広尾にある懐石料理屋
青草窠(せいそうか)にて素適な低糖質コース ランチを頂いてきました

場所は交差点の直ぐそば
天現寺スクエアの所にあります

ギャラリーを思わせる門構え
気付かないで通り過ぎてしまうかもしれません

画像の説明

画像の説明

画像の説明

事前に予約していたので茶室風に誂えた個室に通して頂きました

画像の説明

画像の説明

画像の説明

本格的な茶室でにじり口まで設えてあります
掘りごたつ式のテーブルです

奇跡の美食レストラン』 には、
青草窠の昼コースは、6,300円、12,600円、20,000円と3種類ありますが、
現在は12,600円、20,000円のいずれかだそうです

写真は撮影出来ませんでしたが、こちらの割烹にはカウンター席もありました
前日予約で1名から利用可なので、お一人ランチにも良いかもしれません

コース内容

低糖質コース 昼 12,600円  (昼夜ともサービス料別 10%)
昼、夜、それぞれのメニューで提供
要予約 (前日まで 1名から)

お品書きや料理ごとの糖質量が記載された表はありませんでした

花咲ガニ

画像の説明

画像の説明

青々とした葉に盛られた綺麗な一皿です

花咲ガニとは、知る人ぞ知る、通の間では有名なカニです
根室などごく限られた場所でしか採れないとの事

東京で頂けるのはとても珍しいそうですが、
こうした食材がサラッと出されるのが凄いですね

タラバガニをギュッと小さくしたような、ゴツゴツした種類のカニです

冬瓜と鱧のお吸い物
画像の説明

お造り
画像の説明

画像の説明

無花果とサツマイモの炊いたもの
画像の説明

小鉢
胡瓜の胡麻和え、トマトとじゅんさい、のどくろ焼き、お麩
画像の説明

鮎の塩焼き 蓼酢
画像の説明

トウモロコシのスープ
画像の説明

茄子と万願寺唐辛子の揚げ出汁
画像の説明

梅粥
画像の説明

子夏ゼリー
画像の説明
高知県の子夏
地域によっては、日向夏とも呼ばれます

碧の器にも良く映える夏らしいデザートです

落ち着いた雰囲気で、シンプルな和食を頂く事が出来ました

お店の方に伺った所、
本日頂いた低糖質ランチの糖質合計量は35~36g程度だそうです

茶室の凛とした佇まいやシンプルな味付けと盛り付け
主張し過ぎず、それでいて、存在感を示す器の選別

見えない所に計算しつくされた 『和』 が感じられた割烹でした

特に、女性にとっては高感度のお店だと思います

通常提供するメニューも低糖質コースとさほど変わらないようです
次回は、自家製の和菓子や羊羹も頂いてみたいです

青草窠(せいそうか)
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13090635/