画像の説明

画像の説明

国際口腔医学毒物学会で行われている最新の治療、
水銀研究の成果をIAOMTからの代表講師が直々に解説!
熟練指導医による国内唯一のIAOMT公式セミナーです
(受講者には認定書授与)

講師:マット・ヤング(IAOMT 2014 総理事長)

セミナー詳細と申し込み

講演日程

2016年5月22日(日)
10:00~18:00 (開場9:30)
品川インターシティーホール会議室
品川駅港南口徒歩3分
東京都港区港南2-15-4
http://www.sic-hall.com/home/contact.html

講義内容

【講義1】
・IAOMTのご紹介・挨拶
・マット・ヤング先生の簡単な自己紹介

・統合的な歯科治療に関して
・ホリスティック歯科 VS 統合歯科 VS 生化学的歯科
・ホリスティック歯科と薬剤 VS 従来の歯科的逆療法
・現代の持病における典型的な症状
・患者の全身治療 VS 個別症状の緩和
・患者の症状や既往から最良の治療法を読み取りと最大限の治療効果を生み出す手法
・薬剤治療の長い歴史
・多数の歯科医師による多剤併用
・疾患、自己免疫疾患、栄養問題、エネルギー不足や活力の低下
・ドクターショッピングを重ね、効果が見いだせない状況
遺伝的素因による有害金属の排泄能力の低下(POE4とCPOX遺伝子の多型)
・肝ポルフィリンテストによる既存の組織障害の判定
・IAOMTによるプロトコルと治療哲学は歯科医師のみならず、リスク割合が低い現場スタッフ、患者に対してもどのように有用か

【講義2】
・水銀毒性(Mercury 101)

・水銀は非放射性物質のうち地球上で最も毒性の強い化学物質
・鉛や他の金属と相乗的な作用をもたらす
歯科アマルガムから繰り返し放出されるガスの量
・日常的に使用する装置や機器の管理及び調査・研究
・装置を設置していない場合の衛生管理者の使用(いつ、どこを測定するか)
・職務上の水銀暴露
・水銀粒子 対 水銀蒸気
・処置室における吸引の恐れがある微粒子と粒子ガス
・グラフとチャートによるデータ

・IAOMTでは技術的なプロトコルを詳細化し、全ての現場スタッフにとって職場環境が安全なものになるようにしている。
それぞれ必須の遵守事項とオプションの対応策を紹介。
・安全対策、イオン化装置、非ラテックスのラバーダム、アマルガム除去前の効果的な歯の密封保護、防護服、マスク、掃除
・微粒子用の特注吸引ヘッド、空気清浄機とフィルタ、アマルガムの高速除去テクニック、水銀Xクリーム(Mercury X)による
蒸気漏えいの軽減、歯科ドリル使用時のウォータースプレイ、高速エア吸引など
・適切なアマルガム除去とクリーンアップの方法

【講義3】
・職業上の暴露状況”
・”治療中に出た水銀蒸気や微粒子は一体どこへ行くのか
・IAOMTプロトコルを用いた場合とそうでない場合の微粒子の分散状況を示すマッピング
・”クリニックのどのエリアが最も汚染されているか

【講義4】
・ホリスティックな生化学的歯科治療への過渡期
・エビデンスに基づく科学 VS 臨床に基づく科学
・何よりも初回問診は徹底的に重要視すべし

・歯科治療歴(既往)
・硬組織と軟組織の検査
・歯科用コーンビーム, 咬翼法エックス線, マイクロスコープ
・歯周病チェック, かみ合わせ検査
・位相差顕微鏡によるプラーク検査
・グループファンクションと犬歯誘導
・歯根の病歴と抜歯部位の状態(キャビテーション骨壊死)
・食事療法, 栄養療法の指導・教育
・自宅でのウォータースプレイ(井戸水、湧水、フッ素混入の家庭水)
・ワクチン歴
歯科メタル合金によるガルバニー電気からのストレス分析と全身の健康状態
・ブリッジやクラウン、他の人工補綴物の下に隠れた歯科アマルガムの見極め方
・比較的安全な歯科材料の選択(水銀やBPA、毒性ポリマー以外)
・セラミック VS 金属
・フッ素に代わるヨドの使用
・有害物質の除去と身体の健康を取り戻す方法

【講義5】
・IAOMTプロトコル紹介”(ビデオ放映)
・患者の保護から、局所麻酔、治療対象となる歯の隔離と準備
・然るべき設備や機器が配置・管理できているかの総チェック
・他の代替手段について

・歯科クリニックにおけるオゾン療法
・水道管、流水経路の消毒
・出血を伴う治療前の象牙質の消毒
・施術(抜歯)後のオゾン、歯周病に対するオゾン療法と抗生物質、顎関節、鼻腔へのオゾン療法
・根感の敏感性
・小児虫歯に対するヨードを用いた治療
・唾液検査で低pHの患者におけるアルカリ性食品の摂取
・適切な水分補給(フッ素が含まれていない水)

【講義6】
・プロのチームとして団結して治療に取り組むことの意義

・外部に対する歯科治療のマーケティング
・外部に公表する内容とクリニック内部で実施することの使い分け
・志を共にするスタッフ同士の意思疎通(誰が何をいつ行うのか)
・治療の結果やフィードバックをもとに更に発展させる方法(治療中、治療後、その結果から考察)

・内部でのマーケティング

・既に自分の病院に患者となっている人、治療を経験済みの患者、知識武装している患者に対してどう向き合うか
・統合医療や安全なアマルガム除去や薬剤について知識が乏しい新患に対してどう接するか
・治療を始める前に個々の患者の「期待値」をレベル分けする。
・統合医療、ホリスティック医療に従事する上での、歯科医としての信頼性に関する課題事項。
・患者が思い描いていたような治療効果が現れなかった際、歯科医師が請け負う治療責任の思わぬ危険性や落とし穴を避ける方法。

・治療の効果判定

・患者に治療に対して良い反応を示しているかを見る効果測定

・従来の治療を行う歯科医と統合的なアプローチを取る歯科医師の間で起こり得る対立的な問題に対処する術

・環境的問題

・アマルガム装置と分離機は絶対に必須か?
・歯科アマルガムの使用停止は環境暴露の軽減に寄与するか?

【質疑応答】

一般人の方もお申込み頂けます。
スタッフ割引があります。

申し込む