料の申し込みページも用意したのでそこからアクセスして下さい。

 

追伸:

8月6日(日)に「報発発信セミナー」を都内で開催します。

セミナーでは、参加者同士でディスカッションしながら「②自分のコアを作る編」を実際に体験してみるワークショップを行います。

自分の軸(コア)が決まったら、その場でコンテンツ(記事)を一気に5本作ってしまう作業も行います。

ワークを通じて(1)自分の軸(コア)を見つけ、(2)その場でアウトプットも行う ことをセミナーで実践します。

セミナーが終了した段階で、自分のブログの記事が5本できているという内容です!

セミナーの案内を希望する人はこちらから申し込みして下さい☆彡

 

ではまた(^^)/