ヒトの身体を構成するタンパク質は数万から数十万種類以上あると言われる。

今日に至っても尚、どういった種類のタンパク質がどんな働きを担い、ある特定のタンパク質が遺伝子の変異や病気などが原因で欠損したり、機能が欠落するとどのような問題が引き起こされるのかを調べる研究が進められている。

ヒトのタンパク質に関しては、分かっていないことも多い。

さて、そのタンパク質を合成するもとになるのがアミノ酸である。
タンパク質はアミノ酸の組み合わせで成り立つ。

アミノ酸は全部で20種類あると言われている。
たった20種類しかないアミノ酸で、数万種以上ものタンパク質を合成しているのだから、その組み合わせや立体構造のパターンは無限とも思える。

アミノ酸の種類(20種)

必須アミノ酸 主な機能
バリン 体のタンパク質を作る能力と肝機能をアップさせる
ロイシン 体のタンパク質を作る能力と肝機能をアップさせる
イソロイシン 体のタンパク質を作る能力と肝機能をアップさせるリジン
メチオニン 肝機能をサポート
フェニルアラニン 気持ちを落ち着かせる
トリプトファン セロトニン生産をサポート
ヒスチジン 副交感神経を鎮静させ、貧血改善をサポート
スレオニン 肝機能をサポート
リジン カルシウムの吸収を促進
必須アミノ酸 主な機能
バリン 体のタンパク質を作る能力と肝機能をアップさせる
アラニン 肝臓のエネルギー源となり、アルコール代謝の改善をサポート
グルタミン 筋肉や胃腸の正常な働きや免疫力アップ、また肝機能をサポート
グルタミン酸 速効性のあるエネルギー源で、大豆や小麦に含まれる
アルギニン 血管の正常な機能や免疫力アップをサポート
アスパラギン酸 速効性のあるエネルギー源で、アスパラガスに多く含まれる
アスパラギン エネルギーの生産をサポート
システイン 皮膚のメラニン色素の生産を抑える
プロリン 皮膚を構成するコラーゲンの主原料で天然保湿成分に必要なアミノ酸
グリシン 血色素成分の生産をサポート
セリン リン脂質やグリセリン酸生産の原
チロシン 抗ストレス作用

アミノエビデンスより


アミノ酸の構造

アミノ酸はアミノ基(-NH2 )とカルボキシ基(−COOH)から構成されている有機化合物(有機酸)だ

アミノ酸は、1つの物質の中に
塩基性(アルカリ性)の部分(アミノ基)酸性の部分(カルボキシル基)を保持するため両性物質と呼ばれる。

画像の説明

アミノで、アミノ
文字通り、アミノ基と酸を持っているので「アミノ酸」の名称がつけられた


生体内の物質の多くは、常に水に溶けた状態で存在しているため、アミノ酸も実際には水溶液中で溶けた形で存在する。

この時、酸性のカルボキシル基は、水溶液中では、水素を出しやすい物質であるので、-COOHから水素(H)が出されて-COO⁻の状態として存在する。

一方、塩基性(アルカリ性)のアミノ基は、水溶液中で水素(H)を取り込みやすい物質であるので、-NH2はH⁺がついてNH3⁺の形をとる。

画像の説明

カルボキシル基とアミノ基は都合が良いことに、カルボキシル基が出しやすいH⁺を利用して、アミノ基はNH3⁺になり、両方共にイオンとなる。

こっち

図解 トコトンわかる基礎生化学より

イオンとは、原子や分子が電子を得たり失うことにより電荷を帯びている状態のことである。