分子整合栄養医学、栄養療法、オーソモレキュラー精神医学を学ぶ


遅延型フードアレルギー


分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学による治療では、食物アレルギー検査を行う場合があります。分子整合栄養医学を実施するドクターの中には、原因不明の体調不良や病気の引き金になっているのが「食品」だと捉える人がいます。

特定の食品を摂取した場合、何らかの原因で体がその食品を「異物」だと認識してしまうため、免疫反応(めんえきはんのう)が起こります。免疫反応とは体内に入ってきた異物を排除するための仕組みです。免疫反応が生じると、炎症が起きたり、活性酸素が大量に発生したり、細胞が傷ついたりします。その結果、あまねく不調が起きることがあると考えられています。

こうした、食物アレルギーが発生する背景には「腸内環境の悪化」が潜んでいることが知られています。腸内細菌のバランスが崩れ、善玉菌が減って、悪玉菌やカンジダ菌が増えると、腸での正常な消化・吸収を行うことができなくなります。

また、腸内の善玉菌が少なるなると、腸管を病原菌やウイルスなどの異物から守るためのバリア機能が低下してしまいます。腸のバリア機能が低下すると、腸の壁の細胞が破壊され、腸の内に病原菌やウイルスが侵入してしまいます。

加えて、胃腸で完全に分解されなかったタンパク質が腸内に入り込んできます。こうした「完全に分解されなかった未消化のタンパク質」はペプチドと呼ばれる大きい分子量の大きい物質です。ペプチドの状態では、タンパク質は腸の粘膜細胞(ねんまくさいぼう)から吸収されることはありません。

しかし、ストレスや腸内環境の悪化によって、腸のバリア機能が低下して腸管の粘膜細胞が破壊されると、病原菌やウイルス、未消化のタンパク質などが簡単に体内に入り込んできてしまいます。この結果、様々な病気が引き起こされます。これをリーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群:ちょうかんへきしんろうしょうこうぐんといいます。

分子整合栄養医学で実施する遅延型フードアレルギー検査からは、下記を読み取ります。

  • 食事やサプリから栄養を補給しているのに症状が改善しない人
  • 特定の食品を食べると具合が悪くなる人や過剰な反応を示す人
  • 症状に食物アレルギーが関わっている可能性がある人
  • 糖質制限・高たんぱく食で体調が悪化した人
  • 好き好んで食べているものにアレルギー反応が出ているか調べたい人
  • リーキガット症候群の可能性がある人
  • カンジダ感染の可能性がある人

即時型フードアレルギーと遅延型フードアレルギー

特定の食品を食べた直後に、全身のかゆみやじんましん、呼吸困難、吐き気、咳き込み、などの症状が出る症状を食物アレルギーとい います。食物アレルギーを引き起こす代表的な食品として、卵、牛乳、ピーナッツ、そば、大豆、えび、かになどがあります。

食品を摂取してからすぐに症状が出現するアレルギーを即時型(そくじがた)フードアレルギーといいます。即時型アレルギーは、アレルギー症状を引き起こす原因となる食べ物を食べてから、症状が出るまでの時間が短いために、原因が特定しやすいアレルギーです。

テレビや新聞で報道される「アナフィラキシーショック」は、即時型アレルギー症状のひとつです。

分子整合栄養医学では即時型アレルギー検査にのほかに、遅延型(ちえんがた)フードアレルギーを実施する場合があります。遅延型フードアレルギーは、食べ物を食べてから数時間から数日後、数週間後に症状が出現します。遅延型フードアレルギーは、アレルギー症状を引き起こす原因となる食べ物を食べてから、症状が出るまでの時間が長いために、原因が特定しにくいアレルギーです。

遅延型フードアレルギーでは、自分の体調不良の原因が食品アレルギーだと気がつかない場合が多いため、患者は知らず知らずのうちにアレルギーを発症する食品を食べ続けていることがあります。むしろ、好んで食べている食品が、アレルギーの原因(アレルゲン)であることがあります。

アレルギーの原因になっているにも関わらず、アレルゲンとなる食品を食べ続けていると、体内で炎症が進み、慢性的炎症と化して細胞が老化したり、様々な症状を引き引き起こしたりします。

分子整合栄養医学やオーソモレキュラー医学を実践するドクターたちの間では、食品が原因で多種多様な病気が発症することが知られています。特定の食品でアレルギー反応が出たからといって、必ず病気になるわけではありませんが、慢性疾患の発症に食べ物が少なからず影響を与えていることは共通の認識として捉えられています。

