精神疾患の中でウォルシュが最も力を入れていた病気のひとつが「うつ病」です。

他の精神疾患と同じように、うつ病が発症してしまう原因も完全には解明されていません。

ストレスや遺伝的問題によって、脳内の神経伝達物質が増えすぎたり、減り過ぎたりすることが原因だと考えられています。
こうした脳内の神経伝達物質の濃度にかたよりがあるために、情緒や行動に障害を生じてしまう考えを「モノアミン仮説」と呼んでいます。

モノアミンに区別される神経伝達物質は、ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどがあります。

その中でもノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニンが精神疾患に大きな影響を与えているとされ、うつ病ではこうした物質をターゲットにした治療が展開されています。

画像の説明

うつ病とセロトニン

モノアミン仮説を前提にした際に、治療の中心に据えられるのが「セロトニン」です。

うつ病の患者では、脳内の「セロトニン」が減少し、セロトニン神経伝達の機能が低下していることが知られています。

セロトニンは興奮した神経を抑制することで、精神状態を安定化させます。幸福感や安心感をもたらす物質でもあるため、セロトニンが十分にあることで副交感神経が優位になり、呼吸や思考も落ち着いて、リラックスした気分になれます。

また、寝つきをよくし、質の良い睡眠を得るのに欠かせないメラトニンは、セロトニンを材料にして合成されます。ですから、セロトニンの減少がメラトニン不足に繋がり、結果として不眠や睡眠障害が引き起されるとも考えられています。

うつ病の症状

先にも触れたとおり、うつ病の患者では脳内のセロトニン濃度が低下していると考えられています。

うつ病になると下記のような症状が出始めます。

・気分がふさぎこんで、いつまでも落ち込んでいる
・何をしても楽しめない
・まったくやる気が起こらない
・自分の人生に意味を見いだせない
・希望が持てない
・仕事や勉強に集中できない
・食欲、性欲がなくなる
・疲れやすい
・頭痛やめまい、便秘や下痢などの身体的な症状が伴う場合もあります

SSRIの登場

うつ病の患者は脳内でのセロトニン濃度が低下していることから、
脳の受容体にセロトニンが「再取り込み」されないようにする薬が1980年代頃より頻繁に使用されるようになりました。

SSRI:選択的セロトニン再取り込み阻害薬です。

脳では無数の神経細胞が連結しています。神経が繋がっている部分(シナプス)で、神経細胞に情報を伝える役割を果たしているのがドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質です。

セロトニンは一度情報を伝えると神経細胞に再び取り込まれてしまいます。そこで、SSRIはこの再取り込みを抑えて、シナプスのセロトニンを減らさないように働きます。

SSRIはセロトニンに対して特異的に作用し、セロトニンがトランスポーターによって再吸収されるのを阻害する薬なのです。

画像の説明

SSRIにより一度放出されたセロトニンが脳に吸収されないため、脳内のセロトニン濃度を一定に維持することができます。
脳内のセロトニンが増えるので、うつ病や強迫性障害に一定の効果が出る場合があります。

SSIRには、ルボックス、デプロメール、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロなどの種類があります。

日本はもとより、世界のうつ病治療ではSSRIが治療の主流になっています。

皆同じではないうつ病

長年の治療の経験から、ウォルシュ博士は「うつ病には5つの生化学的タイプ」があることを発見しました。

治療の過程で、うつ病の患者の中にはSSRIが良く効いた人が存在した一方で、SSRIが効果を発揮しない患者がいることをウォルシュは知っていました。
中にはSSRIの使用で返ってうつ病が悪化してしまった人もいたそうです。

