分子整合栄養医学とは

 

身体の状態を、生体を構成する基本単位である細胞を分子レベルで捉え、
必要な栄養素を至適量まで補給し、分子を適切な濃度に保つ事で、
細胞の合成や代謝機能を整え、様々な疾患を治す治療法

日本国内では、一般的に、
分子整合栄養医学・分子矯正医学・栄養療法と呼ばれる

栄養素を充填させる事で人間本来が持つ自然治癒力を高め
生体恒常性(ホメオスタシス)を保つ事に主眼を置いており、
基本的に投薬治療を実施しないスタンスを取る

 

オーソとはギリシャ語で「正しい・適切」、モレキュラーは「分子」を指す

文字通り 「分子を適切に保つ」 という意