遅延型フードアレルギーが原因で生じる病気として、倦怠感、極度の疲労、低血糖、熱、頭痛、息切れ、皮膚炎(ニキビ、アトピー、蕁麻疹)、鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、繰り返す感染、関節痛、リウマチ、胸焼け、膨満感、ガス、下痢、不眠、寝汗
情緒の乱高下、不安、パニック、うつ、多動障害、自閉症、学習障害などがあります。

外部からやってくる敵と闘う免疫システム

私たちの体には、免疫システムという機能が備わっています。この仕組によって、外から侵入してきた外敵を殺し、体の外へと排除することで健康を保っています。免疫システムの主役として活動するのが免疫細胞(めんえきさいぼう)です。 免疫細胞には多種多様な種類があります。各々の細胞が協力をし合うことで、体内に侵入してきた病原菌や異物を体の外に追い出します。

その一方で、免疫細胞は食べ物から得られる栄養素や私たちの体を構成しているタンパク質や細胞、腸内細菌を排除することはありません。栄養素や自分の細胞、腸内細菌などは私たちの体にとって必要な物質であるため、免疫細胞が攻撃して排除することはいないのです。

このように、免疫システムは「人体の構成要素」と「外からやって来た異物」を見分けています。この仕組みを「免疫システムは自己と非自己を区別する」と表現します。免疫システムは体にとって害があるものは「非自己」と見なして攻撃し、体にとって大切なものは「自己」と見なして干渉しないのです。

自然免疫と獲得免疫

免疫システムには自然免疫(しぜんめんえき)獲得免疫(かくとくめんえき)の2種類があります。自然免疫は、生まれたときから体に備わっている免疫システムです。獲得免疫は、生まれたあとに様々な環境に応じて生きていく過程で、獲得していく免疫システムです。

体内に異物が入ってきたときに、最初に異物を認識して排除するのが自然免疫です。 自然免疫にはマクロファージ顆粒球(かりゅうきゅうNK細胞などがあります。自然免疫として働く細胞は、外部から侵入してきたウイルスや悪い最近を異物と認識し、それらを捕まえて、体の外へと排除します。

自然免疫に関わる細胞が、悪い細菌やウイルスを飲み込んで処理する働きを貪食(どんしょく)とよびます。

自然免疫だけは異物を撃退することができない場合は、獲得免疫が出動しはじめます。獲得免疫にはヘルパーT細胞キラーT細胞、B細胞などがあります。

獲得免疫は、過去に感染したウイルスや病原体の情報を記憶として保存しています。つまり、獲得免疫として働く細胞は、外敵の形や攻撃パターンを学習して覚えておくことができます。

獲得免疫は、その優れた記憶能力によって過去に遭遇した外敵を思い出し、再びに襲われたときでも即座に反撃して、体が障害を受けないようにしているのです。

自然免疫と獲得免疫の連携プレー

自然免疫で異物を貪食したマクロファージは、その異物に関する情報をヘルパーT細胞に情報を伝えます。 それを受け取ったヘルパーT細胞はキラーT細胞やB細胞に働きかます。すると、免疫細胞は、抗体(こうたい)と呼ばれるタンパク質を作ります。抗体とは免疫グロブリンとよばれるタンパク質です。抗体は、体内に侵入した異物に結合して毒性を弱め、体の外に排除する役割を担っています。

免疫反応に関わる抗体とは

食品アレルギーの発症には、免疫反応という仕組みの中で登場する抗体(こうたい)が深く関与しています。

即時型フードアレルギーでは、IgE抗体が関わっているのに対し、遅延型フードアレルギーではIgG抗体が関わっています。その他、抗体にはIgM抗体やIgA抗体、IgD抗体があります。

種類 概要
IgG 血中に最も多い抗体。唯一胎盤を通過できるもので、母親から移行したIgGは生後1週間まで新生児を守る。血中や組織中に広く分布し、生体防御を担う。
IgM 異物の体内侵入によりIgGに先立って作られる抗体で、生体防御の初期を司る。
IgA 血清、鼻汁、唾液、腸液に存在し、呼吸器や消化管粘膜の感染予防を担う。母乳にも含まれ、新生児の消化管を細菌・ウイルス感染から守る役割も果たす。
IgD B細胞表面に存在し、抗体産生の誘導に関与するが機能は明らかになっていない。
IgE 寄生虫に対する免疫反応に関与していると考えられている。気管支喘息、蕁麻疹、アレルギー性鼻、花粉症などを引き起こす。

遅延型フードアレルギー検査では腸内環境の状態を見ている

遅延型フードアレルギー検査は、分子整合栄養医学による治療を進めていく中で、比較的早い段階で実施される検査のひとつです。なぜなら、理由が分からない体調不良の原因が、日頃から摂取している食べ物であるケースが多いからです。