そして、この事は「葉酸」に対しても同じように当てはまることをウォルシュは突き止めます。

これらうつ病の患者は、メチレーション回路を回すために必要な「葉酸」に対しても様々な反応を示していました。

ある患者が葉酸サプリで元気を取り戻した反面、他の患者では葉酸サプリによって気分はますます落ち込むようになってしまいました。

トライアンドエラーを繰り返しながらうつ病患者の治療に邁進したウォルシュ博士は、膨大な数のうつ病患者のデータを蓄積するに至りました。

・うつ病患者の血液、尿の生化学的解析データ:230,000件
・うつ病の症例数:320,000件

ウォルシュ博士自身が「世界一のデータベースだ」と自負するのも納得がいくほどの数です。

うつ病の5つの生化学的タイプ

何十年に及ぶうつ病治療とデータ分析から、ウォルシュ博士はどうしてうつ病の患者によってSSIRや葉酸に全く違う反応が示されるのかを調査しました。

その結果、うつ病には5つの異なる生化学的タイプ(バイオタイプ)があることが判明しました。

そして、それぞれの生化学タイプに応じて別々の治療アプローチが必要であることを突き止めたのです。

1. 低メチル化型うつ
2. 銅過剰型うつ
3. ピロール型うつ
4. 有害金属型うつ
5. フォレート不足型うつ

低メチル化の患者は遺伝子発現が過剰になっている

ウォルシュ博士が治療してきたうつ病患者のうち、実に38%(約4割)もの人が「低メチル化」であることが分かりました。

加えて「低メチル化型うつ」の患者では、血中ヒスタミンが上昇しているのと、SAMe/SAH比が低下していることも認められました。
SAMe/SAH比というのは「メチレーション検査」で調べることができます。

「低メチル化型うつ」の患者ではメチル化が減少しているため、不必要な遺伝子の働きを抑制することができず、その遺伝子によってコントロールされている生体の機能が過剰になる傾向があります。

実際に、神経細胞から放出されたセロトニンを再び細胞内に取り込む役割を担っている「セロトニントランスポーター」というタンパク質が過剰に働いていることが分かりました。

「セロトニントランスポーター(輸送体)」の遺伝子が通常よりも多く発言しているために、セロトニンが神経細胞内に取り込まれやすくなり、その結果としてセロトニンの神経伝達量が低下していたのです。

こういう患者は脳内のセロトニンが少ないです。

ですから、こうした患者ではSSRIを投与して脳内のセロトニンが増えると、うつ症状が改善されました。
「低メチル化型うつ」ではSSRIが奏功することの裏付けが取れたのです。

「低メチル化型うつ」の性格

自分がうつ病であった場合、5つのタイプの中で「低メチル化型うつ」に属するかどうかを判断するには、普段の行動や性格からも推察することができます。

  • 物事に対する意思が強い(何でも真面目に取り組む)
  • 競争心が激しく、勉強やスポーツでは負けない気持ちが強い
  • 強迫的な傾向がある(レストランで毎回同じものを注文したり、物事が計画通りに進まないとイライラする)
  • 表面は穏やかだが、内面には激しい感情を持っている
  • 完璧主義である(全てをパーフェクトにしたがる)
  • 中毒になりやすい傾向(薬物やアルコールに依存しやすい)
  • 季節性アレルギーがある
  • 性欲が強い
  • 病院の治療でのコンプライアンスが悪い(医者の言う事を聞かない、サプリや薬を飲まない、自分が治療が必要な人間だということを認識していない)

「低メチル化型うつ」の患者に「葉酸」を与えてはいけない

このようにDNAをメチル化して遺伝子のスイッチを「オフ」にする力が弱いタイプが「低メチル化型うつ」の患者です。

こうした人に対しては「メチル化」が正常に行えるようにするアプローチが必要です。

そのためにメチル化を促して、セロトニンの再取り込みを抑制する栄養素を追加します。
それがSAMeとメチオニンです。

SAMeは色々な物質に「メチル基」を与える「メチル供与体」として働きます。
メチオニンはSAMeを合成するのに必要な材料になります。

他には、亜鉛、セレン、イノシトール、トリメチルグリシン(TMG)、 カルシウム/マグネシウム、ビタミンA、B6、C、D、Eなどの栄養素を与えると良いのだそうです。

ここで注意して欲しいのは、「低メチル化型うつ」の患者にはフォレート系(葉酸)のサプリは与えていけないということです。

葉酸はメチル化を抑制してしまいます。
ですから、もともとメチル化が減少しているタイプのうつ病患者では、葉酸サプリを摂取すると体調が悪化してしまうのです。

葉酸はメチレーションを増やす物質ではなかったか?

