酵素とは生体で起こる化学反応に対して触媒として機能する分子を指す。

生化学の教科書には
「化学反応において、反応物質以外のものでそれ自身は化学変化を受けず、且つ、反応物質の活性化エネルギーを小さくさせることを通じて、反応速度を速める物質を触媒と呼ぶ」
と…難解な定義が書いてある事も多い。

難しい化学の定義はさておき…
酵素とは簡単に言えば、Aという物質をBという物質に、
さらに、C→D→Eという物質へと変えていく際に、仲介する「触媒」の働きを担うものだ。

画像の説明

ヒトの身体では絶えず生命維持に必要な活動がなされている。

食べた物を消化吸収したり、異物を排除したり、ホルモンを分泌したり、身体の必要な所に大事な栄養素を運んだり、遺伝子が発現するスイッチをオンやオフにしている。


こうした機能を「代謝」と言うが、要は、体内で起こる化学反応のことだ。

物質を次々に新しく作っていき、変化させ、壊していくことが生命の流れだとすると「酵素」とはそれらの反応を促進したり、抑制したりする物質とも捉えることができる。

画像の説明

酵素の役割を具体的に示すに例として引き合いに出されるのが
唾液に含まれる消化酵素のひとつ「アミラーゼ」。

アミラーゼは、でんぷんをブドウ糖に分解する消化酵素で、
主に膵臓と唾液腺で作られる。
白米やイモ類などを食べると口の中で、
デンプンがまずマルトース(麦芽糖)に分解される。

その一方で、体温とおなじ37度前後のお湯にお米やイモを入れたとしても、何も反応は起きず、米やイモは長時間水に浸かってふやけてしまうだけだ。

画像の説明

同じ37度という環境にありながら、口の中ではデンプンがまずマルトースに変化したのに、お湯の中では何も変化が現れなかった。

その違いは、「酵素」が存在しているかどうかで決まる。

「アミラーゼ」が唾液に含まれていたからこそ
デンプンをマルトースに分解することができたのだ。

酵素が「触媒作用」を持つと認識されるゆえんだ。


次に酵素が化学反応を起こす仕組みについて見ていこう。