みなさん、こんにちは。

前回のトランス脂肪酸の話は読んでもらえたでしょうか?

脂質についておさらいしたいと思いますが、
脂質は、生体の細胞膜の成分やコレステロール、ホルモンの合成材料として使われます。

脂溶性ビタミンの吸収を促進する効果もあります。
脂溶性ビタミンとは、ビタミンA・D・E・Kなどです。
他にも、ATPでのエネルギー合成や体温を保持する役割も果たしています。
内臓脂肪や皮下脂肪として蓄積されるのが中性脂肪であり、
グリセリンに3分子の脂肪酸がエステル結合したものです。
脂肪酸には、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」がありますが
分子栄養学実践講座のテキストでも触れていますので、受講者の方は確認してみて下さい
前回取り上げたトランス脂肪酸と同様に、
オメガ6系の不飽和脂肪酸である「アラキドン酸」も摂取が過剰になると
血液の凝固や炎症が促進すると考えられています。
反対に、オメガ3系脂肪酸は炎症を沈静化し、抑制するよう働きかけます。
現代の食生活では、往々にしてオメガ6系の脂肪酸が多い食事になりがちなので、
意識してオメガ3系脂肪酸を摂取しましょう!
というのが、分子栄養学の基本的な考え方です。
ところが、オメガ3系の多価不飽和脂肪酸は、
酸化しやすい性質を持っており、一般的に調理には不向きとされています。
巷に出回っている調理油もオメガ6系のものが圧倒的に多いですね。
コーン油、べにばな油、ごま油、サラダ油などなど…
オメガ3系はEPAやDHAなどの魚油や、亜麻仁油、えごま油、チアシードオイルなどがありますが加熱せずにサラダにかけて食べることが推奨されています
そこで、重宝されているのが「オリーブオイル」

オリーブオイルは常温でも、比較的酸化しにくく、火にも強いため、
日本の家庭にも大分浸透した感があります。

他には、最近話題を集めている「ココナッツオイル」も良質な油とされています

ココナッツオイルは「飽和脂肪酸」ですが、

ラードや牛脂などの長鎖脂肪酸ではなく、中鎖脂肪酸であるため、
エネルギー代謝が良いと考えられているようです。
体内に取り込むとすぐに肝臓に運ばれ、エネルギーに分解されて蓄積されにくく、
動脈硬化などにもなりにくいのだそう。
また、他の油に比べ常温でも酸化しづらい性質をもっていて、
抗菌・抗酸化作用も強いとされています。
定番のオリーブオイルやココナッツオイル以外にも、
普段の料理に使える良質な油は沢山あります。

普段の料理に合わせて、色々と使い分けをしたい方には、
ジャックが色々なオイルを紹介してくれていますので参考にしてみて下さい
全部 iHerb というサイトから通販できます。
先ずは、王道のオリーブオイルから
Spectrum Naturals社から出ているものが品質が良いそうです。
料理によっては、油の代わりに、フライパンにマヨネーズを引いても○
アーモンドオイル

香ばしい香りがするので、炒め物などにピッタリです。

Now Foodsのマカダミアナッツオイルもお勧めだそうですが、
残念ながら現在は品切れ中

セミナーでは、ジャックお勧めの調味料や具財を使って炎症を抑えるためのレシピをご紹介します。

日本にない輸入食品でも、
iHerbで簡単に日本にいながら通販できるものが沢山あります。

全て日本語で購入できるので、英語ができない方でも心配はありません。

ということで、ジャックが教えてくれた
カレー粉とターメリックのスパイシー鶏肉サラダを作ってみました!

とーっても簡単にあっという間にできるのに、本当に美味しい
このサラダには隠し味にリンゴ酢を使うのがポイントです
勿論、日本にある食材でも簡単にできちゃいます


左から
みりん、お酢、アーモンドオイル、ターメリック、カレーパウダー

作り方はセミナーでご案内しますね!

他にも「炎症を抑える」ための食事療法として
・地中海式ダイエット
・パレオダイエット

・アトキンスダイエット
・パレオダイエット
・炎症を抑える食事
に関してもそれぞれレクチャーがありますのでお楽しみに