これまでメチレーションのセミナーを受けてこられた人の中には、「葉酸はメチレーションを活性化させるための物質だ」と学ばれた人も多いと思います。

事実、私もベン・リンチからの講義を受けた時には、葉酸回路を円滑に回すために葉酸サプリを摂取しなくてはならないと学びました。

しかし、今回のウォルシュ博士の提言する治療法はその逆を突くものでした。
「低メチル化」によって脳内の神経伝達物質にアンバランスが見られる患者に葉酸サプリを用いると、ますますメチル化は減少してしまうのだそうです。

こうした治療成果をまとめた成果として、ウォルシュ博士は「精神疾患でメチル化を促進するのはメチオニンであり、その反対にメチル化を抑制するのは葉酸である」と結論づけた論文を1994年に発表しました。

なぜ全身のメチレーション回路を増大させるはずの葉酸が、脳でのメチル化を抑制するように働くのか。
その詳しいメカニズムに関しては、機会をみて解説することにしたいと思います。

「フォレート不足型うつ」の患者には「SSRI」は禁忌

うつ病の生化学的タイプの中には、葉酸が不足している「フォレート不足型うつ」があります。
これは葉酸レベルが低下しているうつ病患者です。

葉酸レベルが低下しているので、メチル化が上昇しています。

メチル化が上昇しているので、神経伝達物質を再取り込みする遺伝子のスイッチが必要以上にオフの状態になっています。

セロトニン、ドーパミン、ノルエピネフリンを再取り込みするトランスポーター(輸送体)遺伝子の発現が抑えられているため、取り込み量が減少します。

その結果、これらの神経伝達物質の脳内濃度が高くなっていると考えられています。

「フォレート不足型うつ」の患者では、既に脳内のセロトニンが増えているのでSSRI、メチオニン、SAMe のサプリを与えてしまうと、症状が悪化するのだそうです。

「フォレート不足型うつ」の特徴

  • 強い不安感があり、いつも何かに怯えている
  • うつ症状よりも不安や恐怖にさいなまれていることが多い
  • 競争心がない
  • 食物や化学物質に過敏
  • 音楽や芸術への高いセンスがある(神経伝達物質の濃度が高いため)
  • とにかくおしゃべり
  • 睡眠障害
  • 性欲が低いなど

自分がどのうつ病タイプかを知るには

今日の記事では、エピジェネティクスの観点からのうつ病治療では、5つの生化学的タイプごとに異なる治療が必要だということを紹介しました。
その中で、「低メチル化のうつ病」と「葉酸不足のうつ病」を抜き出して、要点を書きました。

自分が「低メチル化のうつ病」なのか「葉酸不足のうつ病」なのかを判断するには、先に記した生活や行動パターン以外に、実際の生化学的検査から調べるのが最も重要です。

ウォルシュ博士が採用している検査項目は下記になります。

  • 血漿SAMe/SAH比
  • 全血ヒスタミン
  • 血清フォレート
  • 血清銅、セルロプラスミン
  • 血漿亜鉛
  • 尿中ピロール

今日紹介できなかった他の3つのバイオタイプ(銅過剰型うつ、ピロール型うつ、有害金属型うつ)もこの検査から推察することができます。

特に産後うつでは、ほとんどの女性が銅過剰になっているそうです。

こうしたバイオタイプ別の治療法と実際の症例については、「エピジェネティクスセミナー」の動画で学ぶことができます。

ウォルシュのセミナーはこちらから
※50%オフは明日までです