栄養療法.jpに頂く問い合わせで2番目に多いのは勉強方法に関するものです。

画像の説明

「栄養カウンセラーに興味があります。
勉強するには、どの講座を受けたら良いかお教えください。」

「健康と食事というテーマで患者さんを幸せにするようなカウンセラー及びアドバイザイーになりたいと思っています。
医者ではない私が上記の理由で学びの場を求めるとすればどこかお勧めの分子整合栄養治療を学ぶ機関はございますでしょうか?」

「東京で開催されるセミナーとか勉強会には行けません。
地方に住んでいますし、金銭的にも大きなお金は今の所投資できません。
将来的に本格的に学びたいと思ったときには本腰を入れたいですが、
先ずは自宅でできることは何でしょうか?」



栄養療法のカウンセラーや講師になりたいと言っても
どういう形で患者さんやお客さんと関わりたいのか、
また、医療機関にお勤めの方であれば、どこまで医療行為として介入するか…などのレベル感があると思います。


皆さんそれぞれの目標やゴールがありますし、現在の職業やお立場も違います。

全員のニーズに応えられるような勉強の場を提供するのは難しい場合もあると思うのですが、私が出来ることとしては、どういう先生が、どんなスタンスや考え方を持って勉強会やセミナーを開催しているかというのをご紹介することです。

一般人に対して広く公開されているものもあれば
医療関係者のみに対象が絞られているものもあります。

下記にご紹介しますので、参考にして下さい。




分子整合栄養医学を学べる所

■佐藤章夫先生
栄養素や身体の仕組みについて、大変詳しく講義して下さいます。
http://nutmed.exblog.jp/

基本的に食事&サプリで体調改善を試みるやり方をメインとされ
高額な検査に対しては場合によっては慎重な姿勢を取られているようです。

単発のセミナーは各地で開催されています。
主催者が美濃さんという女性で、いつも取り仕切っていらっしゃいますので、詳細はお問い合わせ下さい。

栄養療法.jpの奥田からの紹介と言えば、すぐにご対応下さると思います。
http://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01a4q3y474yu.html#seller

■ナチュロパスのなみさん
オーストラリア在住の方ですが、ミネラル分析や女性特有の疾患に関して
各地で公演をなさっています。
http://ameblo.jp/namstar/theme-10054883352.html

毛髪検査の会社にずっといらした方なので、ミネラル系は大変お詳しいそうです。
あと、オーストラリアは統合医療の本場ですので、そういう意味でも面白いと思います。

料理や子育て、海外生活など…そちらにご興味おありでしたら良いかと思います。

■山田豊文先生 ファスティング
http://kyorin-yobou.net/seminar/index.html

ファスティング(断食)を通じて疾患予防や健康増進をします。
オーソモレキュラーを実践するドクターも山田先生の合宿に参加されています。

各地に山田先生のお弟子さんのような方が、セミナー受講後、独立してビジネスを展開されていますので
こういう方法で患者さんと関わっていくのも一つのやり方です。

最も成功されているのは田中さんです。
http://n-lab.co.jp/fasting/index_pc.html

こちらも、栄養療法.jpの奥田からの紹介と言えばご対応下さると思います。

■オーソモレキュラー・ニュートリション・プロフェッショナル養成講座
http://www.orthomolecular.jp/onp/

医療関係者のみ対象です。

新宿溝口クリニック溝口先生、定真理子先生、姫野先生らが講師となって10月から開催されます。

栄養解析、サプリ、糖質制限…とこの領域では欠かせないテーマばかりですので非常に精度の高い内容です。

栄養療法のトップクラスのドクターから学ぶことのできる貴重な機会になるはずだと思います。

■宮澤賢史先生 分子栄養学実践講座
http://www.orthomolecularmedicine.net/

奥田がお手伝いしている学会です。

所謂、「分子整合栄養学(オーソモレキュラー医学)」の王道から
さらに、最新の遺伝子検査、エピジェネティクスまでに範囲が及びます。

本格的に代謝のことや身体のしくみ、疾患、栄養素の機序を学びたいのでしたら日本でこれ以上の教材はないと思います。(高価ですが)

血液検査、毛髪、解毒、キレーション、メチレーションなど
直接現役のドクターが指導・解説してくれます。
治療行為として介入するアプローチが多く、医師免許(スタッフ)でないとできない施術や検査も多いですが、臨床に根差した栄養療法を包み隠さず、一般人に対して余すところなく情報提供・指導しているのはここだけです。

サプリや特定メーカーの縛りもありません。

第6期分子栄養学実践講座は関東・関西会場共に残す所あと1回ずつとなりました。
参加版の申し込みは締め切りが過ぎてしまいましたが、動画版はいつでも申込可能です。

私のウェブサイト経由で購入頂きましたら、7つの特典を差し上げています。
jissenkouza.eiyouryouhou.jp



また、手前みそで恐縮ですが、3月5日に私が開催したセミナーの一部もYouTubeで公開しています。
最新の栄養療法でドクターが何を学んでいるか、一部をつかみ取って頂けると思います。

■初心者でも理解できる最新の分子整合栄養医学セミナー
https://eiyouryouhou.jp/index.php?%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%81%A7%E5%AD%A6%E3%81%B6%E6%A0%84%E9%A4%8A%E7%99%82%E6%B3%95

■自然療法士 小林びんせい先生
自然療法セラピストコースを主催されています。
痛みのメカニズム(現代医療とその問題点)、身近なハーブで痛み止め、感違いの応急処置、トリガーポイントセラピー、耳つぼセラピー、スクエナーセラピーなど家庭で知っておくと役立つ情報を提供されています。
http://aiegawo.wix.com/egawo1#!blank-1/hao0w

自然療法実践講座第はミネホリスティックの青木さんが主催されていますので
詳細はお問い合わせ下さい。
http://ameblo.jp/kirakiramugendai/entrylist.html

■免疫強化療法・酵素
鶴見酵素栄養学セミナー 鶴見隆史先生
http://www.immunocasa.co.jp/shinai/seminar.php

「酵素栄養学」を開催されており、
酵素と病気の成り立ち、解剖、消化器解剖、病気の変遷と消化器病
ホルモン系、脳、免疫学
活性酸素1、血管系
炭水化物、食物繊維、糖化、糖尿病
脂質、短鎖脂肪酸、アディポサイトカイン
ビタミン、アレルギー、病気と治し方 など、
各回ごとに栄養素や代謝の仕組み、酵素の効能について学べます。

私の知り合いのドクターも参加しているようですが、
特に「医療関係者限定」とは記載がないので、一般人の方でもOKだと思います。





都心を中心に様々なセミナーが開催されていますが、
対象者や参加費用、テーマ、開催時期は各々異なります。
詳しくは各主催者へ個別に問い合わせしてみて下さい。