こんにちは高野英恵です。

先日のメルマガで、宮澤賢史先生が「血液検査の読み方講座」を
無料公開したことをお知らせしましたが、もう動画はご覧になりましたか?

宮澤先生が血液検査の読み方について、詳細に解説していますので、
まだ見ていないという方はこちらからチェックして下さい。



血液検査の読み方を学ぶには、問題集となる「症例」が必要

ところで、皆さんは血液検査の読み方をマスターするのに欠かせない、症例は持っていますか?

症例として、ご自身の血液検査データを使用できればベストです。

何故なら、自分の検査結果に基づいて勉強することで
自分自身の身体のコンディションも把握できるようになり
おおよその治療の道筋を描くことができるからです。

ドクターと治療内容について相談し合う時も、
具体的なレベルにまで落とし込んで自分の考えを伝えたり、
質問できたりできるようになります。

画像の説明



一方で、読者の中には既にご自身の検査データは解析済みという人も多いと思います。

他の人の症例をこなし、もっと沢山の問題を解いていくことで
実力を付けたいと考えている方もいるでしょう。

私が一般人として数年前に栄養療法を勉強し始めた頃、
手元には自分の検査データしか持っていませんでした。

より沢山の症例をこなしたいと思ったので
分子栄養学実践講座の症例検討会に参加した時には
「余っている血液データの資料があったら下さい~!」
と、他のグループに呼びかけて回っていました(笑)

自分とは全く異なる既往や症状、生活スタイルを持つ人の症例に取り組むことで、栄養療法をより多角的に捉えると共に、治療の選択肢の幅も広く考えられるようになります。

アンケートに回答すると症例解析編が半額に!

先日の宮澤先生の動画をご覧になって
自分以外の症例にもトライしてみたいと思った方は
次のステップとして「症例解析編」に挑戦してみて下さい。

症例の内容

1. 24歳 女性 歯科衛生士
ダイエット希望。なかなか痩せられない。
BMI 21 慢性蕁麻疹あり。
胃もたれあり、下痢と便秘を繰り返している。

2. 37歳 男性 事務職
毎晩23時まで仕事。特別なストレスはなし
アルコール毎日ビール2杯 BMI25.2 体脂肪率24%

3. 31歳女性 山芋アレルギー
喫煙あり  5年前Hピロリ菌除菌歴あり
アルコール毎日ビール2杯 BMI25.2 体脂肪率24%

画像の説明



「症例解析編」は、通常は5,400円ですが、
アンケートに回答すると、半額の2,700円になるそうです!

先着100名までだそうですので、勉強したい方は、
購入前に忘れずにアンケートに回答して下さいね。