同時に、遅延型フードアレルギーは、腸内環境の悪化やリーキーガット症候群、カンジダ感染の可能性を推察するために用いられる場合があります。そのため、下記のような患者に対して、遅延型フードアレルギーが実施されます。

  • 食事やサプリから栄養を補給しているのに症状が改善しない人
  • 症状に食物アレルギーが関わっている人
  • 特定の食品を食べると具合が悪くなる人や過剰な反応を示す人
  • 糖質制限・高たんぱく食で体調が悪化した人
  • 普段から好き好んで食べているものにアレルギー反応が出ているか調べたい人
  • カンジダ感染を疑う人

フードアレルギー検査を受けた場合、反応が出た食品をすべて除去することが指導される場合があります。特に、初めて食物アレルギー検査を受けた人が沢山の食べ物に高い反応が出たとき、すべての食品を除去しようとして、食べられるものがなくなって困惑する人がいます。また、アレルギーを生じた食品させ除去すればいいと勘違いしている人がいます。

しかし、こうした認識は、あなたの治療を誤った方向に導く可能性があります。分子整合栄養医学で遅延型フードアレルギー検査を実施する意義は、アレルギーを起こす食品を特定することではなく、「腸内環境の状態を把握する」ことです。一生食べてはいけない食品を決めることではありません。

食物アレルギーが発生する背景に「腸内環境の悪化」が潜んでいるケースが多いことが知られています。腸内環境の悪化とは、腸内細菌のバランスが崩れ、善玉菌が減って、悪玉菌やカンジダ菌が増えている状態です。こうなると、腸で正常な消化・吸収を行うことができなくなってしまいます。

また、腸の壁の細胞が破壊されると、腸内に異物や未消化のタンパク質が入り込んでしまいます。すると、免疫システムが過剰に働いてアレルギー症状が出ることがあります。これをリーキーガット症候群といいます。リーキガット症候群では、腸の粘膜組織が破壊されたために、腸の壁で防いでいるはずの異物が体内に侵入することで様々な病気を引き起こします。

リーキガット症候群が原因で遅延型フードアレルギーが発生している場合、検査で反応が高かった食べ物を取り除くという対処療法だけでは、病気の根本的解決に繋がりません。

遅延型フードアレルギーで高い反応を示した食品を除去することで、体調不良や精神症状が改善されるのはよいことです。また、患者の中には、遺伝的な要素や体質的な問題があるために、安定的な体調を維持するために、一生その食品を避けなくてはならない人がいるかもしれません。

しかし、病気の根本的な解決を図るには、もう少し掘り下げた治療をしなければならないかもしれません。

そこで、栄養療法を実践するドクターの中には、遅延型フードアレルギーで多くの食べ物に反応が出ている場合、「腸内環境を正常化する」ようにアドバイスしています。

腸内環境が改善され、腸の機能が回復すれば、「今まで食べられなかったもの」や「食べるとアレルギー反応が出ていたもの」に対しても過敏に反応する回数が少なくなり、徐々に食べられるようになる可能性があります。そのために、治療を効果的に進める手段として、腸内環境の改善や腸の粘膜細胞を修復することに目を向けます。

こうすることで、あなたが食べられる食品の選択肢を広げ、食に対する自由度を上げていくことが、あなた自身や家族にとっても負担がない形で体調を改善していけるのではと思います。

これまでの説明を踏まえ、遅延型フードアレルギーで沢山の食品に高い反応が出た場合には、下記の対策が講じられます。

  • 反応を示した食品の除去・ローテーション
  • 腸内環境の改善
  • リーキーガット症候群の治療
  • カンジダ除去
  • サプリメントの検討(乳酸菌や消化酵素)

遅延型フードアレルギー検査のデータ

遅延型フードアレルギー検査は、日本人の食文化に合わせた項目が設定されています。アレルギーの感度を示す線が表示されなかったり、短かったりする場合は、アレルギー反応が低いことを示します。反対に、検査結果の線が長い場合は、アレルギーの反応が高いことを示します。

遅延型フードアレルギー検査は、一般人でも検査結果が分かりやすいという利点があります。

先にも述べたように、遅延型フードアレルギーは、食べてはいけない食品を特定するための検査ではありません。そのため、数種類の食品に対してのみアレルギー反応が出ているのではなく、全体的にアレルギー反応が高く出ているようならば、リーキーガット症候群の可能性を疑った方がいいでしょう。

