高濃度ビタミンC点滴

  

ドクター点滴栄養療法における中核的治療手段である高濃度ビタミンC点滴

抗がん作用や免疫力、抗酸化力、美容効果への効果が著しいことから
国内でも導入する医療機関も多数に及ぶ

ビタミンCとは水溶性ビタミンの1種で
化学名称 L-アスコルビン酸

ビタミンCはコラーゲン合成、抗酸化作用、免疫増殖作用を始め
生体活動において様々な局面で重要な役割を果たしている


栄養療法では、高濃度ビタミンC点滴を 「IVC」 と表記する事が多いが、

これは、点滴で超高濃度のビタミンCを静脈注射する英語の略称

  • ビタミンC 静脈点滴
  • Intravenous VitaminC (IVC)

米国では、既に1万人を超えるドクターが、
癌に対して高濃度ビタミンC点滴療法を導入している

 

point036_06 高濃度ビタミンC点滴により期待される効果

 ・癌細胞の殺傷
 ・動脈硬化予防
 ・白内障予防
 ・自己免疫力強化(風邪や感染予防)
 ・抗酸化力向上
 ・健康維持
 ・美肌効果 など

 

ビタミンCの優れた機能や栄養療法における臨床応用を見て行こう


ビタミンCとライナス・ポーリング