ALP(アルカリホスファターゼ)

ALPは、γ- GTPと合成が径路が似ている部分があります。ALPは、肝臓をはじめ、腎臓など体内の様々な細胞で作られる酵素です。肝臓以外にも、骨、小腸、胎盤、白血球、乳腺、立腺、脾臓、赤血球に含まれています。

肝臓系では胆管膜(たんかんまく)に多く存在します。また、胆汁中にも存在します。

肝臓から胆管を通って胆のうに貯蔵された後、十二指腸に排出される胆汁酸は、
脂肪溶解やタンパク消化の機能を持つ。

よって、肝障害により胆汁うっ滞が生じると、
胆汁中に存在するALPが血液中に漏れ出し数値が上昇する。

「うっ滞」とは、何らかの異常で肝機能が低下したり、
肝臓内の胆汁の流れが悪くなったり、胆管に胆石が詰まった場合にも生じること。

胆汁の流れが完全に止まって黄疸が出てくるような状態では、
基準値を超えてALP値が高い状態にある可能性が高い。

胆道が詰まって胆汁の排出が阻害されると、
胆汁中に存在したALPは肝細胞を逆流し血液中に増加。
肝細胞では盛んにALPが生成されるため、更に上昇することもある。

血液検査では、まず「肝機能」をチェックし、血液検査では、
AST、ALT、γ-GTPといった肝臓疾患に関する数値を同時に眺めることになる。

上記の関連項目の数値にも異常が見られた場合は
肝臓に何らかの機能障害や問題が発生していると考えられるかもしれない。

一方で、ALPは骨や小腸の細胞にもあるため、
異常値を示すと複数の臓器の状態を把握する必要がある。

肝臓や胆道の細胞だけでなく、骨にも存在するため、
骨の異常により血液中で上昇することがある。

がんが骨に転移した場合などには、ALPの値が高度に上昇することが多くみられる。
がんの骨転移があるかどうかを調べるのにALPが用いられている。

肝臓が悪くないのにALPの値が高い場合には、
骨や他の臓器に病気がないのかをドクター達は見ていることになる。

アイソザイム Edit

ALPは存在する部位ごとによって、
ALP酵素を形作るタンパク質の構造が微妙に異なる。

これを「アイソザイム」と呼ぶ。

アイソザイムとは、酵素としての働きはほぼ同じでありながら、
タンパク質分子としては別種である(アミノ酸配列が異なる)酵素を言う。

ALPには6種類のアイソザイムが存在するので、
それぞれの種類に応じて、臓器の状況を推察していく。

ALP1…閉塞性黄疸、限局性肝障害

ALP2…各種肝疾患、胆道系疾患

ALP3…骨の病気(健常小児に多)、副甲状腺機能亢進症

ALP4…悪性腫瘍の一部、妊娠後期

ALP5…肝硬変、慢性肝炎、小腸疾患、慢性腎不全

ALP6…潰瘍性大腸炎、グロブリン値上昇

小児ではALPの値は高く出る Edit

ALPは、骨新生が盛んな小児は成人に比べて高値となることが多い。

CRCによれば、1歳から思春期前期までのALPは成人のおよそ3~4倍で、
思春期のピークでは4~6倍にも達する。

ALPは骨の新生状態を反映するため、ピーク年齢は次第に若年化し、
10~12歳で1500IU/Lを超えることも珍しくない。

子供の血液検査でALPを見る際には、この事を念頭に置いておくとよい。

因みに、生化学検査で小児期が成人に比べて高値となる項目には
ALP以外に、LDH、AST、無機リン等がある。

ALPが高値になる状況 Edit

1. 閉塞性黄疸、胆管炎、脂肪肝、ガン骨転移、乳ガン、前立腺癌、肺がん、骨腫瘍など
2. 乳幼児期、成長期(骨由来)
3. 妊婦(胎盤由来)妊娠後期で高値になる場合も
4. 高脂肪食摂取後(小腸由来)
5. 室温での放置

栄養療法的なALPの捉え方は? Edit

ここで、分子整合栄養医学の観点からALPを見ていこう。

ALPは「ホスファターゼ」という酵素に属します。
ホスファターゼとは乳製品、レバーなどに多く含まれる、
リン酸化合物を分解する働きがある酵素だ。

リン酸化タンパク質のリン酸基を加水分解により脱離(脱リン酸化)させ
リン酸と水酸基を持つ化合物に変換する役割を果たす。

アルカリ側に至適PHを持っているので「アルカリホスファターゼ」と呼ぶ。
酸性側に至適PHをもつものは、「「酸性ホスファターゼ」と呼ぶ。

画像の説明

分子量12~15万の糖タンパクで、細胞膜に結合した膜結合酵素のこと。

酵素の活性中心に亜鉛を有し、マグネシウムで活性化され、
膜を通じてリン酸の転送に関与していると考えられている。

初心者が覚えるポイントは? Edit

一般人でもすぐに理解できる、ALPを見るポイントを1つだけおさえておこう。

理屈や理論は抜きにして、「そういうものなんだ~」と記憶に留めておくだけでOK。

ALPという酵素を活性化させるには、補酵素となる亜鉛マグネシウムが不可欠。

従って、ALPの数値を見て値が低い場合には、亜鉛とマグネシウムの欠乏を推察する。

これだけ分かっていれば、一般人は十分。

ALPの化学構造 Edit

ALP(アルカリホスファターゼ) 酵素のタンパク構造

画像の説明

酵素の活性中心には亜鉛とマグネシウムが必要

画像の説明

ALPが低値になる状況 Edit

1. 亜鉛欠乏、マグネシウム欠乏
2. エストロゲン投与、ステロイド投与、スタチン投与、甲状腺機能低下

一般的な血液検査では、γ-GTPのように、
高値の時こそ、病名診断や再検査が推奨されるが、
その結果が低値を示した際にはそれほど注意がされないケースが大半のようだ。

ALPが正常よりも低い値を示した場合、先に挙げた亜鉛とマグの不足に加え、
甲状腺機能低下や遺伝性低ALP血症、コレステロール値上昇の可能性があることを牧瀬医師がウェブサイトで紹介されている。

ご興味のある方は参考にされたい。
ドクター牧瀬のサプリメントクリニック