23andMeの遺伝子検査を父と母、私の3人で受けました。

■メチレーションプロファイル
画像の説明



■デトックスプロファイル
画像の説明

驚がくの結果になりました!

結論から言うととてもビックリしました。

まさか、こんな結果が出ようとは思いもしませんでした。

母親の遺伝子多型がそのまま子供(わたくし)に引き継がれているではありませんか!

右の2つは全く同様の検査結果です。
母と私には、一つも異なる遺伝子多型がありません。

どの遺伝子多型にヘテロ(+/-)やホモ(+/+)があるかという以前の話ですね。

ヒトが受精するにおいて、ミトコンドリアは全て「母親由来」ですから
よくよく考えてみればこの結果は極めて理に適っていると判断できるのでしょう。

お父さん… 遺伝子検査受ける必要なかったかも(^^’’)

「男(オス)は、しょせん遺伝子の運び屋に過ぎない」
断言した科学者がいますが、本当にそうなのかもしれないですね。

画像の説明



5月24日にはウィリアム・ウォルシュ博士による「エピジェネティクスセミナー」が開催されます。

第6期 分子栄養学実践講座でも、
遺伝子検査やメチレーション検査を用いた自閉症・発達障害統合失調症・うつ・パニックなどへの治療に関しても講義がなされます。



これから遺伝子検査を受けられる予定の方
エピジェネティクスやメチレーションを勉強したいと思っている方は参考にして下さい。



メチレーションについては、私のメルマガでも詳しく解説していく予定です。