分子整合栄養医学で実施される詳細な血液検査データの項目のうち、
「総タンパク質」の項目における基準値に即してタンパクの状態を推察していくが、
その前にタンパクの働きやアミノ酸の役割について把握しておくのは大切なことだ。

画像の説明

自分が立っている「現在地」を知るための手段として血液検査や有用な手段と言えるがデータという結果だけを過信するのは少々リスキーかもしれない。

日頃の状況や悩んでいる症状から明らかなタンパク不足の気配が漂ってくることも多いからだ。



ここで、日本人の1日当たりのタンパク質摂取量年次推移のグラフを取り上げてみたい。

厚生労働省「平成25年 国民健康・栄養調査報告」
画像の説明

この資料をダウンロードする


(株)明治のサイトでは、近年の日本人のタンパク摂取について下記にように紹介している。


日本では、1950年代から続く経済成長期に食生活が急速に豊かになり、それにともなって栄養状態も改善され、食事からのエネルギー摂取量は上昇を続けてきました。

ところが厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によれば、1960年代~70年代の2200kcal前後をピークに、エネルギー摂取量は少しずつ減少に転じるようになりました。

特に近年になると、肥満やメタボリックシンドローム対策、あるいは女性を中心としたダイエット指向などを背景に、エネルギー摂取量の減少が目立つようになっています。

1995年と2010年とを比較すると、日本人の1人1日当たりの平均摂取エネルギーは約2050kcalから約1850kcalへと大きく減少しています。これは第二次大戦直後の、食生活が貧しかった当時の数値(約1900kcal)を下回っているほどです。

それに連動して多くの栄養素の摂取量も減っていますが、とりわけ顕著なのがタンパク質摂取量の減少割合です。

2010年のタンパク質の平均摂取量は、1995年と比較すると20歳~59歳の働き盛り世代の男性では約20%も減少し、全世代平均でも約18%減少しています。

現代では、タンパク質摂取量不足がその原因の一つと考えられる、さまざまな健康問題がみられるようになっています。

しかし、タンパク質摂取量不足と言われても、ほとんどの人には実感がなく、自分では気がつきにくいかもしれません。


という具合に、国民全体が顕著なタンパク不足に陥っていることを報告している。

これまで見てきたように、タンパク質は人間にとって欠くことのできない役割をになっている。

  • 臓器、筋肉、皮膚、骨や歯、毛髪や爪など材料となる
  • ホルモンを作る
  • 神経伝達物質を合成する
  • 酵素反応を推進させる
  • DNA自身もタンパク質から作られ、DNAは酵素によって自分自身を複製したり修復したりもしている

タンパク質の不足で起こる具体的な症状としては

  • 髪がパサつく
  • 元気が出ない
  • 疲れやすい
  • 筋力の低下
  • お肌のハリ・ツヤがなくなる
  • 集中力が続かない

など、日常生活の様々な所に影響が出てくる。

画像の説明


こういう症状があれば、もはや血液検査はするまでもなく
「タンパク質不足」と考えられるであろう。

タンパク不足というと、肉や魚などの動物性タンパクを思い浮かべることが多いが、豆腐や納豆、豆類といった植物性の食品も重要なタンパク源だ。

戦前は現代ほど肉類を食べる習慣はなかったであろうから、昔の日本人は魚介類や乾物、豆類、ゴマ、海苔から十分なタンパク源を得ていたのだと想像できる。

画像の説明


分子整合栄養医学で血液検査を実施した場合、実際には、総タンパクやアルブミンの項目以外にもタンパクの過不足を捉えることが多いようだ。

BUN(尿素窒素)
BUN はタンパクの最終産物。
タンパク質→アンモニア→肝臓でアンモニアの有毒処理→尿素に代謝される。
BUN はごく最近の蛋白代謝を反映する。


総コレステロール、LDL、HDL、中性脂肪
コレステロール、カイロミクロン、VLDL、LDL、HDL、中性脂肪、リン脂質やビタミンEなどの脂質はタンパクのトラック(リポタンパク)に乗って体の必要な部分に運搬される。
こうした指標もタンパクと関連性があると考えるドクターは多い。

こうした項目に加え、肝機能や腎機能全般を確認しながらタンパク質代謝を推し量っていくのが大筋の流れと言えよう。