そして、アレルギー反応が高く出た食品を一定期間食べないようにすることで、体調に変化が現れるか様子を見ます。それと同時に、腸内環境を整えるための治療を行います。

自閉症や発達障害、遺伝子にぜい弱性がある場合は食品に耐性がない場合がある

遅延型フードアレルギーの検査結果で反応が出ていなかったとしても、特定の食品を摂取すると体調が悪化する人がいます。

例えば、にんにくやたまねぎ、ニラなど、SH基(チオール基、スルフヒドリル基を含む食品を摂取すると病気の症状が悪化したり、体調を崩したりする場合があります。SH基を含む食品というのは、簡単に言えば「イオウ成分」を含んだ食品のことです。

自閉症や発達障害、遺伝子に多型(たけい)がある人では、遅延型フードアレルギーの結果に関わらず、硫黄(いおう)を含んだ食品やグルテンやカゼイン、化学調味料、合成着色料、精製された糖質類の摂取を控えるように指導されることがあります。また、グルタミンなど、脳内神経伝達物質に刺激を与えるものも避けるように助言される場合があるようです。

こうした人では、遺伝子の振る舞いが他の人と違うため、特定の化合物を体内で分解することができないケースがあると考えられています。

自閉症や発達障害、遺伝子に多型(たけい)がある人で、食品による影響を詳しく調べたい場合には、遅延型フードアレルギーに加え、有機酸検査(ゆうきさんけんさ)遺伝子検査メチレーション検査などを一緒に受けることを検討してみるのもいいかもしれません。

遅延型フードアレルギーは複数の学会から否定されている

日本小児アレルギー学会、日本アレルギー学会などの医学学会は、遅延型フードアレルギー検査に対して否定的なスタンスを取っています。こうした学会では、IgG抗体を食物アレルギーの原因を特定する検査手法とすることに対して注意喚起をしています。

また、アメリカやヨーロッパ諸侯の主たるアレルギー学会では、IgG抗体による食物アレルギーの有用性を公式に否定しています。

こうした背景には「遅延型フードアレルギー検査で高い反応が出た食品を、むやみに除去してしまう」という不適切な指導がされてしまったということがあります。

アレルギー症状とは無関係の食品を除去したり、成長期の子供が極端な食事制限をすることで、発育に悪影響を及ぼしたりすることは健康被害を招くリスクになります。遅延型フードアレルギーの検査は、この検査の目的や意義を正しく理解した上で、医師と患者の双方が合意した上で実施するのが望ましいでしょう。

また、実際の治療過程において、アレルギーが出た食品を生涯避け続けるのは、難しい場合があるかもしれません。特に、食事という人生の中でも最も楽しみのひとつであることに対して制限を設けるというのは、よほどの覚悟がなければ達成しえないかもしれません。

遅延型フードアレルギーの検査から今後の治療プランを練っていく場合、食品を除去したり、食べ続けたりすることであなたの体調にどのような変化をもたらすのかをしっかりと認識した上で、あなた自身がどうありたいかを踏まえて今後の行動を決めて下さい。少々のアレルギーがあったとしても食品を食べるのか、病気を治すために食品を完全に除去するのかはあなた次第です。

自分で買える遅延型フードアレルギーの検査キット

遅延型フードアレルギーがないか、自分で検査することができるキットが販売されています。簡単な採血を行うことで、病院に行かなくとも、自宅で検査をすることができます。

IgG 96 スタンダード・フード・パネル
USバイオテック アレル・チェック キット
画像の説明

分子整合栄養医学で用いられる遅延型フードアレルギー検査の受託会社

カリフォルニアニュートリエンツ 
アンブロシア株式会社

分子整合栄養医学で実施される遅延型フードアレルギー検査

  • 結果が出るまでの期間: 1週間~10日間程度
  • 検査費用: 3万円~5万円

分子整合栄養医学で実施される遅延型フードアレルギー検査サンプル

カリフォルニアニュートリエンツ
こちらからサンプルダウンロード可
IgGフードアレルギー_カリフォルニアニュートリエンツ

アンブロシア株式会社
こちらからサンプルダウンロード可
IgGフードアレルギー_アンブロシア株式会社

遅延型フードアレルギーに関する書籍

その「不調」あなたの好きな食べ物が原因だった?
遅発型フードアレルギー 澤登雅一

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隠れフードアレルギー 上符 正志

 

 

 

 

 

 

 

 

セミナー案内
血液検査の読み方
医師向けオーソモレキュラー療法勉強会
エピジェネティクスセミナーDVD案内

管理人について

無料メルマガご案内

実践医療機関ご案内

薬剤師、管理栄養士、カウンセラー等のご紹介

初心者向け分子栄養学セミナーご案内

分子生物学者 福岡伸一 ドクターのための特別アカデミー

会員専用サイト

カテゴリー

最新のブログ

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 栄養療法 All Rights Reserved.