今年の4月はじめに「うんち日記」の無料公開をアナウンスしました。

画像の説明

この「うんち日記」は栄養療法.jp経由で第6期 分子栄養学実践講座に
新規で申し込みして下さった方への7つの特典として差し上げていました。
(2,160円相当する日記です)

せっかく高いお金を投じて実践講座に申し込みして下さったので、
ひとつでも役に立てるようなツールがあればいいなと思い準備したものです。


宮澤賢史先生が主催する「臨床分子栄養医学研究会」のウェブサイトからは、
既に「うんちポスター」は無料でダウンロードすることができていたのですが、
購入者への無料特典として公開した時から、
「お金を払うのでうんち日記だけ譲ってくれないか?」
という問い合わせを頂くことが頻繁になりました。


先に実施された分子整合栄養医学に関するアンケートでも、
医療関係者の19%もの人が「うんち日記が欲しい!」と回答していました。


こうした背景があり、多くの方からの強い要望を受け、
栄養療法.jp経由で第6期の実践講座に申し込みして下さったから承諾を得て、無料公開に踏み切ったのです。

皆さんからのお礼コメントを紹介

4月から現在まで、100名近くの方に「うんちポスター」をダウンロード頂いて、
それぞれのご自宅や病院、各種の勉強会やセミナーで使っているとの報告を受けています。


提供者としては嬉しい限りですが、
そもそもこの日記を全員に公開することを了承してくれたのは
栄養療法.jp経由で第6期の実践講座に申し込みして下さった方々です。


うんち日記をダウンロードした人たちから
購入者の方に寄せられたお礼のメッセージを一部抜粋してご紹介いたします。

  • 講座を申し込んだ方の特典だったのに、無料公開を承諾してくださってありがとうございます。早速使って役立てたいと思います。
  • 購入者特典を無料公開して頂きありがとうございます。
    勉強会などでもご紹介して皆さんが排便に関してもっとその重要さをご理解頂けるよう利用させて頂きます。
  • 日常生活を健康に送るための参考にさせていただきます!!
  • カウンセリング及び食日記に追加して活用したいと思います。
  • ありがとうございますm(._.)mうんちのことは、あまり気にせず暮らしていました。これからは、毎日出ているか、ちゃんと監察しようと思います。
  • 無料公開を承諾してくれた方々のおかげで私や私のクライアントさん、私のブログを読んでくださる方も恩恵を受けることが出来ますことを深く感謝いたします。一人でも多くの方が健康になれるよういろんなところでシェアさせていただければと思っています。ありがとうございますヽ(^o^)丿
  • 無料公開を承諾していただいた皆さん、ありがとうございます。いままで口から入る物のことばかり気にしておりましたが、うんち日記のダウンロードを機に出口に目を向けていきます。
  • ありがとうございます!毎日の家族の健康チェックにありがたく使わせて頂きます。
  • 日々の健康状態を管理したい。排便のあった日、その前日は何を食べたかという記録を付ける無料公開ありがとうございます!
    子供たちの食育に使わせていただきたいと思います。
  • 日々の体調管理に使わせて頂きます。有り難うございます。
  • 友人知人と共有します。ありがとうございました。
  • 無料公開ありがとうございます。健康に生かしていきたいと思います。
  • 公開に同意していただきありがとうございます。日々の診療に役立てたいと思います
  • うんち日記だなんて、己の排泄物を観察して、記録を付けるなんてバカバカしい!と思っていたんですが…実は一番自分が愚かでした。腸内環境を把握しないまま、言われるがままにサプリをガブガブ飲んでおり、自分の体調が回復しないのも全部サプリが合わなかったり、医者との相性が悪いせいだと思っていました(心の中で深く懺悔)。日記を付けて数日で自分のあり得ない食生活が浮き彫りになりました。つべこべ言わず、暫く日記をつけて食事から頑張ります!高野さんもいつもあいがとうございます!
  • うんちについては、かねてから色々と本を読んで研究していました(^^) 公開ありがとうございました。
  • ありがとうございます!診療に活かしていきたいです。
  • 子どもがいるので、きちんと体調管理出来るよう、うんちの見方も教えたいと思います

コメントして下さった皆さん、ありがとうございました。




うんち日記に興味のある方

うんち日記は引き続きダウンロードすることができます。
こちらをご覧下さいね!

うんち日記の書き方例はこちら

うんち日記をダウンロードするのはこちら